f018-021-01

 私が愛する別マチトートの中で、最も形状がカワイイと思っている、小さい角丸別マチトートをリメイクしました。パーツが多いのでちょっと裁断が大変かも?サイズを変えたり、切り替え部分をポケットにするなどのアレンジも可能です。
 小数点の入ってる型紙なので、製図はちょっと難しいかもです。なぜ小数点が出るかというと、私は円形や曲線部分の距離を、円周率で計算しているためです。π=3.14を、人生でこんなに使う日が来るとは思っていなかったけど、型紙を作るようになってすごい使ってますね。
 こういう図形としての計算上の数字になっているため、布の厚みや伸び具合は計算に入っていないため、印位置をきっちり合わせたら、印と印の間は切り込みの加減などで調整する必要があります。

f018-021-02

 緑色萌えの波がちょっと来てますが、今回は大人の地味系緑でまとめてみました。この編み物柄も、緑の方が先に無くなってしまいそうです。残量はもう小物用程度に。

f018-021-03

 内布にはオレンジ色入りの柄布で、温かみとカジュアルさをプラス。今回新たにポケットの型紙も追加しました。持ち手は1.5cm短くなりました。
 ボタンは、後から縫い付けタイプのマグネットホックボタンを使いました。

 ↑これですー。中心にボタンみたいに糸を通す穴があるので、ボタンをつける感覚で縫い付ける事が出来ます。ただちょっとそのせいでぐらぐらする欠点はありますが、今回のような使い方には向いています。

f018-021-04

 マチが広いので結構色々入りますが、こんなサイズのミニトートです。お弁当箱を入れるのにも便利。型紙の直線部分で、幅4cm、高さ12~13cm追加すると、大学ノートを入れても大丈夫なサイズ感になりますでしょうか。サイズ違いのバージョンも作っておきたいところ。 

■この作品についての解説■170-021-ba039

旧解説:小さい角丸別マチトート

■必要な布サイズ■
外布A幅24cm高さ28cm
外布B幅54cm高さ38cm
内布幅67cm高さ30cm

■型紙■
通常版:20180118.pdf
高さ幅拡張版:20180205.pdf<作例>
↑幅26cm高さ26cmマチ10cm
おまけ:20180205_sub.pdf
↑高さを5cm更に追加したい場合の追加貼り合わせデータ
 拡張版の型紙でご利用いただけます


■制作時間■
2時間

■完成サイズ■
幅22cm高さ16cmマチ9cm

■製図■ *わ裁ちするパーツに注意
51a816f8
b36e4bdc
ea9590e3
ea9590e4


---------------------------
第4回布山ダイエット(5000gスタート)

700 - 80 = 620

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  
 新レシピへの挑戦の応援ポチをいただけると嬉しいですv
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら
1.裁断 
20180118a

 外布を内布と同じ型紙で裁断して切り替えなしで作ってもカワイイです。
 持ち手は縦半分に折り、その折り目に突き合わせるように再び折っておきます。
 芯は布の厚みと相談しながら決めてください。マチは、柄を気にしなくていいなら、横に長く取るようにしてください。縦でカットすると伸びないので、曲線の縫い付けが少し難しくなります。
 
2.パーツ作り 
20180118b

 外布2枚を中表に重ねてはぎ合わせ。

20180118c

 縫い代は上に倒して抑えのステッチ。

20180118d

 持ち手も両端をステッチしておきます。

20180118e

 内ポケットは下側に返し口を縫い残して、このような感じに縫います。縫い終わったら四隅の角を軽く切り落とし、しっかり縫い代を割ってから表に返します。

20180118f

 中央、上から4cmの位置に配置して縫い付けます。

20180118g

 パーツが揃いました。忘れずに各パーツに印位置をつけておきます。

3.組み立て 
20180118h

 印位置でクリップ。

20180118i

 直線部分を縫い終えてから切り込みを入れて曲線に沿わせます。この時、この写真のようなマチの潰し方を心掛けると、布を噛みにくいです。布は引っ張らず、真上から押さえるような形で添わせていきます。伸びのない布、芯を貼った布は細かく深めの切り込みを多数入れます。入れすぎると布が余ってしまうので、この上から押さえたら、端が沿うというのを確認しながら加減していきます。

20180118j

 内布も同様に縫い合わせます。内布は直線部分のどこかに返し口を一か所縫い残してください。

20180118k

 曲線部分にくさび型の切り込みを入れます。
 内布の縫い代は割り、外布はマチ側に縫い代を倒します。

20180118l

 持ち手を仮止めします。中央から4cmの位置。

20180118m

 外袋を表に返したら、内布の袋の中に入れ、縫い合わせ位置などを合わせてクリップし、一周縫います。

20180118o

 縫い代を割りつつ、持ち手のズレ、斜めになっていないか、布を噛んでいないかのチャックをしておきます。OKなら表に返し、返し口は縫い閉じます。

20180118p

 入れ口を一周縫います。

20180118r

 形をピシっとさせたい場合は、四隅を縫い留めてください。この縫い方の詳細は、こちらの記事の下の方に詳しい順番がありますので参考にどうぞ。

20180118s

 脇中央を、上から4cmぐらいの位置まで縫っておくのもオススメです。返し縫いはしっかり!

 ボタン等はお好みで。

 お疲れ様でした!

 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら