f206-075-01

 厚みは内布向きでも、柄が内布に使うには可愛すぎてもったいない布は、まさに巾着向き。
 NARIさん提供の花柄に、pukupukuさん提供のストライプを添えて、巾着のレシピを作成しました。
 マチをつけたりサイズを変えたりの展開も出来るので、傘袋や体操着入れ、給食袋にも。
 ダブルガーゼやナイロンなどの素材で作るのもお勧め。

f206-075-02

 作りは簡単ですが、紐通しの縫い箇所が、ちょっと手間ですね。量産するには連続縫い出来ない部分があって、そこがちょっと面倒臭いです。

f206-075-03

 袋縫い始末なので、厚手の布は向かないです。
 底がわ裁ちなので、布柄に上下がある柄も向かないですね。
 方絞り、布柄に上下がある場合のレシピも後日別途、アップします。

■この作品についての解説■089-075-po040
旧解説:一枚仕立て巾着

■必要な布サイズ■
外布A幅20cm高さ49cm
外布B幅17cm高さ8cm
紐54cm×2

■型紙■
このページの作品:20180725.pdf

■制作時間■
30分

■完成サイズ■

幅17cm高さ22cm

■製図■

20180725seizu
 *この製図の底はわ裁ちです

 
 
---------------------------
第6回布山ダイエット(5000gスタート)

745 - 20 = 725

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  

 ↓下のアイコンをポチっとクリックしていただけるとランキングがアップして、このブログが大人気っぽくなります。上位になった結果、何かあるわけでもないのですが、今日の記事良かった!という時にコメントの代わりにでも押してもらえるとありがたいです。この応援ポチが多かった記事は褒めてくれる人が多い=この系統の記事を増やそう!という感じの判断材料として利用させてもらっています。
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら


1.裁断 
20180725a

 裁断します。
 布がシワシワでなければアイロンなしで作業も可です。

20180725b

 入れ口は1cm幅の三つ折りです。まずは2cmの位置で折り目を付けます。


20180725c

 いったん開いて、その半分を折る感じにします。

20180725d

 最初の折り目をもう一度畳みなおして折り目完成。1cmずつパタパタ折っていっても良いのですが、布が厚い場合やダブルガーゼ等で歪みやすい布は、大きい折り目を付けてから小さい折り目を付けた方がずれにくいです。

20180725e

 紐通しは両側を1cmほど折り込み。

20180725f

 それから長い辺を突き合わせるように折ります。2cm幅のリボン状のものにします。

2.パーツ作り 
 
20180725g

 本体にタグを飾ります。巾着は絞られるので、中心より若干下ぐらいの方がタグが綺麗に見えます。
 はさみタグは縫い代がいつもより多い事を意識して長めに。

20180725h

 入れ口を縫います。両側。

20180725i

 紐通しは開いて、折り込んだ部分をステッチ。

20180725j

 上から2.5cmの位置に、本体と紐通しの中心を合わせて縫い付けます。まず上側から縫うとずれにくいです。

20180725k

 いったん糸を切って下側。

20180725l

 こんな感じになります。

3.組み立て 

20180725m

 完成の形に畳み、両端を5mmの位置で縫い合わせます。

20180725n

 裏に返します。角もしっかり出すのが綺麗に仕上げるコツです。

20180725o

 7mm~1cmの位置で両端を縫います。

20180725p

 こんな感じ。

20180725q

 表に返し、しっかり角を出して整え、紐を通したら完成です。


 お疲れ様でした!

 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら