e346-120-01

 にゃんぶさんから誕生日にいただいたムーミン布にいきなりハサミを入れて見ました(∩´∀`)∩ちょうど柄のいい所が取れそうだったので。1月&6月生まれの方には申し訳ありませんが、こちら自分用になりますので、選択肢に入りません、すみません;
 タグ代わりに使った布ミミは、beeさんが下さった方の布からこそっと取りました。

 パイピング不要のどんでん返しスタイルのキャラメルポーチです。工程がちょっとややこしいのと、布の重なりのあるところが多いので、厚手の芯を使ったり、厚い布を使うのには向いていません。縫い代部分に厚みを増やさないよう、縫い代分を削除したサイズの接着キルト芯使いがオススメです(以前はキルト芯用型紙が付属しておりませんでしたが、今回追加しました)。
 ファスナー側の布が若干小さかったので、サイズも修正しています。古い型紙をお持ちの方は、新しい型紙をどうぞ!

e346-120-02

 背面側は見づらいけど奥ににょろにょろがいる。

e346-120-03

 ミィ。ミムラ夫人は奥ゆかしく隠れてしまったw

e346-120-04

 ムーミンママ(裸エプロンがセクシー)。ファスナーにはムーミンの尻尾をイメージしてリネン紐つけました。

e346-120-05

 内布はオレンジで。提供はまいぶーさんです。

 私はこれを主に、出かける時のカメラレンズ、充電器入れとしていますが、サイズ的に子供のお弁当箱を入れるのにも向いているんじゃないのかなあって思っています。


■この作品についての解説■161-120-po067

旧解説:24cmファスナーのキャラメルポーチ

■必要な布サイズ■
外布A幅27cm高さ25cm
外布B幅27cm高さ24cm
内布幅27cm高さ32cm
24cmファスナー持ち手用鞄テープ23cm2本
ファスナータブ用のリボン×2 6cm×2

■型紙■
24cmファスナー版 20171212.pdf

■制作時間■
1時間50分

■完成サイズ■
幅16cm高さ10cmマチ10cm

■製図■
20171212seizu


120chart_po

 ファスナーポーチとしては、作成しやすいアイテムですが、布の重なりが大きいので、ミシンパワーは相当必要になります。
 これが作れるようになると、いろんな物で応用が利きます。

---------------------------
第4回布山ダイエット(5000gスタート)

2249 - 80 = 2169

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  
 新レシピへの挑戦の応援ポチをいただけると嬉しいですv
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら
1.裁断 

20171212a

 持ち手を鞄テープなどにしない場合は、23cm×8cmで裁断しておいてください。

2.パーツ作り 
20171212b

 ファスナー側の布に、ファスナーを中表になるように重ねしつけをします。両端も折らなくていいです。

20171212c

 内布でファスナーをサンドイッチする感じでステッチ。

20171212d

 表に返して抑えステッチ。

20171212e

 反対側も同様に。

20171212f

 ファスナーパーツができました。

20171212g

 持ち手を手作りする方は、半分の折ってそれに突き合わすように畳み、最後に半分に折りなおして、両端をステッチ。

20171212h

 本体の布の底と側面用の布を中表に重ね、縫い合わせます。

20171212i

 両側を縫い合わせます。

20171212j

 押さえのステッチはお好みですが、厚みが出ると縫いにくいミシンの場合は、縫い代を割るだけにして、押さえステッチはなしで。

20171212k

 縫い終わったら半分に折って、底の中央に印をつけておきます。

20171212l

 本体に持ち手を仮止め。

20171212m

 ファスナーパーツの内布を避けて、本体側面と中表に重ねます。

20171212n

 縫い合わせました。ここもステッチはお好みで、厚みが出るので、弱いミシンの場合は押さえステッチなしで。

20171212o

 反対側も同様。

20171212p

 縫い代を倒す方向もお好みで。

20171212q

 ファスナーにタブを仮止め。

20171212r

 このような輪の状態になるので、ファスナーと、底につけた印と合うようにペタンこにたたみ、その時の中心に印

20171212s

 内布も同様に。片側1方に返し口を縫い残してください。

20171212t

 両方縫いました。縫い代は割ってください。
 また、上の写真の状態でしっかり畳み、外布と同じように中央位置を見つけてこちらも印をつけておきます

3.組み立て 
  
20171212u

 ファスナーを中心に底の印を合わせつつ、あとでつけた横の印を、ファスナーに近づけるように畳み、このようなジャバラに折るようにします。

20171212v

 3mmほど隙間が空いてもいいので、このように中心をそろえておきます。

20171212w

 ミシンの押さえ圧を厚手のMAXにして、畳んだ端を一気に縫います。外布の縫い合わせで縫い代方倒しの押さえステッチがあると、ここでこのように織り込まれた状態になって厚くなるので、弱いミシンは避けた方がいいという事でした。厚みは全体的に均等なので、針が進まないという事はないと思いますが、推奨できないという感じでしょうか。

20171212x

 このような感じになります。
 返し口から表に返し、返し口を縫いふさいだら、形を整えて完成です。

 お疲れ様でした!

 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら