e247-105-01

 27cm角のカットクロスを使って作るカトラリーケースです。お箸ギリギリ。

e247-105-02

 この紐とボタンは省略できます。

e247-105-03

 底がわ裁ちになるので、布柄に上下がない方がおすすめ。

 クリスマスや誕生日会などの特別な日だけ、カトラリーケースを使ってみたりすると、特別なパーティ感が出るかも。

■この作品についての解説■302-105-in023

■必要な布サイズ■
幅27cm 高さ27cm 2枚 

■型紙■
20170904.pdf

■制作時間■
1時間

■完成サイズ■
幅25cm高さ5cmマチ6cm

■製図■
20170904seizu
外布:マチ+本体+持ち手 内布:マチ+本体
 持ち手をもう少し長くしたい場合はマチ布を縦にとって、残り布を半分にカットして利用してください。接着キルト芯は上記サイズから-2cmしたサイズです。

紐を利用する場合は30cmを1本 ボタンを1個
20170904chart

 細かい所で手間がかかる印象。ちまちました作業が多い。
 薄手の布+キルト芯がカトラリーケース向け。文具入れなどにする場合は接着芯でも。厚手の布は作りにくいので、できれば外内共にシーチング推奨。
 縫いどまりが多く、連続縫いができないので量産には向いていないかも。

---------------------------
第3回布山ダイエット(5000gスタート)

1814 - 30 = 1784

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  
 新レシピへの挑戦の応援ポチをいただけると嬉しいですv
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら
1.裁断&アイロン 
e247-105a

 裁断します。型紙に印が色々ありますが、印をつけなくても大丈夫です。おおよその完成形をイメージするための目印だと思ってください。

e247-105b

 アイロン作業でキルト芯を貼り、持ち手は縦半分に折り、更にそれぞれを突き合わせるように半分に折る感じで、写真のようになるようにしておきます。

2.縫製 

e247-105c

 持ち手を縫います。

e247-105d

 本体を飾ります。

e247-105e

 本体の短い辺を半分に折り、マチの長い辺を半分に折り、中心位置を見つけます。
 それぞれの中心位置を合わせて置き、最初と最後は1cm縫い残して縫い合わせます。
 縫い終わったら縫いどまり位置ぎりぎりまで、緑の線で指示している部分に切り込みを入れます。

e247-105f

 写真のように、本体とマチの側面をそろえて縫います。切り込みが足りないと持ち上げにくいので気を付けて。

e247-105g

 反対側も同様に。

e247-105h

 4隅を同じ処理で、内布も同様に縫いあわせます。

e247-105i

 底の角は軽く切り落としておきます。切りすぎ注意。

e247-105j

 持ち手と紐をつけます。持ち手は中心から2cmの位置に。お好みで加減しても可。
 持ち手が斜めにならないように、写真のように畳んで潰しておくとずれにくいです。

e247-105k

 マチの縫い代を折ります。外布は面積の多い側に倒し、内布はマチ側に倒します。

e247-105l

 外布は表に返します。縫い代はこんな感じになります。

e247-105m

 内布と中表になるように重ねて、入れ口を縫います。角と、持ち手の部分はきちんと縫う感じで、直線の長い部分で6~7cmほどを、返し口として縫い残してください。

e247-105n

 縫い終わったら縫い代を割ります。特に返し口のところはしっかりと。

e247-105o

 表に返したら、入れ口を一周縫います。

3.仕上げ 

e247-105p

 アイロンで形を整えていきます。まずは写真のようにぺたーんとアイロン。そして側面を内側に折り込むようにして、マチの底だけしっかりアイロン。

e247-105q

 マチを戻して、今度は長い辺の部分を、底の角と角をつなぐラインで折り筋をつけます。

e247-105r

 縫製前に、一度開いて、内布の底角を外布の角に合わせたイメージで、両側を人差し指で押さえます。

e247-105s

 角を押さえたまま、両脇に引っ張るイメージで、折り筋に従って畳みなおします。

e247-105t

 そのままの状態で、開かないように注意して5mmの位置をステッチ。

e247-105u

 両方縫うとこんな感じ。内布も縫い込めていたら成功。

e247-105v

 角をピシッとさせたい場合は糸で角を縫い留めます。まずはこんな感じに内布に針をさし。

e247-105w

 2周ほど角をつまんだ状態で縫います。

e247-105x

 3回目を刺したら、糸を全部引っ張り切らないようにして。

e247-105y

 あとちょっとでひきしまるという残りの輪っこの状態に、針をくぐらせて糸を通し、そのままキュッと引いて、縛る感じにします。心配ならもう1回同じ処理。

e247-105z

 最後に角に刺すようにして抜いて、糸を切ります(玉止めしない)。糸は切りにくくなりますが、上から下に抜いてもOKです。4隅同じ処理をして完成です。


新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら