f300-140-01

 YUWAのスラブ洗いは小物にすると本当に良い。優し気な色合いと手触りがいいですね。

f300-140-02

 背面にはレース。モチーフはボンド「さいほう上手」でくっつけました。

f300-140-03

 しずく要素はマチにあり!

f300-140-04

 内側も苺にしておきました。この口金、ちょっとアウトレット気味で緩いみたい。

f300-140-05

 マチを押し込んだ感じも結構いい感じ。丸型の口金でもこういう形状できないかなー。

■この作品についての解説■256-140-po109
旧解説:10cm角型マチ底丸め

■必要な布サイズ■
外布A幅10.5cm高さ27cm
外布B幅10.cm高さ24cm
内布幅21cm高さ27cm
ダイソー10cm角型がま口口金

■型紙■
 20181027.pdf

■制作時間■
1時間30分

■完成サイズ■
幅12cm高さ10cmマチ6cm


 ---------------------------
第7回布山ダイエット(5000gスタート)

975 - 40 = 935

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  

 ↓下のアイコンをポチっとクリックしていただけるとランキングがアップして、このブログが大人気っぽくなります。上位になった結果、何かあるわけでもないのですが、今日の記事良かった!という時にコメントの代わりにでも押してもらえるとありがたいです。この応援ポチが多かった記事は褒めてくれる人が多い=この系統の記事を増やそう!という感じの判断材料として利用させてもらっています。
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら


1.裁断 
20181027a

 外布正面布で、柄に上下がある場合は、型紙の緑ラインの分が縫い代分なので、そちらでカットしてください。

20181027b

 外布のマチ布の脇に、縫いラインをメモしておくと後々楽です。

2.パーツ作り 
 
20181027c

 外布を自由に飾ります。

20181027d

 マチ布と底の合印を合わせて中表に重ねてクリップ。

20181027e

 正面布を上にする感じにし、マチ布に沿わせて配置し縫い合わせていきます。

20181027f

 皺にならないように注意しながら、上から皺を潰す感じで抑えます。引っ張らないように注意。どうしても皺が出来る場合は浅い切り込みを何か所か入れてください。

20181027g

 縫い終わったらマチ布の底の曲線部分だけ、縫い代を5mmに減らすようカットします。

20181027h

 縫い代を正面布の方に倒します。この作業の時に表に響く布の噛み方をしていたらその部分だけ縫い直しします。

20181027i

 お好みで抑えのステッチ。縫いづらいので無理はせず、難しいと感じたら省略してください。

20181027j

 反対側も同様の作業をします。

20181027k

 袋状になったら表に返し、半分に潰して正面布の中央位置に印をつけてください。

20181027l

 内布も同様に縫います。

20181027m

 切り込みを入れたい場合はこれぐらい。3mmぐらいの浅さのを1.5cm間隔で。ほんのちょっとぐらい布を噛んでも、爪でしごくと取れたりするので、あまり神経質にならない方がいいです。

20181027n

 内布は、マチと正面布の両方、底の曲線部分を5mmカットします。縫い代はマチ側に倒します。
 反対側も同様に縫い合わせます。

20181027o

 袋状になったらこちらも、中央位置に印をしておきます。

3.組み立て 

20181027p

 内布の袋に、外布の袋を入れ込みます。印をつけた中央位置を揃えてクリップ。脇もクリップ。

20181027q

 縫いはじめは、マチとの境界から1.5cmぐらいの位置から。

20181027r

 脇の印は、この作業であると便利です。

20181027s

 縫いどまりは、マチとの境界から1.5cm進んだところ。これぐらいの大きさの返し口を開けておきます。

20181027t

 脇に大き目のくさび型の切り込みを入れておきます。

20181027u

 角も少し切り落としておきます。

20181027v

 チェックを兼ねて縫い代を割ります。

20181027w

 表に返し、形を整えたら、入れ口を一周縫います。

20181027x

 ボンドを出します。口金の入っていたパッケージをトレイにすると便利。

20181027y

 つまようじの背で塗ります。紙紐はこよりをほぐして14cmを2本。
 作品に薄手の布を使った場合は紙紐は本体に縫い付けておいた方が楽ですが、オックスや綿麻の布を使った場合は、あとから入れ込んだ方が良いようです。

20181027z

 角に合わせてまず左右を入れて、それから中央を入れると角型はずれにくいです。
 両側が綺麗に入ったのをしっかり確認してください。

20181027z2

 紙紐は中央から外側に入れていくと綺麗に入ります。
 最後に、左右をかしめたら完成です。


 お疲れ様でした!

 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら