e297-008-01

 ハギレ消費に最適な、一枚仕立てのポケットティッシュのカバーのレシピをリメイクしました。この作品が写真の大きさの分岐点で、この作品まではガラケ向けのすごく小さい写真で、この後は中間サイズになっていってました。

e297-008-02

 一枚仕立てなので、透ける布だと中に入れたティッシュが透けちゃいます。左のおうち柄が、少し中身が透けてしまってますね。
 直線縫いばかり、裁断も超楽という事で、初心者向けです。連続縫いによる量産もしやすいので、2個単位で作っていくと楽かも。
 メインを無地のリネン、飾りの口布をリバティのハギレで作ると、気軽な贈り物としても。かさばらないのでショップのオマケにも向いてます。
 
■この作品についての解説■202-008-ot036

旧解説:一枚仕立てのポケティカバー

■必要な布サイズ■
外布A幅16cm高さ23cm
外布B幅16cm高さ4cm 

■型紙■
標準サイズ:20171024.pdf
ミニティッシュサイズ:20171025.pdf

■制作時間■
2点10分

■完成サイズ■
幅cm高さcm
*普通サイズのティッシュが入ります

■製図■
*必要布サイズの大きさの布

---------------------------
第4回布山ダイエット(5000gスタート)

4734 - 10 = 4724

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  
 新レシピへの挑戦の応援ポチをいただけると嬉しいですv
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら
1.裁断 
 
e297-008a

 裁断したら、大きな布の片側を1cmの幅で三つ折り、飾り布の方は片側1cmを折ります。

 2.パーツ作り 
e297-008b

 本体布の裏側に、写真のように飾り布を重ね、1cmの縫い代で縫い合わせます。ついつい中表に重ねたくなるので気を付けて!

e297-008c

 縫い代を一度しっかり割ってから、表にひっくり返し、このように飾り布を出して。

e297-008d

 パタンと本体表に被せます。

e297-008e

 そのままステッチで縫い押さえます。

e297-008f

 お好みでレースを挟みながら縫っても。

e297-008g

 三つ折り始末の部分も、縫い押さえておきます。

3.組み立て 

e297-008h

 一度広げ、まずは三つ折り始末の方を印位置に合わせて畳みます。

e297-008i

 その布端に1cm重なるように、もう片側を畳みます。

e297-008j

 この状態のまま、布の両端を、5mmの縫い代で縫い合わせます。最初と最後の返し縫を忘れずに。

e297-008k

 こうなります。糸などがほつれてはみ出していたら、この段階で綺麗に整えます。
 裏にひっくり返します。

e297-008l

 角をしっかりだしてから、1cmの位置を縫います。

e297-008m

 両側を縫ったら完成です。
 表に返し、角をしっかり出して形を整えてください。


 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら