先日、ハギレ消費用に適当に作った型紙をアップしたのですが、普段はあの状態から3段階ぐらいを経て、実際の公開レシピになっていたりします。これから日数をかけて、進化の過程をご一緒に体験していただこうかと・・・。

 最初の基礎データは、型紙を極限まで減らすため、あちこちのパーツを兼ねてる型紙になっているので、ちょっと苦しい部分が残ってるんですよねw 例えば持ち手がなんか太いとか。
 2回目の口布をつけたアレンジも、口布が短かったというのが判明してます。

 で、作ってみて気になる部分を段階的に、修正していく感じ。

e177b

 アレンジ前提の場合、はじめて作る作品の型紙は、ライン通りにカットするのではなく、こういう感じでマチのくぼみを無視して四角くカットするようにすると、裁断自体も楽だし、マチを増やしたり減らしたりの自由が利きやすいです。
 もうこの形が気に入っているの!という時は、ライン通りにカットしてOKです。でもあらかじめアレンジを考えている時は、カットせずにいた方が後々便利かも?

e177a

 巾着口布を裁断する際には、折り曲げるであろう2cmを追加して裁断してみました。
 持ち手はこの型紙で1本分取るのではなく、1枚だけ裁断して、半分にカットする事にしました。
 1cm幅の持ち手になるとちょっと細すぎになるかもしれませんが、次回全体を2倍に拡大してみようかと思っているので、とりあえず1cm幅の持ち手で進めてみます。

e177c

 口布は両端をロックミシンで始末して、紐通しは5mm折ってから1.5cm折って、紐通しができた状態で外布Aと同じサイズになるようにしてみました。

e177d

 口布の縫いどまりは、折ったところから1.5cmのところに設定。

e177-043-01

 で、出来上がったのがこちら。口布にゆとりが出て、たくさん入りそうです。絞ってもトート本体が歪まないようになりました。マチも増やしたのでその効果もあるかも。
 持ち手が細くなったので、同じ長さのはずなのに長く見えますね。

e177-043-02

 こんな感じになっております。

e177-043-03

 マチは5cm→6cm。縫いズレは見ちゃらめぇ( ;∀;)
 マチが増えた分、ボトム布の見える範囲が減っていますが、このサイズならこれでもありかなといった感じですね。

e177-043-04

 内布はハギレ消費中。

e177-043-05

 基礎データ作品と比べると、違いが分かりやすいかな?でも1作目は1作目で個性的でカワイイ気が。今までこの段階的なつくり方で、1作目の方が良かったと言われる事があっても、型紙自体をどんどん上書きでつぶしてしまって1作目に戻れなくなった事が多いので、今後はなるべくこういう1作目の型紙も残して公開して、皆さんの手でアレンジをしつつのブラッシュアップしてもらってもいいのではないかと思っています。制作途中のデータって地味に恥ずかしいですけどねw

 今回アレンジで反映した箇所を、追加修正した型紙も転がしておきます。高さを変えてみたり、ほんの少しのアレンジでも、見た目が結構変わって楽しいかも?
 小さい物は気軽に実験できるので、純粋に改造が楽しいですね(*´з`)

■この作品についての解説■

型紙:20170626.pdf
作り方はこちらを参照してください。形状は異なりますが作成手順は同じです。

---------------------------
 
第3回布山ダイエット(5000gスタート)

4919 - 25 = 4894

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  
 新レシピへの挑戦の応援ポチをいただけると嬉しいですv
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら