IMG_3662

 庭に花がだいぶ咲くようになりました。水仙!植えた記憶がないのに、めちゃくちゃ咲いてたという。先日の強風で根本から曲がってしまっていたので、切って家の中に飾っているのですが、水仙は香りがすごいですねーー。

IMG_3664

 クリスマスローズが咲くの、今年はちょっと早い気がしますが、ぼこぼこ花芽をつけて咲いています。低木類も新芽が出始めてきて、春の訪れを感じますね。花粉もすごくなってきましたが。

---------------------------
 月曜に勉強をはじめたわけですが、腰を据えての勉強が3ケ月ぶりという事で、なかなか集中力が続きませんね。30分ぐらいで飽きてきてる気がします。


 あちこちの専門学校が、去年の合格者へのインタビューをyoutubeで公開していたので、 縫物をしながら聞いていました。
 1年目1発合格!という女性は、大学卒業後はバイトをしながら、4月ぐらいからの追い込みでは専業受験生になったとの事です。ただお母さんが司法書士ということで、結構立場としては恵まれていそう。わからない事はお母さんにも聞けますもんねw と、思いながら聞いていましたが、実際合格は本人の努力の賜物でした。家庭環境とか全然関係ないわ・・・。一瞬でも、恵まれてたら一発合格とか当然じゃね?なんて考えてしまった事が恥ずかしい。
 一番勉強していない日で6時間、追い込み時期は20時間勉強する日もあったそう。
 ひぇええ( ;∀;)
 講師の話では、会うたびにやつれていった、とw
 ここまでやっても、試験はずっとパニックのままだったみたいですね。 
 はーーーー、というため息しか出ないです。

 次のインタビューは最年少合格者。この人も父親が行政書士として仕事をしているとの事で、法律系環境は恵まれてそうですが、さっきの例があるからな!と思ったら案の定、この人もめちゃくちゃ勉強していました。2年目での合格だったようですが、1年目もそこまで勉強していたのに落ちるのかと・・・。大学生なので、大学の課題などもあり、他の学生の遊んでいる姿を見ながら、誘いを断っての勉強はとにかく精神的に辛かったとのこと。大学は法律に全く関係ない路線なので、ある意味、仕事をしながら受けてる人と変わらない感じだったかもですね。 

 二人とも、もう辞めたいと思った事が10回やそこらじゃないぐらい、苦しい勉強をしていました。
 それぞれの勉強法は参考になりましたが、とにかく近道や楽な方法はなくて、何はなくとも物量。とにかく勉強と練習あるのみで、体育会系の路線でした。
 専門学校のインタビューなので、専門学校ヨイショのアピールもありますが、基本は学校とか教材ではなく、本人の意思の強さですね。学校がその助けになった事もあるでしょうが、本人にやる気がなければ誰も助けようがないですしねー。

 とにかくやってもやっても終わらない焦燥感、全教科目が終わるころには最初にやった民法を忘れているという。とにかく何度も何度もテキストと問題集をまわしまくり。上記の時間をかけてやっても、時間が足りなかったらしいです。

 今週の私の勉強時間は、月曜は3時間、火曜は3時間、水曜は2時間、木曜は3時間、金曜は4時間の勉強時間を取りました。ゲームを遊んでた時間を勉強にまわしてコレ。

 普段の生活をしながら合格した私カッコイイ、とか、勉強一色じゃない環境で合格した方が価値がある、と言ってた人はことごとく落ちてしまい、もうなりふり構わずとにかく勉強しよう!と必死になったらやっと受かったというブログ記事が何件かあったので、私もカッコつけずに勉強しようと思います。試験の前に、「まあ普段の生活を優先してて、勉強してないからなーw」と、落ちた時の保険の言い訳を口にするような人にはならないようにしたいです。やれることはやった、ここまでやって落ちたなら、それは自分の実力だ、仕方ないと自分自身が納得して思えるようなレベルまでは頑張りたいです。あの時勉強してれば、という後悔で苦しむ事だけはないようにしたい・・・。
 
 木曜までは、家事や仕事などの必要な事をやってから勉強時間を取っていたのですが、金曜からは勉強を先にして、飽きてきたり眠くなったら気分転換に家事をするというスタイルに変更しました。これは結構よくて、家事は15分から30分の細かい物が多いので、気分転換にちょうど良かったです。
 勉強をするときって、やたら片付けがしたくなるのですが、そこをぐっと我慢して、勉強に飽きてから片付けをすると、めちゃくちゃ綺麗に片づけるし、テキパキ度もすごい。
 家事のキリが良くなったら、コーヒーを飲んだりで10分ほど休憩して、勉強再開。飽きてからテキストを読んでも頭に入らないので、同じ1時間の勉強でもこのスタイルの方が頭に入りました。

 ただ最終的には2時間+3時間の試験に耐えられるように、連続で集中して勉強できるようにもならなきゃいけないので、この方法でずっと続けるのも良くないかもです。

IMG_3666

 今はとにかくテキストを読んでいます。 民法は読むだけなのにやっと半分。問題集はじっくり確認しながらやっているので28問が終わったところ。不動産登記法は1/4を読み終わり。持ち歩きノートの作成は、テキスト内容を吟味し、理解しにくいところなんかを重点的にまとめ、六法から条文を書き写したりしながらまとめているため、やっとレッスン2まで。

 行政書士の本でも使えるのがチラホラあって、この本は役立ちそうです。 

 テキストを読んでいる感じ、民法の大まかな部分は知っている事、覚えている事があるのですが、全く初見の物もちらほらあります。 知っている事であっても、より深い部分で理解が必要な事も。行政書士では判例の結果さえ覚えておけばよかった部分が、学説ではこう、判例にはこういう批判もあるという所まで理解しなきゃいけなくて、そういう部分で躓きそうです。法律の勉強してる!という実感は湧きますが、テスト勉強としては敷居が高いですね。

 あと問題集をやって気づいたのは、問題文が長くてややこしいです。条文から直接持ってきたような言い回しも難しいです。問題演習でこの難しさに慣れる事がかなり重要だなと。
 あとは1問に賭けられる時間が3分ちょっとらしいので、1回読んで問題を理解する力と、悩む原因になる曖昧知識を極限まで減らさないといけない感じですね。 

 ユーキャンの問題集、やった回数をカウントするための5回分のチェックボックスが記載されているという(; ・`д・´)マスは10個あるから10回目まで対応可。もう最初から5回以上回せよ!という主張のかたまり・・・。

↓この問題集は毎年7月に最新の物が出てるみたい。 とにかくこの最新問題集が出るまでに、ユーキャンのテキストを全部読み終えて、問題集の1周目を終わらせたいです。2018年用の問題集が出たら、苦手部分だけ購入しようかと。

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. ごろ
    • 2017年03月01日 10:18
    • はじめまして、毎日ブログを拝見させてもらっています。
       手芸もしながら、資格取得のための勉強もしているみたいで、すごいです。尊敬します。
       私は資格習得の勉強と手芸の両立ができずにいます。どちらか一方にしか集中できずにいて、時間の使い方が下手です。
       時間の上手な使い方があればアドバイスお願いします。
       応援しています!
    • 2. うさp
    • 2017年03月03日 18:54
    • いやいすごいですね・・・私なんて昨日食べた夜ご飯も覚えてない歳だし根気無いので絶対無理な感じです。

      実務では本読み放題だろうにどうして試験で持ち込み禁止なの?ただ覚えさせるだけで意味あるの?とか子供みたいなテスト嫌いな思考な物でw

      ユーキャンは考えたこともありますが、趣味で取れちゃう程度の資格しかないのかと思っていました。専門学校がある分野にチャレンジしてユーキャンだけで合格したらそれもまたすごいかも。
    • 3. MACK
    • 2017年03月04日 08:46
    • ころさんはじめまして!

       お返事遅くなってごめんなさい。
       
       手芸のジャンルによっても、なかなか両立がしやすいのとしにくいのがあるのかもです。私は1時間ぐらいで縫いあがる小物がメインなので、両立しやすいというのがあるのかも。

       キルトを作ってるとか、編み物などの長時間かかるものをされている場合は、マルチタスクにやらないと時間確保が難しいのではないかと思います。
       取りたい資格の映像講座や、その話題を扱った動画がないかを探して、手芸中にその映像を見るか聞くかを続けたりするだけでもだいぶ違ってくるかなあと思います。
       勉強時間が激混みの通勤時間しかない時は、自分でテキストを朗読して録音したものを聞く、というのもやった事があります。とにかく手がふさがる事をするときに勉強をしたい場合は、耳を活用する方法を模索すると、いいのかなと思います。
    • 4. MACK
    • 2017年03月04日 08:46
    • うさPさんこんにちは!

       昨日のご飯を覚えておこう!と意識していないと、誰でも結構忘れるものではないかと思いますので、勉強に関しては、忘れないようにしよう、覚えようという意識をもってやる事で、昨夜のごはんよりは記憶に残る気がします。
       
       でも確かに、テストの意味って?と実務系は思いますねー。暗記しているのがいい事なのかというと、テストの時だけ覚えていても意味がないんじゃ?と思ったりもします。むしろ短時間で六法を引いて目的の条文見つけ出すスピードを競った方が、実務では仕事ができそうw

       ユーキャンにある講座は、”頑張れば独学でも取れる”という題材ばかりだそうです。なので趣味で取れるようなものって多いと思います。特に検定系は、使わなくても大抵の人が取れる気がしますね。人に教えてもらいたい!と思う難易度の1級が、なぜか対象外だったりするのがw

       でもこういう講座の利点は、やはりペースメーカーと第三者の目があること、払ったお金を無駄にしたくない心理が、勉強を諦めさせない縛りになる気がします。飽きて途中で投げ出しがちな人は、最後までやり切るために、伴走として使う分には、すごく有益に思っています。

       ユーキャンだけで合格できたら、あの広告の「私はこれで受かりました」インタビューに答える権利を得られかも・・・w
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット