h220-008-01

 お待たせしました、本日レシピと型紙の掲載になります。
 使う布でちょっとニュアンスが変わって、綿麻程度の厚みのある布に芯を貼って作ると、耳の部分がちょっと浮き上がってしまうようです。今回少し浮き上がってます。
 薄手だとあまり浮かないのですが。
 厚みのある布で、芯を貼る場合は、下側になる入れ口の切込み部分を省略して、直線裁断が良いかもしれません。
 
h220-008-02

 背面側。

h220-008-03

 裁断の際の柄の向きは、柄の向きにそろえて型紙の文字が読めるように配置して裁断すれば間違えにくいかと。


■この作品についての解説■439-008-ot091

■必要な布サイズ■

外布幅15cm高さ24cm
内布幅19cm高さ25cm

■型紙■
ねこ:20200807.pdf
くま:20200808.pdf<作例>
シンプル曲線版:20200905.pdf<作例>

■制作時間■
 40分

■完成サイズ■
幅13cm高さ9cm



---------------------------

 インスタグラムで作品を掲載していただく際、#うねうねごろごろ のハッシュタグで拝見しています(*‘∀‘)もしうちのレシピで作った作品をインスタにアップされるならぜひ、このハッシュタグをつけてください。見に伺います・・・!

■コメントのお返事について■
 本年は資格試験最後のチャレンジになるため、勉強時間の確保の関係上、コメントすべてにお返事を書かせていただくことが難しいため、試験終了まで全コメントへの返答をお休みさせていただきます。一部への単発か、まとめてのお返事をお許しください。
 コメント欄ではぜひ、読者さん同士での返信で、おしゃべりをお楽しみいただけたらと思います。
---------------------------
第12回布山ダイエット(5000gスタート)

3600 - 10 = 3590

距離マラソン(布幅110cm/20mスタート)は第12回で終了しました 
--------------------------

以下のランキングに参加してモチベーションにさせていただいております。記事が参考になった、役立った、面白かった、明日も更新してほしい!という場合は、押していただけるとありがたいです。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら

  

1.裁断 
2020080701

 芯の有無は布の厚みにもよりますが、芯を貼る場合は、貼ってからの裁断を推奨。

2020080702

 この作品では印は切込みで入れておくのがおすすめ。

2.パーツ作り 
 
2020080703

 印位置で折って、完成形のイメージで折筋を軽くつけます。

2020080704

 その折筋をガイドに、飾る場所を決めて、自由に飾ります。

2020080705

 内布と外布を中表に重ね合わせ、布端からラインの流れに沿って縫い付けていきます。

2020080706

 下書き位置を決めるのが難しい方は、メインの型紙で、角ごとに穴をあけて点を打つか、このようにカッターで切り抜いて、下書きするのもおすすめです。ぐねぐねするので厚紙じゃないと厳しいですが。

2020080707

 反対側も。

2020080708

 縫い終わったら曲線部分や谷になる部分に切込みをいれます。
 その後しっかりと縫い代を割ります。

3.組み立て 

2020080709

 表に返し、整えたらおさえのステッチをお好みで。省略可。

2020080710

 耳側もお好みで。

2020080711

 まず耳のある側から、印位置でこのように折ります。

2020080712

 続けてそれにかぶせるように、印位置で反対側も畳みます。

2020080713

 内布の左右の飛び出し部分を、6~8mmぐらいいったん折り曲げて。

2020080714

 本体にかぶせるようにして布端をくるみ、ステッチで抑えます。
【注意】
 内布だけにあるぴょこっとはみ出した部分だけでくるむので、重なった本体まで折ってはいけません。厚みがあって折りにくいと思ったら間違えてると思ってください。小さく仕上がった!という人は、本体まで折ってる可能性ありです。

2020080715

 反対側もステッチし、表に返したら完成です。


 お疲れ様でした!

 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら