このたび、もさもささんが、とってもありがたい資材の提供をしてくださったので、ご紹介したいと思います。

IMG_5867

 まずは前菜として絵柄が全部違う便せん。もちろんもったいなくて使えない系ですが、このレトロなイラスト、デザインがすっごい好きなんですよね。便せんとして使えないけど、額に入れてポスター的なイラストとして楽しみたい、そんな感じのものです。こういう絵、描けるようになりたいなあ~、と。憧れをもってパラパラめくって楽しんでおります。


IMG_5869

 まとめて写真を撮ってしまいましたが。

 サラダとして移動ポケット用のクリップ。
 スープのごとくは差し込み錠。
 パンのように添えられるは小さいマグネホック。小さい物は入手が難しい!
 写真撮影を忘れていましたが、魚料理ともいえる位置にはミシンの押さえ金(ラミネート用!)
 お口直しのソルベには、定番の10cmバネ口金。消費が激しい定番素材もありがたい。

  こまごまとした資材ですが、どれもないと困る、あるとより本格的になるという資材で、とても魅力的です。差し込み錠は今まで使った事がないけど、これを使ったアイテムは使い勝手もいいですし、ぜひ使ってみたかったものです。今まで自分で買った物や提供品で数個があるにはあるんですが、同じサイズの物ではなく1個だけだったりするため、なかなかレシピに織り交ぜる事が出来なかくて。同じ物が複数個だと本番的な試作がしやすいので、レシピ自体に取り入れる事が出来るため、とても助かります。

 そしてメインディッシュは。

IMG_5868

 なんとワイヤー口金!2サイズ提供いただきました。18*4と25*7という大き目で、バッグ向けのサイズ感です。しかも8組いただいているので、まさに試作し放題です。まずはこのサイズ対応のレシピを作ろうと思っています。とりあえず、巾着の口布を後付けするタイプと同じ作り方だったら、結構簡単に作れたりしないかなあという期待を込めて、そのスタイルでまずは1作と考えています。


IMG_5870

 そしてデザートは、もさもささん作品。ダブルファスナーポーチと、シュシュをいただきました。さわやかな素敵な布合わせで構成されています。シュシュは大人っぽく、余所行き感がありますね。
 ポーチのリバティの色が、布合わせの主役としてとても生かされていて、洗練された構成になっています。底のストライプにカジュアル感があって、大人っぽさの中にアクティブな印象を与える、布合わせの妙。
 縫製も丁寧に縫われており、どこも手が抜かれていない感じです。私だったら手抜きしそうな前ポケットも、ちゃんと内布がつけられていて、とにかくいい仕事がされているのです。

IMG_5871

 私がキュン♥としたポイントが内側に。小さいポーチなのにちゃんとポケットがつけられており、そのポケットにレースとタグが飾られているという。ポケットのストライプを横に取っているのも、いいアクセントですね。こういうぱっと見わからない所にも、センスが光る構成にちからを惜しまない。見習いたいし、尊敬してしまいます。
 シュシュも細かい部分まで丁寧に仕立てられていて、剥ぎ合わせでおこりがちな縫いずれもなく、本当に綺麗です。こういうため息が出るような感動を与えるものを、私も作れるようになりたい!と熱く心に誓いました。本当にいい作品です。
 大切に使わせていただきます。
 
 このようなフルコースをありがとうございました(∩´∀`)∩

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら