e320-012-01

  うねごろの看板型紙である10cmバネポのレシピをリメイクしました。このレシピ、難易度が低いわけではないのに、かなり多くの方がチャレンジし、作ってくれているアイテムです。このレシピをきっかけに、このブログの常連になって下さった方も多く、大切なレシピの1つですね。

e320-012-02

 角の曲線を左右対称にするのが難しいです。手の癖が出やすいかも。

e320-012-03

 別マチを何度も作るのが大変という理由から、内布は2枚で作れる仕様というのが、この型紙の利点であり、売りでしょうか。

e320-012-04

 そしてこんなセットになっております。これはいいセット!タグは統一感がないですがw

■この作品についての解説■

旧解説:10cmバネポ

■必要な布サイズ■
外布幅14cm高さ20cm 
外布マチ+口布幅28cm高さ12cm
内布幅18cm高さ23cm

■型紙■
10cm版 20171116.pdf
12cm版 20171117.pdf <作例>

■制作時間■
1時間15分

■完成サイズ■
20171116size

■製図■
 形状が製図向きではないので、この作品には製図がありません。

---------------------------
第4回布山ダイエット(5000gスタート)

3899 - 25 = 3864

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  
 新レシピへの挑戦の応援ポチをいただけると嬉しいですv
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら
1.裁断 
 
e320-012a

 材料を用意し、裁断し、芯を貼り、印付けをし、口布には折り目を付けておきます。口布の折り目は、きっちり1cmで折るより、1.2cmにするなど、1cmより多めにするのがお勧めです。
 今回はseriaの10cm口金ですので、口布は細い用を使いました。ダイソーのものは太いので、太目用型紙をご利用ください。

 2.パーツ作り 

e320-012b

 メイン布を好きな感じに飾ります。

e320-012c

 口布は折り目の部分を縫い押さえておきます。

e320-012d

 内布はタック部分をつまんで縫います。

e320-012e

 中表に重ね、底に返し口を縫い残して縫います。

e320-012f

 タック部分のぬいしろは互い違いに。

e320-012g

 曲線部分は切り込み、くさび型の切り込みを入れておきます。

e320-012h

 外布の方にマチを縫い付けていきます。まずは印位置にあわせ、直線部分をそろえます。左右ともそのようにして、底の印を合わせます。

e320-012i

 縫いはじめ、直線部分の終わりまでとりあえず縫います。

e320-012j

 布の厚み、伸びやすさなどを確認しながら、真上から押して潰したら曲線にマチ布が沿うように切り込みをいれます。綿麻+ふつう厚芯なら3~4か所。手前にマチ布を絶対に引っ張らないようにし、マチ布は左上に倒すように、引っ張りたい時は右に、という感じにします。手前に引っ張ると伸びて布が余ります!とにかく皺は真上から潰して抑えてください。

e320-012k

 なれるまではマチ布に縫い代の線を引いておくといいかも。
 縫い終わったら表に一度返して、ゆがんでないか、噛んでないかをチェック。

e320-012l

 OKなら縫い代の曲線部分に切り込み。5mmほどカットしてからくさび型の切り込みがおすすめ。

e320-012m

 反対側も同様に印位置でクリップして。

e320-012n

 縫います。

e320-012p

 口布を仮止めします。端から端まで縫わなくてもいいので、とりあえず中央部分でずれないように止まっていればいいです。

e320-012q

 表に返して最終チェック。歪みはここで勇気をもって修正を!

3.組み立て 
e320-012r

 内布の袋に、外布の袋を中表になるように入れ込み、入れ口を一周縫います。脇は合わせにくいので、布のメインの中央をそろえると合わせやすいです。

e320-012s

 表に返し、返し口を縫い閉じます。

e320-012t

 入れ口を一周縫います。

 口金を通して完成です!
 余談ですがseriaの口金、引っかかりにくくてすごいいれやすく、片手でパクパク出来る柔らかさで、大変お勧めな感じでした。

 お疲れ様でした!

 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら