f302-040-01

 厚手の上着でも大丈夫な持ち手の長さ。オックスや綿麻ぐらいの厚みの布か、ナイロン等を使って作ると、エコバッグとしても重宝しそうです。
 ちょっと入れ口の最後の縫い目がヨタヨタしてしまいました。

f302-040-02

 こういうアーティスティックな感じのあるデザインの布がとても合います。
 写真ではこの布が水色に写っているんですが、実際は薄緑です。

 布の提供は分福さん!

 布幅は110cmで作っていますが、厳密じゃなくて100cmとかでもいいです。出来上がりの幅が減るだけなので。ただその場合、持ち手は8cm幅カット等にした方がいいかもしれません。
 布のサイズが変わっても作り方同じで作っていけるので、手持ちの布の在庫と相談して作ってみてください。

f302-040-03

 何回撮っても水色に写っちゃう。なんでだろ。


■この作品についての解説■046-040-ba012

旧解説:大き目の一枚仕立てトート

■必要な布サイズ■

外布幅110cm高さ50cm
工作用の磁石2cm2個(ダイソー)

■型紙■
なし

■制作時間■
1時間10分

■完成サイズ■

幅40cm高さ33cmマチ12cm

■製図■



 ---------------------------
第7回布山ダイエット(5000gスタート)

865 - 70 = 795

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  

 ↓下のアイコンをポチっとクリックしていただけるとランキングがアップして、このブログが大人気っぽくなります。上位になった結果、何かあるわけでもないのですが、今日の記事良かった!という時にコメントの代わりにでも押してもらえるとありがたいです。この応援ポチが多かった記事は褒めてくれる人が多い=この系統の記事を増やそう!という感じの判断材料として利用させてもらっています。
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら


1.裁断 
20181029a

 大きい布の裁断は大変なので、半分に折って作業していきます。まず布を半分に畳みます。

20181029b

 わになっている方を、10cmカットします。

20181029c

 それを開くと、中央に折り目があるので、その折り目をガイドラインとして半分にカット。これが持ち手になります。

 持ち手の畳み方は、縦半分に折り、一度開いて、その折り目に突き合わせるよいうに両辺をたたみ、最後にもう一度半分に畳みなおして作ります。

20181029d

 メイン布は45cmになるように、ミミをカットします。45cmを計るのが面倒であれば、端っこを1~2cmカットすればOKです。カットせずにそのままでもいいですが、つぶつぶの穴が出たり、ミミのプリントが大きい時は完成品になった時に見えてしまうので、ここはカットしておいた方がいいかなと思います。ほつれやすい布で、ミミに2cm幅以上の未プリント部分がないなら、ミミはカットせずにそのままでもいいです。

20181029e

 上7cmをカットします。これが口布となります。

20181029g

 口布は下1cmを折り上げておきます。

20181029f

 隠し磁石を付ける場合は、磁石の大きさにもよりますが、幅4cm高さ9cmの布を2枚用意。
 なるべく薄手が良いです。

追記:この作品では、ダイソーの工作用の2cm磁石を使用しています。コメント欄でseriaの物かのような反応がありますが、seriaの隠しマグネットはこの作り方でつける事はできません(あれはちゃんと専用の物なので、このような磁石用の布は必要ありません)。

2.パーツ作り 
 
20181029h

 磁石袋を作ります。布を半分におり、左右を縫いふさぎます。

20181029i

 磁石を入れて上を縫い押さえます。縫えるギリギリ位置を縫っておいてください。
 磁石がくっつく側に、目印をつけておきます。

20181029j

 持ち手の両端をステッチします。

20181029k

 本体にタグを飾る等します。はさみタグは下から14cm以上は上がいいでしょう。

20181029l

 本体布を外表に重ね合わせ、縫い代5mmで脇、底、脇と続けて縫います。縫い終わったら、底角の縫い代を軽くカットします。

20181029m

 縫い代を割りながら、ほつれて出た糸は抜いてしまいます。これが残っていると、完成したときに糸か脇からピコピコ出てしまったりします。

20181029n

 裏に返して、しっかり端を潰したら、1cmのところを、脇>底>脇で続けて縫います。

20181029o

 縫い代を互い違いになるようにしつつ潰し、12cmのマチを作ります。

20181029p

 口布を作ります。まずその準備として、本体の中央と口布の中央の位置を揃えて置きます。

20181029q

 布端を見て、本体の縫い目の位置から外側に1目ぐらい離れた位置に印。反対側も同様に。

20181029r

 口布2枚を、先ほど付けた印位置で縫い合わせます。折り上げた側は一度開いて、最後まで縫いきってください。

20181029s

 縫い代を割り、下の折り上げ部分も折り上げ直しておきます。

 これで必要なパーツはそろいました。

3.組み立て 

20181029u

 布が厚い時は、本体の縫い代部分をこのように斜めに切り取ってください。

20181029t

 本体中央から7cmの位置に、持ち手をそれぞれ仮止め。

20181029v

 口布を中表に重ね、ぐるっと一周縫います。

20181029x

 縫い代をしっかり割ります。

20181029w

 口布の縫い代を避けて、本体布の裏側中央に磁石袋を仮止めします。印位置を上にしてください。
 なぜこれを後付けにするかというと、最初に仮止めしてると、ミシンに磁石がくっついて縫い進めるのに面倒な事になるため、なるべく最後にしています。

20181029y

 口布をパタンと内側に畳み、入れ口を一周縫います。

20181029z

 更に下側も一周縫い、完成になります。この過程で、吊るしポケット等をつけても良いかと思います。
 余談ですがこの布の色、一番最後の写真の色が近いです。



 お疲れ様でした!

 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら