g049-140-01

 型紙が大丈夫そうなので、リメイクレシピにしました。結構長くやってますが、一向に終わらないリメイク。

g049-140-02

 ガマ口ばかりが続いてすみません!

g049-140-03

 手たれさん撮影を忘れてましたが、作ろうと思う方はダイソーやセリアの10cm角を持ってると思うので、それを開いてチェックしてください。

g049-140-04

 ポケットの説明も軽くしましたが、この辺はお好みで自由にしてください~。入れるものに応じて必要なポケットが異なると思うので。
 閉じると上が狭くなることは、忘れないようにしてくださいねー。


■この作品についての解説■269-140-po113

旧解説:マチ広10cmガマ口

■必要な布サイズ■

外布A幅22cm高さ20cm
外布B幅23cm高さ21cm
内布幅45cm高さ20cm


■型紙■
20190218.pdf


ポケットの型紙は付属していません。お好みで12cm角をご用意ください

■制作時間■
1時間

■完成サイズ■
高さ12cm 底幅10cm マチ10cm

20170404_c

 本体の作成には、全くスキルが不要なので、さくさく完成します。厚手部分もないのでミシンが貧弱でも大丈夫。短時間で出来ます。ただ量産はオススメしにくいです。材料費は必ず口金代がかかります。
 
 普段からがま口を作っていて、たまに失敗するけど完成させられるレベル推奨。ちょっと入れにくいです。
 初心者がこれがガマ口の難易度と思ったら大変なので、他のガマ口レシピで完成させたことがある人の挑戦をお待ちしております。

---------------------------
第8回布山ダイエット(5000gスタート)

870 - 60 = 810

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  

 ↓下のアイコンをポチっとクリックしていただけるとランキングがアップして、このブログが大人気っぽくなります。上位になった結果、何かあるわけでもないのですが、今日の記事良かった!という時にコメントの代わりにでも押してもらえるとありがたいです。この応援ポチが多かった記事は褒めてくれる人が多い=この系統の記事を増やそう!という感じの判断材料として利用させてもらっています。
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら


1.裁断 
20190218a

 ポケットが欲しい場合は別途、12cm角で裁断をしたパーツを用意してください。型紙が欲しければ、四角いコースターの型紙が12cm角なのでそれで・・・。

2.パーツ作り 
 
20190218b

 ポケットは外周を1cm折っておきます。

20190218c

 入れ口側を2cm反対側に折り、両端を縫います。

20190218d

 表に返してステッチ。このポケットの作り方はこちらの記事で詳しいです。

20190218e

 内布の入れ口側から4cmの位置に縫い付け。

20190218f

 本体をはぎ合わせます。

20190218g

 お好みで飾ります。

20190218h

 内布と中表に重ねて縫い合わせます。最初と最後は1cm縫わないようにすると、縫い代カットでのほつれ事故が減るので、縫い残しは推奨です。うっかり縫いきってしまっても大丈夫です。
 縫い終わったらしっかりと縫い代を割ります。

20190218i

 開きなおし、内布は内布、外布は外布で中表になるように重ね、脇を続けて一気に縫います。
 
20190218j

 この部分の縫い代をカットしておくともたつきが減ります。

20190218k

 内布の底には返し口を。2cm以上縫っておかないと、マチが縫いにくいので注意ですが、返し口が小さくなってもやっかいですので、厚手の布の時は広めに、薄手の布で作ってるときは小さめに。

20190218l

 縫い代をしっかり割ったら、つぶしてマチを縫います。

3.組み立て 

20190218m

 この作品は内側はだぶつくと、ポーチとして使いにくくなるので、外と内を合体させます。
 このようにマチとマチを揃えてください。

20190218n

 外布と内布を重ねたまま、本縫いのラインから2mmぐらい外を縫います。

20190218o

 つぶして反対側も縫います。

20190218p

 返し口から表に返します。遠くからではなく、返し口に近い部分布から引き出すとひっくり返しやすいです。
 返し口を縫い閉じますが、マチの縫い代だまりが分厚くなって、ミシンが入らないことがあるので、ミシンで縫わずに手縫いがおすすめです。

20190218q

 アイロンをかけてシワを伸ばし、形を整えたら、入れ口を一周ステッチします。トートバッグなどでは脇の縫い目あたりから縫い始めますが、ガマ口はそこが見える位置になるので、中央からの縫いはじめをお勧め。

20190218r

 中心と、中心から4.5cmのところに印をつけておきます。

20190218s

 14cmの紙紐を縫い付けます。先に紙紐を縫い付けておくと固定はしやすいのですが、入れにくかったりもしますのでお好みで。

20190218t

 手にボンドがついてて口金が汚れてますが。
 まず中心をグイっと奥まで押し込みます。縫い糸が見えなくなる感じまでは押し込まないと、他のところをいじってるときに抜けてしまうので。

20190218u

 横の印の部分をポキっと折りながら、中心→角に向けて入れます。

20190218v

 そのまま縦のラインを入れつつ、蝶番と脇を合わせます。
 反対側も同様。

20190218w

 内側はこんな感じになってたりしますが。

20190218x

 道具で押し込んでやります。

20190218y

 もう片側は縦のラインを入れて、印位置をポキっと折って入れて、最後に中央を入れるという手順で。反対側が入ってるとすんなり全体が簡単に入ります。

20190218z

 あとは脇をかしめて、乾かせば完成です。



 お疲れ様でした!

 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら