f327-146-01

 とりあえず全部の型紙で作成して、直す必要がある奴を見つけるのを優先し、残り少ない口金を無駄にしないようにしていこうかと。昨日はぺたんこだったけど今日はぷっくり。

f327-146-02

 マチが大きさのわりにすごく広いです。4cm。

f327-146-03

 小銭入れサイズなのに、汚れが目立ちそうな色で作ってしまいました。

f327-146-04

 この口金サイズの型紙では、私はこれが一番好きです。これは製図のみで型紙がなかったので、型紙を新規に作りましたが、一発で成功してよかった・・・。もはや1個も無駄にできないので。 

--------------------
 台所の排水問題解決しました(∩´∀`)∩バンザーイ

20181122a

 上から見たイメージ図です。茶色の線より奥は床下だと思ってください。
 角のジョイントは透明でした。
 床下をのぞき込んだら、この赤い印の位置、ここがいかにも詰まってそうな見た目!短い距離でカクカクしているので、水の滞留が起きやすそうな位置なので、どうもここが詰まったな、という感覚がありました。
 食洗器はエラーになっていませんでしたが、ちょっと怖かったので使用は中止していました。

 二時ちょうどに、水道屋さんが来ました。その10分ほど前に一条のメンテナンスの人がきて、シェードの交換を終えてたところで入れ違いに。お互い顔見知りだったらしく、玄関前でちょっと挨拶してた声が聞こえました。

 さっそく中に入ってみてもらいました。床下収納のところをあけて、床下を覗けるようにして下も見てもらい、おおよその見積もりをしてもらいました。最大いって2万5000円、薬剤だけで済めばもっとお安いですという事で、出張費込みで3万ぐらいを想像していたので、さっそくお願いしました。

 薬剤で済めば…という事だったけど、薬剤自体が流れ込んでいってくれないという事態が発生orz
 結構待ったけど水がほとんど動かず、最安値の夢は潰えて、ワイヤーの作業に。

 ワイヤー作業は当初順調で、「奥さんはテレビでも見ててくださいー」と言われたので、NHKを見てましたが、しばらくして、「あれ?」「くそ」「くっ」みたいな声が聞こえてくるんですよ・・・。不安になって覗きにいったら、先方も不安そうな顔をしてて・・・w

20181122b

 最初の赤いゾーンはすんなり通過。一応奥まで抜いておこうとワイヤーを通していたところ、完全とうせんぼの頑固ゾーンがあり、全くこれより先にワイヤーが進まない事態に。

 「もう少し頑張ってみます」というので様子を見てましたが、20分ほど格闘してもダメ。

 たぶんお互い、やべーこれ最悪の事態じゃん?って顔をしていたと思います・・・。

 沈黙が怖かったので思わず「悪い方の報告を聞きます!」と言いましたw
 別に、良い報告と悪い報告があるなどという選択肢はなかったのですが、なんかこう言ってしまいました。

 「とてもやばそうなゾーンがある」
 「まったくワイヤーが通らない」
 「もし通ったとしても、ワイヤー分の細いラインのみになりそう」
 「そんな穴はすぐに塞がってしまう」
 「この状態ではもう、今後の事を考えて完全リセット。配管全交換しかない・・・」

 その場合はいくらかかりますかと恐る恐る聞いたら、10万いくかいかないかぐらい。人数も一人では無理なので二人、もしくは3人で作業にかかる。幸運な事に珍しい配置で床下への入口があるので、作業自体は楽にできる、とのこと。
 最初の見積額より高くなる事に、作業の人はとにかく悔しそう。汚れに負けた自分にプライドが傷ついている風の、熱い職人がここにも一人・・・。頑固な汚れを蓄積してしまってほんとすみません。

 ああこれはもう仕方ないな、ここまできたらとことんスッキリするしかないと、承諾。相方の冬のボーナスの使い道を、私が勝手に決めた瞬間です。

 「そして最悪なのは、今やった作業で、わずかに流れていた水の通路をふさいでしまった可能性がある事です・・・」

 毒食わば皿まで!もう覚悟決めました!キリッ
 作業の手配をおねがいします!工事は何日何時頃になりますか!!

 「来週の水曜日あたりには人を揃えられると思いますので、社に戻ってスケジュールが確定次第改めて連絡をします」、という事になり、片付けをはじめました。

 最後に大盤振る舞いで大量の薬剤を投入して水を流し、一応、悪化していないかの確認をしていました。

 「あ、奥さん、多少の油汚れはマスの方に出てはいたので、一応今日の作業でどれくらい出たか確認として見ておいてもらえますか」

 勝手口のすぐそばに確認できる穴があるので、ふっと覗き込んだら、5cm角ぐらいの汚れの塊が見えました。

 「少しだけど取れたみたいですねー」

 と言う声にかぶるように、

 ボグォッ

 という謎の音が家の中からしたかと思ったら、土石流かっていうぐらい、パイプの太さそのままの水の塊が一瞬にして通過。

 !?

 作業の人も えっ? って感じで。
 どうも私は、排水の貴重な出産シーン(難産)の目撃者になってしまったみたい。
 
 そうか、生まれたのか!みたいな、じわじわとくる喜びに、俺たちやりとげたのか・・・!な雰囲気に。お互いの健闘をたたえ合って、やったやったと大喜びしましたが、落ち着いて考えたら私は何もやってませんでした。そもそも詰まらせた犯人ですしね!

 その後、何度も鍋いっぱいの水を一気に流しましたが、それはもうダイレクトに外に流れ出していきます。しかも今までずっと悩んでいた高圧洗浄用の蓋を完全に閉めても、水が流れるように。

 また何かあったら連絡ください!と爽やかに、気持ちよく作業の人には帰ってもらえました。請求書が届くのがちょっと怖いけどw10万は行かないからいっか!

 今回、一条工務店経由で依頼して良かったなと思うのは、すぐにうちの配管図面をFAXで業者さんに送ってくれていたこと。図面で配管の位置を把握してからの作業はとてもスムーズだったし、問題個所もピンポイントで分かってもらえた感じ。
 配管全とっかえになったとしても、施工した会社なので、安心だし、一条の家の構造も熟知している点、ベストな仕事をしてくれるであろうと期待できる所でしょうか。
 あと来てくれた人も、気持ちのいい人で、ベテランでしたし、なるべく安く済むようギリギリまで頑張ってくれていましたし。
 悪い点はすぐには来てもらえない事でしょうか。今すぐ来てもらわないとあかんやつ!となったら頼れないですね。でもメンテナンスだとか、緊急ではない時には良さそうです。


 もう汚れを貯めないようにしたいです。大さわぎしてほんとすんません・・・w
 油を直接流すような事はしていませんでしたが、鶏肉を茹でたゆで汁を、お湯だからいいかなーとかそのまましれっと流した事は何度もありますorz いったん冷やして油を白く固めてから水を捨てるとかにした方がいいのかもですねー。ラーメンだとか鍋の残り汁を捨てたら、そのあとしばらくお湯を流すというのも必要な作業なのかも。カレー鍋なんかも相当拭きとって洗わないといけない感じもしますね。
 どんなに気を付けても薄い膜を毎日重ねれば、嬉しくない塵も積もれば山となる状態というのを体感してしまいました。

 みんなも気を付けてね!
 引っ越してから一度もパイプクリーナー系使ってないなあと思い出した人はぜひ、この機会にやっておいてください、寒くなって油も固まりやすくなってるので、うちみたいにトドメさしちゃう日が間近に迫ってる何てこともあるかも・・・。

---------------------------
第8回布山ダイエット(5000gスタート)

4430 - 20 = 4410

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  

 ↓下のアイコンをポチっとクリックしていただけるとランキングがアップして、このブログが大人気っぽくなります。上位になった結果、何かあるわけでもないのですが、今日の記事良かった!という時にコメントの代わりにでも押してもらえるとありがたいです。この応援ポチが多かった記事は褒めてくれる人が多い=この系統の記事を増やそう!という感じの判断材料として利用させてもらっています。
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら