f221-102-01

  今日は手軽にささっとポットマットを作りました。

f221-102-02

 キルティングの残ったハギレの消費に。入園グッズを作った残りのキャラ布なら、裏の無地面をこちらに使うようにすれば、気にせず消化できるかと思います。


■この作品についての解説■331-102-in024

旧解説:ポットマット

■必要な布サイズ■
外布A幅15cm高さ15cm
外布B幅15cm高さ15cm
お好みで引っかけるための紐8cm

■型紙■
20180809.pdf


■制作時間■
30分

■完成サイズ■
幅13cm高さ13cm

■製図■

15cm×15cmの正方形


---------------------------
第7回布山ダイエット(5000gスタート)

4835 - 20 = 4815

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  

 ↓下のアイコンをポチっとクリックしていただけるとランキングがアップして、このブログが大人気っぽくなります。上位になった結果、何かあるわけでもないのですが、今日の記事良かった!という時にコメントの代わりにでも押してもらえるとありがたいです。この応援ポチが多かった記事は褒めてくれる人が多い=この系統の記事を増やそう!という感じの判断材料として利用させてもらっています。
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら


1.裁断 
20180809a

 全部同じ大きさなので、前もってまとめてカットしておいても。
 クレイジーキルトのようにハギレを縫い合わせておき、最後にこのサイズにカットをして使うのも素敵かと思います。
 布の材質はナイロン等が入っていない物で、汚れが目立ちにくい濃い色がいいかも。
 無地シーチングと書いていますが、どんな柄のハギレでも見えなくなるので、余ってる好みでない柄の布を使っても。カットクロスセットを買うと、全く好みでもなく使いどころのないデザインがあったりしますが、そういう布でいいです。

20180809b

 お好みですが、ステッチを入れたい時は、型紙に切り込みを入れておくと印がつけやすいです。

2.パーツ作り 
20180809c
 
 シーチングを置いて、その上にキルト芯を置き、最後にメインの外布を置きます。ズレないようにクリップを。
 ステッチをしない場合は、仕付け糸で大きなバッテン縫いをして、動かないようにしておいてください。

20180809e

 印をつけた部分を目印にして、3枚をまとめて縫います。なおこのステッチは、私はキルト芯を固定するためにやっているだけなので、デザインとして、少し立体感をつけるためのステッチにする場合は、この作業は一番最後にします。

20180809f

 縫えました。縫いはじめと縫い終わりを重ねておきます。

20180809g

 紐を上に仮止め。紐も熱に強い物が良いかと思います。綿テープや麻紐等がいいかも。ワックスコードは洗濯できなくなるので、キッチンアイテムでは避けた方がいいかなと言った感じです。

3.組み立て 

20180809h

 キルティング布を中表に重ねます。

20180809i

 5cmぐらいの返し口を縫い残し、一周縫います。

20180809j

 角を切り落とします。

20180809k
 
 布をめくって、縫い代にかかるキルト芯をカット。

20180809l

 表に返し、返し口を縫いふさいだら完成です。
 かなり厚みが出ますので外周ステッチはちょっと難しくなりますが、お好みでどうぞ。
 中心ステッチを後回しにした方は、ここでキルティング布ごと縫って下さい。



 お疲れ様でした!

 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら