g258-015-01

 簡易なデザインのカードケースをレシピにしました。このレシピもなるべく布の上下がない柄を選ぶのがおすすめですが、そういう布を選んだはずなのに、ちょうど反対のところが出てしまった・・・。

g258-015-02

 Dカンは省略OK。ポシェットトップのようにあとから持ち手を付けるとき、そのナスカンで一緒に止めてぶらさげるという感じに使えるかなという感じです。

 プラスナップの位置は、ある程度余裕を持たせておくといいかも。カードを4枚ぐらい入れてから位置決めをするといいかもしれません。

g258-015-03

 仕切りがありますが、省略できます。省略する場合は、外布の型紙で内布も裁断してください。




■この作品についての解説■387-015-po176

■必要な布サイズ■

外布幅13cm高さ34cm
内布幅13cm高さ22cm
プラスナップ1組

■型紙■
20190915.pdf


■制作時間■
30分

■完成サイズ■
幅11cm高さ7.5cm

■製図■

seizu



---------------------------

 インスタグラムで作品を掲載していただく際、#うねうねごろごろ のハッシュタグで拝見しています(*‘∀‘)もしうちのレシピで作った作品をインスタにアップされるならぜひ、このハッシュタグをつけてください。見に伺います・・・!

---------------------------
第10回布山ダイエット(5000gスタート)

4240 - 10 = 4230

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------
  

 ↓下のアイコンをポチっとクリックしていただけるとランキングがアップして、このブログが大人気っぽくなります。上位になった結果、何かあるわけでもないのですが、今日の記事良かった!という時にコメントの代わりにでも押してもらえるとありがたいです。この応援ポチが多かった記事は褒めてくれる人が多い=この系統の記事を増やそう!という感じの判断材料とて利用させてもらっています。
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら


1.裁断 
20190915a

 Dカンとかはお好みで。
20190915b

 アイロン作業の際、内布の印部分を目安に、芯を貼ります。

20190915c

 印位置に沿って蛇腹折りにします。外布は折り目なしのまっすぐのままでOK(芯を貼ったあと印は必須です)。

2.パーツ作り 
 
20190915d

 ポケット仕切りの入れ口をステッチ(省略してもいいです)。

20190915e

 外布を飾ります。
 フラップ側に近い印は、入れ口が来る部分なので、Dカンを付ける場合はその印若干下に。

20190915f

 外布と内布の直線部分を縫い合わせます。返し口として4~5cm縫い残します。

20190915g

 縫い代を割ったらこのように表に返し、しっかり押さえておきます。

20190915h

 折り目に従って内布を畳みます。

20190915i

 その上にパタンと、外布をこのようにたたみます。

20190915j

 上下をクリップ。

20190915k

 脇を揃えてクリップする際、仕切り布をちょっと引っ張って、数ミリはみ出したような感じにしてクリップ。反対側も同様に。
 仕切り布のだぶつき防止で引っ張ってますが、面倒ならそのまままっすぐ縫ってもいいです。

3.組み立て 

20190915l

 そのままぐるっと底以外を縫います。仕切り布を引っ張っているので少しつっぱった感じがしますが、縫う箇所だけまっすぐなら大丈夫。Dカンを付けた人はDカンを踏まないように注意。

20190915m

 縫い終わった後はひしゃげた感じになりますが気にせず。

20190915n

 表に響く縫い代の重なりの多い部分をカット。
 縫い代を割ったら表に返します。

20190915o

 返し口の縫いふさぎを兼ねて入れ口、フラップを一周縫います。


20190915p

 プラスナップを付けたら完成になります。



 お疲れ様でした!

 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら