f041-019-01

 楕円底のトートという名前だったけど、正式な楕円ではないという話をした時に、コメントで小判底はどうでしょう?というアドバイスをいただいていて、その時は変えられなかったのですが、リメイクに合わせて小判底に変更しました。 作り方は単純に、横長になったバケツトートって感じですね。

 今回の布合わせのテーマは、くどいくらいのマリン。

f041-019-02

 小判のかたち!名称的に小判底って正解ですよね。縁起良さそう、特に金運方面で。

f041-019-03

 内布が少なくてポケット分が取れなくて別布。内布に使ったマリン柄、生地が古いのかどうなのか、返し口をひっくり返す時に縫い目が裂けたので、このポケット位置に接着芯が必須だったかもしれない。使う時は引っかけないように気を付けて・・・;

f041-019-04

 こうやって手タレさんに持ってもらうと、あまり大きく見えないけど。

f041-019-05

 大学ノートは御覧の通りってなもんで、なかなかの容量。
 デザイン的に、入れ口に巾着をつけてもいいかもしれない。たぶん紐通し分を含め、本体型紙を利用するとちょうどいい長さになる予感が。

f041-019-06

 これ、クリックポストでは送れない・・・。
 自立する、なかなかのどっしりとしたシルエットが便利な感じ。

■この作品についての解説■170-019-ba038

旧解説:楕円底のトート

■必要な布サイズ■
外布A幅80cm高さ20cm
外布B幅56cm高さ40cm
内布幅95cm高さ44cm

■型紙■
20180210.pdf

■制作時間■
2時間30分

■完成サイズ■
幅29cm高さ24cmマチ16cm

■製図■
seizu0210_a
seizu0210_b


---------------------------
第5回布山ダイエット(5000gスタート)

4670 - 160 = 4510

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  

 ↓下のアイコンをポチっとクリックしていただけるとランキングがアップして、このブログが大人気っぽくなります。上位になった結果、何かあるわけでもないのですが、今日の記事良かった!という時にコメントの代わりにでも押してもらえるとありがたいです。この応援ポチが多かった記事は褒めてくれる人が多い=この系統の記事を増やそう!という感じの判断材料として利用させてもらっています。
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら


1.裁断 
 
20180210a

 口布と持ち手の型紙は兼用なので、裁断し忘れに注意ー。アイロンの際、持ち手は縦に半分に折り目をつけ、布端をそれに突き合わせるようにし更に畳んで、幅2cmの帯状にしておきます。
 底を更にしっかりさせたい時はキルト芯を入れてみても。その場合、キルト芯は縫い代分は減らしてください。

2.パーツ作り 

20180210b

 タグ等を飾ります。

20180210c

 口布を中表に重ね、縫い合わせます。

20180210d

 お好みでおさえのコバステッチ。縫い代を倒す方向もお好みで。

20180210e

 持ち手も両端をステッチします。

20180210f

 内ポケットは底に返し口を縫い残し、このように縫い、縫い終わったら角を軽くカット。

20180210g

 内布の上から7cmの位置に縫い付けます。

20180210h

 内布、外布それぞれを中表に重ね、両脇をステッチ。内布には返し口を縫い残しておいてください。縫い代はしっかり割ります。

20180210i

 底布を印位置であわせておきます。

20180210j

 縫い合わせます。切り込みは最初から入れず、縫いながら足りないと感じるたびに少し入れる感じで、入れすぎないよう注意。伸びる布だと切り込みなしでいけます。

20180210k

 縫い終わったらくさび型の切り込みを曲線部分に。

20180210l

 内布も同様の処理をします。

3.組み立て 

20180210m

 外布に持ち手、紐等を仮止めし、表に返します。

20180210n

 内布の袋に、表に返した外布の袋を入れ、入れ口を一周縫います。縫い終わったらしっかり縫い代を割ってから表に返します。

20180210o

 返し口を縫い閉じたら、入れ口を一周ステッチし、ボタン等をつけて完成になります。

 お疲れ様でした!

 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら