g045-110-01

 あまり見かけない、形状限定のお弁当袋です。内布にラミネートを使うしっかり系で当初デザインされたものですね~。今回は普通の布で作りました。丸底っていうか小判底なんですが、名称を変えずに昔のままにしています。

g045-110-02

 口布の長さを延長しましたので、デザート入りタッパを入れることも可能に。
 低い口布がお好みの方は依然のバージョンの型紙をダウンロードするか、型紙の青いラインを折って裁断してください。

g045-110-03

 持ち手を付けて、常に平らに持てるようにしてもいいかもですね。
 側面のメイン布の高さは5.5cmしかないけど、口布分があるので高さがあるお弁当箱も大丈夫です。 難点は、畳みにくくてですね・・。

g045-110-04

 内側は口布と同じにしてみました。

g045-110-05

 ダイソーの子供向けお弁当箱に合わせて作ったのですが、お箸入れが大きくて、それが入るようにしたせいで若干横長に。箸入れの存在が憎い。

 タッパをお弁当箱に使っている人向けに、ジップロックサイズだとかも展開したいなあと。


■この作品についての解説■136-110-ot027

旧解説:お弁当袋360ml容量対応サイズ

■必要な布サイズ■

外布幅41cm高さ20cm
口布幅54cm高さ25cm
内布幅41cm高さ20cm

■型紙■

20190214.pdf

■制作時間■
1時間10分

■完成サイズ■

幅18cm高さ12cmマチ12cm

■製図■

seizu201902141



---------------------------
第8回布山ダイエット(5000gスタート)

1060 - 30 = 1030

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  

 ↓下のアイコンをポチっとクリックしていただけるとランキングがアップして、このブログが大人気っぽくなります。上位になった結果、何かあるわけでもないのですが、今日の記事良かった!という時にコメントの代わりにでも押してもらえるとありがたいです。この応援ポチが多かった記事は褒めてくれる人が多い=この系統の記事を増やそう!という感じの判断材料として利用させてもらっています。
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら


1.裁断 
20190214a

 裁断します。

2.パーツ作り 
 
20190214b

 外布を心赴くまま飾ります。

20190214c

 口布はわ裁ちしたものをいったん開いて、折り目から3.5cmの位置に印をつけ、そこを縫い残しながら、2枚を中表に重ねて両脇を縫い合わせます。

20190214d

 縫い代をしっかり割ったら、折り目に沿って表に返します。

20190214f

 紐通し口を縫います。

20190214g

 脇部分はこのようにV字に縫います。

20190214h

 側面布の両脇を縫い合わせます。

20190214i

 縫い代を割ったら底布と印をあわせクリップ。

20190214j

 曲線部分に側面布を添わして、シワが出来たり突っ張ったりする部分に切込み。

20190214k

 縫い終わったら曲線部分だけ縫い代を5mmに減らし、クサビ形の切込みを少々。
 余裕があれば縫い代を割って、底側に倒してください。

20190214l

 口布を重ね入れ、粗目のミシンで、5mmぐらいの位置を仮止め縫い。

20190214m

 表に返します。

20190214n

 内布も底と縫い合わせます。直線部分に返し口を縫い残してください。


3.組み立て 

20190214o

 内布の袋に、表に返した外布を入れ込み、入れ口を1周縫います。

20190214p

 表に返して返し口を縫い閉じたら、入れ口を一周縫います。

20190214q

 内布のだぶつきが気になるようなら、左手で内布がだぶつかないように左方向に引っ張りながら、側面の底側も一周、内布ごと縫っておきます。内側にステッチのゆがみが出るのが気になる方は、脇の縫い合わせ部分だけ、1cmほど重ねて縫っておくといいかと思います。


 お疲れ様でした!

 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら