g084-109-01

 すごく簡単なつくりのものですが、意外にサイズ感が難しくて、一応これは型紙があったほうがいいかなあと、サイズを調整して作ってみました。ハンカチにもマスクにもできないような、ダブルガーゼのハギレの消費にもいいかも。ガーゼ縫いに不慣れな人のレッスン用にも。

g084-109-02

 凍らせると膨張するので、大きめに作ってみました。余白部分を折れば50gも入ります。袋の余白部分をあまり折ると、角が出来ちゃうので、凍ってるときにぶつけると、その角に穴が開くリスクがでてきそうなので、なるべく折らずに入ったほうがいいかなと思います。

g084-109-03

 左には50g、右には30gを入れてみました。両脇に遊びがありますが、縫い代があってそれがクッションになり、中でずれるわけではないので、凍結時の破損防止にはそれぐらい余裕があったほうがよさそうです。
 この袋に入れた状態で冷凍するのがいいのかなと思うのですが、凍りにくいかもしれない。。
 
 こういうカバーがあれば、ケーキを買ったときのおまけでついてきた保冷剤を見た目良く再利用できるし、結露の水滴も防げていいかもしれない。
 今後お弁当袋をプレゼントするときには、これもオマケで付けていけたらなあと思っています。

 M.Mさんがこれを作るのに程よいサイズのダブルガーゼのカットクロスを送ってくださっていたので、かなり作れそうw

 この保冷剤を3つぐらいを続けていられる帯状のものも作って、首に巻いたり、おでこに当てられるやつも作りたいなあと思っています。

-------------------------

 昨日の記事は応募受付になっていてコメントのお返事ができなかったので、質問にこちらで返答させていただきます。

〇保冷シートの押さえ金について

 私は普通の押さえ金のまま縫っています。アルミシートにネットのかかった感じのアルミシートは、普通の押さえ金で縫う事ができます。ただ、中表に重ねたときにシャリシャリと滑りますので、必ずクリップを使います。注意点はそれぐらいでしょうか。
 縫いなおしについてですが、穴は確かに残りますが、ラミネートほどは目立ちません。また内側なので見えにくいですしね。
 気を付けるべきは、縫い目があまりに細かいと、ミシン目がチケットとかのもぎりみたいになって、切れてしまう場合があるので、縫い目は2~2.5はいるかなと思います。

---------------------------
第9回布山ダイエット(5000gスタート)

4590 - 10 = 4580

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  

 ↓下のアイコンをポチっとクリックしていただけるとランキングがアップして、このブログが大人気っぽくなります。上位になった結果、何かあるわけでもないのですが、今日の記事良かった!という時にコメントの代わりにでも押してもらえるとありがたいです。この応援ポチが多かった記事は褒めてくれる人が多い=この系統の記事を増やそう!という感じの判断材料とて利用させてもらっています。
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら