しばらく単独の記事にしていなかったので、次のためにちょっとまとめておきます。

 起きている時間の全部で勉強をしないと受からない、という話は聞いていましたが、いやあほんと、あれだけ勉強したのに!?これじゃ全然足りねえって感じでした。知っている知識がそのまま出るわけじゃなくて、その知識を使って解かないといけないため、前半は頑張れるけど、後半は思考力も落ちてくる事もあり、知識を問題に当てはめていくのがとにかく辛い。
 ともかくその思考の持久力を高めるため、勉強して蓄えた知識をうまく使う方法を鍛えないといけない、それにはいろんな問題に触れるしかない、結果的に勉強に時間がかかるという感じですねー。

st03

 一応合格に必要であろう1800時間はやったみたいなんですが、この時間、ずっと集中していたわけじゃなく、今夜の晩御飯何にしようと思ってた時間や、ウトウトした時間も入っているので、もうちょっと頑張らないとダメだったなという感じがします。

st02

 商法と商登法は苦手意識があったので、結構初期から力を入れていました。

st01

 でも試験日直前に、一番苦手でダメだという事に気づいたのが、不登法。商法、商登法はやればやるほど点数が上がっていくので、楽しくて勉強時間を取っていられたのですが、不登法はやればやるほど点数が落ちる沼にハマってしまい、ついつい避けてしまっていたというのが、最後に大きく響きました。問題文の登場人物も多くて、途中で混乱するというのも大きい。図を描きながらやっても、その図を描くのを間違うレベルでややこしい事がありますねー。

 そして最大の難関は、試験当日の謎の緊張感。試験直前に最後の確認をしようとノートを開いても、1行も頭に入ってこないって、相当ですよね。
 そして問題を解いているととにかく不安。今回なぜか5択の答えで、同じ数字が続くんですよ。あれ?2ばっかり・・・4ばっかり・・・みたいな。これどれか間違えているのかな?って見直してしまって時間を無駄に使ってしまった。でも今回、そういう正答だったらしいですorz
 気になって書き直してしまった・・・。こんなんずるいわー。これ緊張してなければ、そういう事もあるだろうと思うけど、試験の最中にはとにかく不安な要素になってきますね、同じ数字続きって。こんなに同じ数字が続いていいの?とか、特定の数字がまったくマーク対象にならないとかって。

 あと私、32問目あたりを解いて、マークしようとしたら、余白の残り数字が合わないんですよ。あれ?なんか足りない!ずれてる!って最後の最後で、紙がくっついてて途中で2問飛ばしていたことに気づきました。必死に消して書き直したけど、あのロスも痛かった。ちなみに午前でやらかして、午後は気を付けていたのに、午後でもやらかしました。ほんと綺麗に2ページが同化してるんだもん。これも試験の時間制限に焦っているせいですね。

 この試験で本番で緊張しない、焦らない余裕のために、もうこれ以上勉強しようがないと感じるレベルまでやらないといけないんだなあって思いました。少しでも苦手だなと思っている部分が残っていると、それのせいで緊張してしまう感じ。
 そしてとにかく時間が足りない。じっくり考えれば解ける問題も、じっくり考えさせてもらえない。ここで5分使って次の問題でもっと時間がかかるものだったらと思うと、思考を中断してしまう。もうこれは考えなくてもわかるレベルになるしか回避方法はないですねー。

----------------------
 途中でメモがとまっていましたが、残金62,235円から

携帯できる本を一冊追加で1,728円
試験費用に8,000円、書留代430円、返信切手代62円。
試験会場までの往復交通費864円

残金51,151円です。元々24万スタートだったのにこの減りっぷり!

 今回試験直前に、問題集はもうメモを書きなぐってしまい、問題集としては自分で書いたメモがヒントになりすぎて使えないので、別の物を買いなおす必要がありそうです。

 ユーキャンのテキストの価値ですが、意外とこれだけで戦えました。ちゃんとテキストで、ここは覚えておいて!ここ大事!と指示されていたものが結構出ていて、解けなかったのはほんと自分のせいって感じでした。必要な知識はちゃんと一通り書いてあるので、これだけに集中しても、きちんと受かれる人はいると思います。
 ただ、第9回の添削を提出した人には、パスワードつきの秘密のPDFが見られるよう、パスワードをメールします!って書いてあったけど、そのパスワードのメールが届く事はありませんでしたwあのPDF、中身はどんな内容だったんだろうな~。

 とりあえず六法は2016年のに追補しまくって使っていたので、これは早急に買い直したいと思います。

 相方(バカ呼ばわりからやや復帰)が、何か頑張ったご褒美を買ってくれるらしいです。受かったら?って聞いたら、受かってる受かってない関係なく、1年頑張ったお疲れさまプレゼントだそうで。私としては、一番欲しかったのは試験前日の睡眠時間だけどな!!!!
 これはもう高い物を買ってもらうしかあるまい・・・。

 というわけで、MACK先生の勉強ライフを引き続きお楽しみくださいorz