はとバスが企画旅行として出していた、年末年始限定のツアー、”作並温泉で過ごす年末年始と日本三景松島” に1/4からの参加をしてきました!はとバスのカタログが届いて即予約しようとしたら、まだ受付前だったというフライングをするぐらいのやる気満々で応募しており、受付開始ですぐに応募した結果。

DSC01212

 座席が1のAB(つまり先頭)で取ってしまったという。ちなみに普通タイプのはとバスの1番座席は、シートベルトが肩掛けタイプで身動きできず、前のテーブルも使いにくいので、大変お勧めできないですね。はとバスの高級系だとそうでもないのですが。ただとにかく前が良く見えるので、長時間移動で、旅行行程の大部分が移動というドライブ系は、結構楽しいかも。高速道路で転がってる事故車が良く見えます;今回は4件ぐらいの事故を見かけたかも。しかも転がりたてホヤホヤを。

 行きも帰りも渋滞には全く巻き込まれませんでした。

DSC01216

 今回の行きの行程は、東北道を使って。最初の休憩は佐野でした。
 この旅行では、バスで仙台まで行き、更に岩手まで行き、松島を経由して戻ってくるという移動祭りで、関東から東北に向けて縦に往復する弾丸コース。

DSC01220

 地面が濡れてるなあって思っていたら。

DSC01222

 雪景色に変わっていく過程がちょっと面白い。

DSC01231

 2回目の休憩は安達太良。ここでお昼ご飯。

DSC01227

 今回のツアーは値段がとても安いのですが、お昼ご飯は自費で自力確保。色々な追加要素もオプションを依頼したり、結構追加のお金がかかる系でしたが、自分の好みを反映出来て、自由旅行感が出るのはよかったかも。お昼はきのこわっぱ飯をチョイスしたのですが、すごくおいしかったです。こういう所のご飯ってあまり期待してなかったけど、最近は全然違うなー。名物的になる要素が満載。

DSC01245

 気候の移り変わりを楽しんでいるうちに、宮城到着。

DSC01246

 2時30分に、仙台城址青葉城城址公園到着。有名どころの像を撮影したり。

DSC01266

 仙台の街並みを撮影したりしました。雪がよく踏み固められてて、すごく滑ってデンジャラスw

DSC01268

 日暮れが早いという事で、3時半には公園を後にして、早々にホテルに向けて移動しました。

DSC01269

 ホテルは作並温泉の入り口にある、La楽リゾートホテルグリーングリーン。

DSC01274

 備え付けのお菓子でお茶をさっそく一服。東北に来ると必ずホテルにこのしいたけ茶があるような・・・。

DSC01280

 初日の晩御飯は和懐石。最初に全部出してくれてる奴って嬉しいですね。コース系だとご飯が最後の方で。ご飯のおかずにして食べたい!っていうのが最初にごはんがあると堪能できるので好きかもしれない。内容はよくある系で、名物!って感じではなかったけどどれもおいしかったです。

 お風呂は、お湯がすごく良かったです。温度もばっちり!湯上りも気持ちい感じで。
 あとお風呂の洗い場は一か所ごとに仕切りの壁があって、隣の人を気にせずに体を洗ったりできるのが良かったです。私は寒さに負けて露天には出なかったけど、露天風呂も良かったみたいです。
 こうして1日目を終えました。

-----------------
DSC01289

 朝はバイキング。おかずは普通においしいですが、パンがイマイチですね。米がとにかくおいしいので、和食でまとめて食べるのがいい感じかも。フキの煮物がおいしかったー。

DSC01298

 夜明けの景色を堪能。天気に恵まれております。
 2日目はオプショナルツアーで、希望者のみの参加でしたが、2/3は参加していたかも。現地払い。

DSC01319

 岩手に向けて走り続けますが、風景が本当にきれいで、車窓からの景色が相当楽しめました。

DSC01335

 9時出発で10:45分に到着しましたのは毛越寺。50分の散策!

DSC01339

 極楽浄土もカチコチでしたが。

DSC01341

 動物の足跡があちこちにあって平和。
 ここを初詣の地として、おみくじを引いたのですが、大吉(∩´∀`)∩内容は、嘘をついてはいけないとか、油断したら失敗するとかの注意喚起は満載でしたが、大吉はそれぐらいがいいですねー。

DSC01390

 そこからそう遠くない場所に中尊寺があり、金色堂等を見てきました。実物は本当に豪奢でビックリ。当時の職人の技術の粋ですね。予算を気にせず、自分の持つ技術の限界を刻み込んで後世に残せるのは羨ましい。

DSC01394

 お昼ご飯はオプショナルツアーについてて、全員で同じ物を。精進料理ですね、肉類なし!
 左上の鍋がすごくおいしかったです。ひっつみ?

DSC01412

 移動時間ばかりで、この観光地滞在はとっても短いのですが、4時にはホテルに戻ってました。帰途、空に虹みたいなのが見えたけど、他の人は見えなかったみたい。写真にはちゃんと写っててよかったw

DSC01422

 晩御飯もバイキングだったのですが、二交代制とは思えないぐらいの超混雑。何を取るのにも列に並ばなければならなくて。何が取れるかわからないので、とりあえず列の通りすがりに拾っていったら、思いのほか取り過ぎたという・・・。
 それでも刺身とかは全然取れないままでした。味は・・・どれも並んでいる間に冷めててイマイチだったかも;皆が落ち着いてから取りに行くのがいいですねー。制限時間がすごく短くて、ちょっと焦りました。
 はじめて牛タン食べました(∩´∀`)∩

DSC01424

 最終日、朝のバイキング。内容全く変わらずだったので、取る内容も変わらず。

DSC01427

 8:30にはホテルとはお別れ。

DSC01430

 また高速に乗って大移動がはじまる。この一般道も見納め。この道路は山形の天童市につながっているらしく、ホテルのおみやげ物は山形の物が多かったですね。

DSC01439

 9:30には塩釜神社到着。

DSC01463

 四季桜が咲いてた(∩´∀`)∩

DSC01473

 10:45には松島に到着。

DSC01482

 到着したら即、オプションで申し込んだ周遊ツアーへ。11時出発で40分のコース。

DSC01491

 海面がキラキラしてて本当に綺麗。小島の1つ1つが本当に絵になりますね。

DSC01557

 風もなく穏やかな日だったので、本当に楽しめました。
 ですが松島は、津波の爪痕がひどかったですね。今なお工事中。でもほんと、観光客よカモン!といった感じのやる気がみなぎっていたかも。仮設トイレも掃除が行き届いてピッカピカ。

DSC01579

 船のあとは瑞巌寺へ。内部も公開されていたので、宝物庫を含め、たっぷりと見てきました。
 ここも復興の工事中でした。

DSC01589

 参拝のあとは、カキ入りのカレーパンと、ずんだメロンパンを購入。帰りのバスで食べましたが、おいしいけど牡蠣は無理やり入れた感がw

DSC01590

 カキフライを食べました。すっごい身が大きくておいしかったです。周辺は焼き牡蠣のにおいが充満しておりました。

DSC01591

 牡蠣も牛タンも食べられない相方は、マグロ寿司。見本の写真より切り身がでかくて、刺身がそのまんま乗っているかのよう。

DSC01594

 あっという間の2時間30分。ついに帰る時間がやってまいりました。仮設ガードレールがむすび丸だった。13:20、松島出発。

DSC01603

 帰りは常磐道。もう千葉東京では震災の爪痕もほとんど消え、記憶も薄れつつあるけど、この海沿いを走ると、火力発電所を含め、本当にたくさんの発電所が等間隔にあるんですよね。ここで作られた電気が、遠く関東まで送られている点を改めて考えると、復興を支えるのは関東圏在住者の使命だなと改めて感じました。東京で使う電気のための原発だったからなあ・・・。

DSC01609

 3:20四倉で休憩。はとバスの休憩は決まって15分。小さい所だとトイレが混むので、行った人数を確認してずらしたりしないと、トイレ以外が本当に何もできないんですよね。休憩は2時間に1回なので、水分を取りすぎてもいけないし、取らなさ過ぎてもいけないし、バスの旅は結構飲食に気を付かいますね~。

DSC01610

 日が暮れていき、夕日の眩しさに苛まれながら進み。

DSC01611

 5:30守谷で最後の休憩。ここはご飯も食べられる広いエリア。
 ここまでくると、ここで下ろして欲しいとか思う距離にw
 バスは渋滞をかなり警戒しての進行で、予定も20:00着になっており、連休初日という事で3時間余分にかかる事も覚悟でお願いしますと言われていましたが、渋滞は全くなしで、池袋には18:45には到着し、家にも予定より早くたどりついて、旅の汚れものの洗濯を終えて寝る事ができました。
 バスツアーは、バスを降りてから家にたどり着くまでが遠くてしんどいw

DSC01613

 自分用のお土産。お寺の図録は外せない・・・。
 ずんだ食べ放題(∩´∀`)∩

 バスツアーは、観光地に滞在する時間が分刻みで忙しいけど、移動を含めバスは好きなので、また日帰りでも気軽に参加したいなあと思っています。

 次は食べ物の好き嫌いのない女友達といきたい(; ・`д・´)