f013-107-01

 レシピ作成用にもう1点、わんちゃん布尽くしで作ってみました。色も汚れが目立たなくて良さそうwこれ以上ないぐらい犬だらけなので、お散歩でわんちゃん用の飲み水をペットボトルに入れて持っていくのにもいいかもしれないですね。

f013-107-02

 わんちゃんぎっしり柄は、自宅の犬に似た子がいたりするので、犬を飼ってるお友達へのプレゼントなんかにも重宝しそう。この布は内布にしてもカワイイから、大きいサイズで持っていても便利だと思います。水玉感覚で使えそう。

f013-107-03

 今回はいつものメッシュ付きの保冷シートではなく、つるつる系のナイロンの保冷シートを使いました。色が茶色なのでチョコレートみたい。すごく硬さがあるので小物は作りにくいけど、保冷保温力はすごいかも。ひっくり返すために手を突っ込んでいたら、手の体温ですごいあったかくなったりして、これはかなりいいかもしれない。これも提供品です。

 でもほんと滑るのと硬いのと伸びないのとで、縫う工程で外布だけが伸びた分とのつじつまが合わなくて、無理やりに噛まないように布をだぶつかせたのがわかる仕上がりに・・・。このシートを使う場合は多少縫い代を控えて大き目にしておかないとだめだったみたい。
 リベンジが必要だ・・・w

 使った後に気づきましたが、この保冷シート、たぶん一枚仕立てで使う用ですね~。
 
■この作品についての解説■275-107-ot58

旧解説:ペットボトルカバー2号

■必要な布サイズ■
500mlの場合
外布A幅27cm高さ18cm
外布B幅33cm高さ28cm
内布幅27cm高さ28cm
(保冷シートでない場合はキルト芯もご用意ください)
ストラップを作る場合は、ナスカン1個、Dカン1個、Dカン用のリボンテープ4.5cm
紐40cm1本(太さによって多少異なります) コードストッパー

■型紙■
500ml、280ml 20180113.pdf
*底が同じなので280mlサイズも同梱
300ml版 20180113b.pdf

■制作時間■
1時間15分

■完成サイズ■
口布部分除き 幅8cm高さ16cm底8cm

■製図■
500ml用
seizu20180113
*ストラップの長さはお好みで変更してください。リボン等でも代用可能です(リボンで作る場合の解説はこちら)。また、太目がお好みの場合は、口布の型紙を使って裁断してください(その場合の太さの作例)。
*コードストッパーを自作する場合はこれにさらに、5*6程度の布をご用意ください。

---------------------------
第4回布山ダイエット(5000gスタート)

960 - 30 = 930

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  
 新レシピへの挑戦の応援ポチをいただけると嬉しいですv
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら
1.裁断 
20180113a

 外布の底にはキルト芯を貼ります。
 ストラップと口布は折り目を付けておきます。印は後からつけられるので、この段階ではなくても大丈夫です。
 コードストッパーの型紙は入っていません。必要な場合は、ハギレで適当に5×6ぐらいを取ってください。
 
2.パーツ作り 

 簡単にコードストッパーを作ります。片絞りだと紐が緩みがちなので、市販品でもいいですが、ハギレで簡単なものなら作れますので、なるべく使うようにします。

コードストッパー作ります---------------------

20180113b

 まず上下を1cm折り込みます。

20180113c

 半分に折り、3mm紐の場合は1cmの縫い代で。5mmなら縫い代も5mmで縫って下さい。それより太い紐になると、布のサイズの幅を増やしていくことになります。

20180113d

 縫い代を割って表に返し、縫い合わせ部分を中央にするように畳んで、その縫い合わせ部分の真上を縫う感じで中央を縫います。最初と最後は返し縫いで。これでとりあえず完成。

ストラップ作ります---------------------

20180113e

 ストラップは半分に折り、それに突き合わせるように更に半分に折り・・・という感じで、トートバッグの持ち手と同様に準備しておきます。

20180113f

 ナスカンを通します。

20180113g

 布端をいったん広げて、半分に折ったのち中表に合わせて縫い合わせます。

20180113h

 縫い代をしっかり割ったら、元の折り目に畳みなおします。

20180113i

 カンをよけながらステッチ。

20180113j

 反対側も。

20180113k

 カンから1.5cmぐらいの位置に縫い合わせの位置が来るようにずらして潰し、その縫い合わせの近くをステッチで縫い押さえて、ストラップ完成。


口布を作っていきます---------------------

20180113l

 布端はロックミシンがジグザグミシンで始末しておきます。

20180113m

 下から3cmのところまで縫います。

20180113n

 縫い代をしっかり割って、カクカクと縫っておきます。

20180113o

 折り目にあわせて畳みなおし、紐通しをステッチ。

20180113p

 縫い合わせの反対側と、半分に折って見つけた中央にノッチ(3mmほどの切り込み)で印。これで口布準備完了。

本体作ります---------------------

20180113q

 縫い合わせが片方だけだと、タグを中心にするとき迷いますが、半分に折って、1cmの縫い代分をずらして半分に折って折り目をつければだいたい中央。

20180113r

 タグやレースを飾りましょう~。

20180113s

 半分に折ったら布端を縫い合わせます。内布には返し口を縫い残し、縫い終わったら反対側にノッチ。写真では印をつけ忘れてますが、上にもつけてください。

20180113t

 縫い合わせと先ほどつけた印とをそろえて潰し、中央位置をみつけてそこにも印。

20180113u

 底も半分に折って印、さらに半分に折って印。

20180113v

 印と印を中表にして合わせ、底を縫い合わせていきます。最初から切り込み入れず、縫いながら様子を見て、とにかく印位置がずれないよう、布端が円の外周に沿うようにしていきます。

20180113w

 伸びない布だと1.5cm間隔で5mmぐらいの切り込みがいります。

20180113x

 伸びる布だと切り込みなしでも添うので、うかつに切り込みをいれないようにします。真上から押さえる感じで、絶対に引っ張って添わさないように。上から押さえて添わせる事を意識してください。

20180113y

 くさび型の切り込みを入れます。そのままV字にカットするのは大変なので、布を半分に折り、リボンの端の始末みたいに斜めにハサミを入れるとV字型になります。

20180113z

 縫い代がかさばる時は、5mmぐらいまでカットしてください。内布も同様です。


3.組み立て 

201801130

 本体の縫いあわせ部分に、Dカンをつけたリボンを仮止め。

201801131

 口布と本体が中表になるように重ね、印位置でクリップします。

201801132

 5mmぐらいの位置で仮止めし、表に返します。

201801133

 内布の袋に外布の本体袋を入れ、同様に印位置でクリップしたのち、一周縫います。

201801134

 返し口から表に返し、返し口は縫い閉じます。この手の布は手縫いでは難しいのでミシンで。
 内布を中に押し込んで形を整えたら、お好みで入れ口を一周縫います。省略可。

201801135

 コードストッパーに紐を通してから、口布に紐を通してきます。

201801136

 一周通したら、最後にコードストッパーのもう片方の穴に通し、紐を結んで完成です。

 お疲れ様でした!

 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら