e167-137-01

 ファスナーがべろーんとしてますけど、レシピ出来ました~。結構楽しみにしてくださっている方がいるようなので急いでみました。リクエストのあった、A4クリアファイルが入れられるサイズという事で、基本形として作りました。これにポケットを追加したり、タックを追加したり、どんどんアレンジしていってもらえたらと思います。

 今回の布は無地以外、K様ご提供品。マチ部分の無地は、デコレクションズさんのオックスです。
 
e167-137-02

 作り方の工程としては、普通の別マチトートにポケットがついてて、そのポケットに持ち手がついてるだけなので、別マチトートを作った経験があれば余裕のよっちゃんイカです。ただ大きさ的に裁断が面倒くさいです。小さいカッターマットだとイライラしそう。

e167-137-03

 本体がチラっと見えるので、今回はポケット布と本体布を同じ物にしました。本体側の方、切り替えを入れて、見える部分だけポケット布にして、下は内布にそろえると、これまた素敵な感じかと。その切り替えを利用してポケットを追加すると更に便利になったりとかもあるんじゃないかなあと。
 アレンジアイデア版のレシピも別途出せたらいいですねー。サイズ変更版とかも。
 参考作品だけになるかもですが。

e167-137-04

 長いファスナーを使うので、とてもファスナーがつけやすいです。このファスナーはKidsショルダーの時と同じ方法で作るので、そちらを作成した経験があるとより簡単かも。


■この作品についての解説■

印刷できる製図:20170616.pdf
完成サイズ:幅33cm
      高さ27cm(持ち手含まず本体のみなら25cm)
      マチ10cm
20170616chart

 とにかく、とっかかりがしんどいです。時間がかかる覚悟をもって制作にはいりましょう。私はこの作品、撮影しながらですが裁断から完成までで4時間近くかかりました。
 ちなみにこの記事を書くのにも2時間かかってます(; ・`д・´)

 初心者さんでも失敗率は低いので、いきなりお気に入りの本番布チャレンジもありだと思います。裁断の時だけミスに気を付けてね(って言っておいて何ですが、製図間違えてたらどうしよう)!

---------------------------
 
第2回布山ダイエット(5000gスタート)

799 - 265 = 534

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  
 新レシピへの挑戦の応援ポチをいただけると嬉しいですv
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら
e167137-01

 休憩ポイントを入れつつの解説をしていきます。まずはパーツの裁断とアイロン作業をやってしまいましょう~。 とにかくパーツが多いので裁断が面倒くさいです。四角い物ばかりなのが救いですね。量産したいと思っている方は布に線を引いてカットするより、新聞やいらないカレンダーなんかで型紙を作ってから裁断がよろしいかと思います。
 芯は各布お好みで、布の厚みにあわせてといった感じですが、本体がふにゃふにゃすると頼りないので、本体外布には貼った方がいいかも。

e167137-02

 ファスナー口布は、両端を1.5cmほど折ってアイロンしておきます。
 持ち手もアイロンで折っておきましょう。
 以上で基礎準備の終わりです。これだけで1時間かかったりするのでいったん休憩を入れてもいいかも。
---------------------------

 簡単に作れる内袋から作ります。

e167137-03

 まずはポケット布を半分に折り、上を”わ”にして、下側に返し口を縫い残し縫います。縫い終わったら角を軽く切り落とし、縫い代を割ります。表に返します。

e167137-04

 内布の1枚に、作成したポケットを、中央、上から7~8cmの位置に配置して縫い付けます。

e167137-05

 内布2枚を中表に重ね、側面、底、側面と続けて縫います。底には返し口を縫い残しますが、大き目に開けておくと良いかと思います。ポケットの幅と位置が参考になるんじゃないかと。

e167137-06

 マチが10cmになるように潰して縫い付けます。

 これで内袋完成~。ここでコーヒーブレイク。
---------------------------
 面倒くさい感じがして避けがちな、ファスナーの準備をはじめましょう~。押さえ金の変更もいらない簡単仕立てで参ります。

 まずはファスナーの端っこを始末します。今回seriaの100cmファスナーを半分にカットして使っているのですが、角を三角折りして縫ってみたら針が折れたので、三角折りは避けます!

e167137-07

 バイアステープとか、綿テープとか、リボンでもなんでもいいので4cm程カットしたものを2本用意します。今回は色だけ見てちょっと太いバイアステープを選んでしまいましたが。端っこをさしこんで。

e167137-08

 パタンと倒して下を縫いとめておきます。反対側も同様に。

e167137-09

 しっぽの方は、ちょっと軽くつまみ、3cm幅のリボン8cmに中表に重ね、ファスナーの開きギリギリのところを縫い付けます。色が悪くて見づらくてすみません;

e167137-10

 リボンの端を折り込んで、サンドイッチするように包み込み、周囲をステッチ。これで尻尾処理完了。

e167137-11

 口布をつけていきます。まずは仮止めしますねー。しつけで手縫いしてもいいのですが。
 位置は折り目を付けたところから3~5mm離れたところに端っこがくるようにして、布とファスナーを中表に重ねます。

e167137-12

 仮止めなので端っこの方を、てりてり縫います。縫いどまりは布につけた折り線まで。

e167137-13

 内布と中表に重ね合わせ、本番縫いはこのようなカギ状に。ファスナーの尻尾の方の脇は縫い残している感じですね。右側の縦は折り目線の真上を縫っています。縫い終わったら右上の角の縫い代のところは軽くカットしておいてください。

e167137-14

 しっぽ側の方は、しっかりと折り目のところで外布、内布をそれぞれ折り込んで。縫い代がだぶつくときはちょっとカットしてもOK。

e167137-15

 そのままパッタンと畳みます。

e167137-16

 そして最初から最後までをステッチで抑えます。

e167137-17

 反対側も同様につけて、口布完成(∩´∀`)∩

 ここで休憩を挟む、いいタイミングです。トイレいっときましょう。
---------------------------

e167137-18

 さくっと持ち手を縫います。
 ポケット布にタグやレースを飾りたい場合はこの段階でやっておきます。

e167137-19

 ポケット布外布に持ち手を仮止め。
 きっちり角に合わせると、角から生えているような感じで綺麗ですが、角で半端に持ち手の縫いこむリスクが高まるので、初心者さんは角から1~1.5cm離して仮止めすると安心かも。

e167137-20

 ポケット布の外布と内布を中表に重ね、入れ口側を縫い合わせます。

e167137-21

 角のとがった部分だけちょっと縫い代カット。

e167137-22

 表に返して抑えステッチ。省略可と言いたいところですが、強度アップのためにステッチを入れた方が良いかと思います。

e167137-23

 本体外布に完成したポケット布を仮止めします、両脇と底!写真の左が裏から見たところ。

e167137-24


 マチを準備します。底マチと側面マチをそれぞれ縫い合わせるのですが、最初と最後は1cm、縫い残します。ここが他のパーツと縫い合わせる時も、縫いどまり位置になります。

e167137-25

 本体布とマチ布の底部分を中表に重ね、縫いどまりから縫いどまりまで縫い合わせます。

e167137-26

 反対側も同様に。

e167137-27

 お好みですが、強度アップのために、本体の縫い代はマチ側に倒し、側面側の縫い代は上に倒して、このようにぐるっと一周ステッチします。ここは省略OK。

e167137-28

 側面のマチを持ち上げて、本体の側面と重ね、縫います。1辺ずつ縫い付けましょう。

e167137-29

 すべて縫い終わったら表に返します。

 休憩ポイント!
---------------------------
 最後の組み立てです。

e167137-30

 まずは閉じた状態のファスナーを、本体の上に乗せて、完成形のイメージをつかみます。

e167137-31

 そっとファスナーをそのままの状態で開けながら、中表に重なるように倒して、クリップ。
 端っこを合わせるのではなく、本体の中央と口布の中央を合わせるのが大切。

e167137-32

 ファスナーがねじれて見えるので不安になりますが。

e167137-33

 軽く持ち上げれば間違っていないのが確認できます。
 クリップしたままファスナーを閉めてチェックしてもいいかも。

e167137-34

 仮止め縫い。

e167137-35

 そのまま内袋に突っ込んでクリップ。入れ口側を一周ぐるっと縫います。
 返し口から表に返し、返し口が縫い閉じます。

e167137-36

 最後に入れ口を一周押さえステッチ。ミシンパワーがある人は、口布を内側に畳んで縫いこみ、ミシンパワーがない人は、口布を縫いこまないようにして一周縫いましょう。


レシピご苦労様!の応援ポチをいただけると嬉しいです。

 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら