f078-054-01

 アリスのパネル生地で別マチトートを作りました!リメイクレシピといえばリメイクレシピなんですが、これを作るために型紙は新規に作り下ろしました。型紙の貼り合わせが多いので注意です~。自分で別マチトートの型紙を作りたい人向けに、型紙作成の手順も解説しました。

f078-054-02

 手タレさんがお伝えするサイズ感。ショルダーにしても良さそうだったので、脇にDカンつけておきました。持ち手は短めかな。肩にはかけられないです。

f078-054-03
 
 背面側。このパネル生地は1面物の大きな図柄なので、作品に仕立てるのがちょっと大変ですよね。ミニトートばかり出来上がる感じになるというか。

f078-054-04

 マチにはpukupukuさん提供布をさっそく使わせていただきました。無地を合わせるにはパネル生地が個性派なので、一ひねりのある布を使いたかったのですが、これは本当にピッタリ。

 アリスのパネル布はM.Mさん提供です。こちらは手持ちがたくさんあるので、未使用の1ループカット分を丸ごと、次のおすそわけ便にお入れします。 引き取り手決まりました

f078-054-05

 アリス柄の内布に悩まれる方は多いかもですが、子供向けなら水玉、ちょっとお姉ちゃんならアーガイルやチェック、ストライプ。大人向けはトランプ柄か薔薇柄が合うと思います~。というわけで、今回はバラ柄なので大人向けを意識しております。YUWAなんですが白いバラと赤いバラが入っているので、アリスの物語にも合うかなあとw

 そしてこのマグネホック、昨日のもそうですがどうやら磁力がめちゃくちゃ弱いみたい;すぐにはずれちゃう。無くても困らないデザインなのは救いですが、ちょっと困った感じですね。他のも弱いのかなあ・・・。


■この作品についての解説■309-054-ba079

旧解説:A4用紙で作る別マチミニトート

■必要な布サイズ■
外布A幅58cm高さ30cm
外布B幅40cm高さ40cm
内布幅92cm高さ34cm

■型紙■
このページの作品:20180319.pdf
小さな別マチトート:20180819.pdf <作例>
小さな別マチトート2:20180820.pdf <作例>

パネル生地を利用して作成する場合の参考例

■制作時間■
2時間

■完成サイズ■
幅27cm高さ28cmマチ8cm

■製図■
20180319seizu
 内布は、わ裁ちの型紙の指定になってる事に注意。
 持ち手はお好みで延長可です。肩掛けするなら+8cmあるといいかも。

---------------------------
第5回布山ダイエット(5000gスタート)

2360 - 135 = 2225

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  

 ↓下のアイコンをポチっとクリックしていただけるとランキングがアップして、このブログが大人気っぽくなります。上位になった結果、何かあるわけでもないのですが、今日の記事良かった!という時にコメントの代わりにでも押してもらえるとありがたいです。この応援ポチが多かった記事は褒めてくれる人が多い=この系統の記事を増やそう!という感じの判断材料として利用させてもらっています。
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら


0.製図方法 

 この作品ではイラスト系のパネル生地の布を使用しましたが、今回のようにこの布を主役にしたい!という布のサイズや大きさが決まっている場合、それを基準にしてオリジナルのサイズで作成することができます。その手順を簡単に解説しておきます。

seizutq01

 まずそのメインの布を用意します。注意すべき点として、その布は縫い代込みであるという事を意識することです。

seizutq02

 このトートのマチは5cmにしたいなーと思ったら、縫い代分を省いて、まず5cmの幅を作り、それに外周1cmの縫い代をつけます。これで外布の型紙は完成です。
 見ていただくとわかりますが、使いたいメインの布と部分的にサイズが同じなのがお分かりいただけると思いますが、その同じ部分は同じままで、マチにしたいサイズ+2cmの長方形を単純に作ってもいいという、そういう感じです。

 この型紙で内布を作ってもいいのですが、縫い合わせる枚数を減らしたい!という場合は、以下の手順で考えてみてください。

seizutq03

 縫い代を省いたサイズで考えるようにします。縫い代を省いたメイン布に、縫い代を省き、さらに半分サイズにした数字をマチ部分に加えます。
 全部加え終わってから縫い代を付ければ、縫い合わせた時に外布と同じサイズに仕上がります。

 ポケットや持ち手は適当に。
 太目のマチにして、マチにもポケットを付ける等のアレンジも自由自在です。


1.裁断  
20180319a

 持ち手は折っておこう!芯はお好みでー。

2.パーツ作り 

20180319b

 ポケット布は中表に畳み、底に返し口を縫い残して縫ったら、角を切り落として表に返す。

20180319c

 内布中央、上から9cmぐらいの位置に縫い付け。

20180319d

 持ち手は両端ステッチ。

20180319e

 サイドマチと底マチを縫い合わせ。ポイントは最初と最後を1cm縫い残すこと。

20180319f

 両側縫ったら、縫い代は割る!

3.組み立て 

20180319g

 本体底に、底マチを重ね、最初と最後は1cm縫い残し縫い付け。反対側も先に縫い付けておいてもいいです。マチの太さによっては後から縫い付けるのが大変になる事があるので。
 今回は説明の都合もあって、もう1面は後付けします。

20180319h

 自然とこういう感じに畳めますので、脇を揃えます。

20180319i

 そして縫う!

20180319j

 両側を縫うとボックス的な外袋の出来上がり。底角の布の余りはカットしておくと仕上がりがきれい。縫い代は一度割っておくと、出来上がり時にカクカクしてて綺麗になります。

20180319k

 持ち手を仮止め。

20180319l

 内布も両脇と底を縫い。底には返し口を縫い残して。

20180319m

 マチを縫う!

20180319o

 内布の袋に外布の袋をいれて、入れ口ステッチ。外布の縫い代はマチ側に倒します。
 表に返したら、返し口を縫い閉じます。

20180319p

 入れ口を一周縫って完成。
 別マチ系はすべてこの工程で作れるので、普通のトートに飽きたらぜひ!

 お疲れ様でした!

 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら