f208-114-01

 紐付け位置を変えてみたところ、ちょうど良い感じになりました。
 すごく簡単で短時間で作れるし、アイロンなしでも作成可能なので、100円ショップで手ぬぐいを買ったもののそのままになっているならぜひ消費して、災害時用の避難袋に忍ばせる用に。またクリスマスやハロウィンにお菓子を詰めて子供にプレゼントするにも、簡単に作って量産できるのでお勧めです。
 紐は7mmぐらいの太目がいいと思います。

f208-114-02

 隠しマチなので、たたんで収納しておきやすく、場所を取らないのも魅力かも。
 旅行の着替え入れにも重宝しそうです。普通に巾着として使い、緊急時に両手を空けたい時はリュックとしても使える感じ。子供に背負わせる時はヒモを短く結びなおせばある程度はOK。

f208-114-03

 手ぬぐいを使えば布端の始末が不要で、とても簡単です。
  カワイイ柄でぜひ(∩´∀`)∩

■この作品についての解説■
■必要な布サイズ■
 布端が始末されている手ぬぐい1枚

■制作時間■
30分

■完成サイズ■
幅32cm高さ36cmマチ12cm


 
---------------------------
第6回布山ダイエット(5000gスタート)

675 - 50 = 625

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  

 ↓下のアイコンをポチっとクリックしていただけるとランキングがアップして、このブログが大人気っぽくなります。上位になった結果、何かあるわけでもないのですが、今日の記事良かった!という時にコメントの代わりにでも押してもらえるとありがたいです。この応援ポチが多かった記事は褒めてくれる人が多い=この系統の記事を増やそう!という感じの判断材料として利用させてもらっています。
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら


1.裁断 
 なし

2.パーツ作り 
 
20180727a

 短い辺の方、2cmほどの位置で折り目を付けておきます。

20180727c

 手ぬぐいを広げて(写真では二つに折ってしまっていますが、実際は開いた状態で縫い付けてください)、先ほどつけた折り目から30cmの位置に4cmにカットしたリボンを半分に折って仮止めします。
 リュックにしない場合は不要。

20180727d

 中表に半分に畳みます。底から6cmを折り上げます。ここがマチになるので、マチの量で変更OK。6cmで折ると12cmのマチになります。10cmにしたいなら5cm折る感じ。

20180727e

 入れ口側から5cmの位置を縫いどまりとし、底を折り上げた状態で両端を縫い合わせます。

20180727f

 縫い終わったらしっかり縫い代を割ります。入れ口側の折り目も一度開いておきます。

20180727g

 ステッチで縫い押さえます。

20180727h

 こんな感じに両方処理。

20180727i

 入れ口側の折り目をたたみなおし、縫い付けて紐通しにします。

3.組み立て 

20180727j

 使う紐の長さを決めます。まず紐通しから5cm以上下側からスタート。

20180727k

 上に向けて伸ばして、入れ口側で折り返し、スタート位置に戻る。ゆとりを持たせてもいいし、かっちり布に沿わせてもOK。長さが決まったら、もう1本も同じ長さにカット。

20180727l

 まずは普通に紐を通します。

20180727m

 二本をまとめて紐通しにセットして。

20180727n

 同時に抜き、先を結びます。
 紐が細くてリボンに対しブカブカなとき、紐が太すぎて1本しか通らない場合は、1本だけ通して結んでください。

20180727o

 両側を同様に通せば完成です。あとはお使いの時に、荷物の量やご自身の体型にあわせて、紐の結ぶ箇所を変えればOK。


 お疲れ様でした!

 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら