f143-017-01

 ぴょんぴょんさん提供の布を使って、ぺたんこトートを作ってみました。アジサイみたいですごいカワイイ(∩´∀`)∩布も帆布かな?ちょっと厚手です。芯なしですけどかっちり仕上がりました。

f143-017-02

 A4が入るサイズです。今後は、これのサイズ展開が出来ればと思っています。あとマチ付き版などのバリエーションも。ファスナーをつける場合などのアレンジもして、オリジナルのカスタマイズがしていける型紙になればと。最初は退屈なシンプルな基礎型紙が続く事になってしまいますが。

f143-017-03

 内布もアジサイ感あるもので。柄が下にむかって濃くなっていくグラデ布。ポケットは結構大き目にしています。

f143-017-05

 A4がすんなり入るサイズとして作っています。クリアファイルの余白部分がそのゆとり、みたいな。

f143-017-04

 クリアファイルを中に入れると、若干底の布のだぶつきで5mmほど出てしまうかも。出し入れはしやすいですが、一応その点はご留意ください~。

 シンプルだけど直線で縫う距離が長いため、ちょっと制作に時間がかかります。


■この作品についての解説■316-017-ba081

旧解説:A4が入るトート

■必要な布サイズ■

A4が入るサイズ
外布幅70cm高さ34cm
内布幅73cm高さ34cm

■型紙■
A4クリアファイルが入るサイズ:20180523.pdf
マンガコミックが入るサイズ:20180524.pdf <作例>

■制作時間■
1時間10分

■完成サイズ■
幅25cm高さ32cm

■製図■

seizu20180523



---------------------------
第6回布山ダイエット(5000gスタート)

3710 - 100 = 3610

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  

 ↓下のアイコンをポチっとクリックしていただけるとランキングがアップして、このブログが大人気っぽくなります。上位になった結果、何かあるわけでもないのですが、今日の記事良かった!という時にコメントの代わりにでも押してもらえるとありがたいです。この応援ポチが多かった記事は褒めてくれる人が多い=この系統の記事を増やそう!という感じの判断材料として利用させてもらっています。
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら


1.裁断 
20180523a

 くったりさせて畳めるようにしてもいいので、薄手の布を使う場合も、芯はなくてもいいと思います。

2.パーツ作り 
 
20180523b

 持ち手を縫います。持ち手がねじれるのが気になる方は、両端の縫う向きを統一して縫うと、ねじれにくいです。ただねじれても、仕上がりにはあまり影響しないです。

20180523c

 心の赴くまま飾ります。

20180523d

 内ポケットは半分に畳み、底に返し口を縫い残して縫い、角を軽くカットしたら、しっかり縫い代を割って表に返します。返し口はそのままでOK。

20180523e

 内布の1枚を、縦半分に折り、上から9cmのところで折り目をつけます。

20180523f

 ポケットも縦半分に折って中心をみつけ、内布につけた折り目の印に合わせてマチ針をとめます。
20180523g

 縫い付けます。

20180523h

 外布の底を縫いあわせます。

20180523i

 縫い代はしっかり割って。

20180523j

 それから片側に倒します。

20180523k

 縫い代が浮かないように押さえのステッチ。

20180523l

 内布は底に返し口を残してぐるっと脇と底を縫い、外布も両脇を縫っておきます。底角は軽くカットし、縫いしろをしっかり割ります。

20180523m

 割り終えたら割目同士の位置を合わせて潰し、中心を見つけてノッチ(小さい切り込み)で印をしておきます。

20180523n

 外布はその中心印と、持ち手位置として中心から4cmの位置に印。

20180523o

 持ち手を仮止め。

20180523p

 表に返します。

3.組み立て 

20180523q

 出来上がった外布の袋を内布の袋に入れます。印をした中心位置をあわせてクリップ。

20180523r

 ぐるっと縫います。縫い終わったら縫い代を割りながら、ミスチェックを。布を噛んでいたりしたらここで修正。

20180523s

 返し口から表に返し、返し口を縫いふさぎます。

20180523t

 形を整えて、入れ口をステッチして完成です。このステッチの位置は隣接する布端の、布の厚みの2倍離した位置にすると、見た目がきれいと言われているので、ちょっと意識してみてください。厚手の布になるほど、布端から離れた位置でステッチする感じですね。



 お疲れ様でした!

 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら