7d778d35.jpg
 掃除しなきゃいけないのに、ハギレ箱をあさっては糸くずを撒き散らす人になっています。

 やりはじめると楽しいんですよね、コースター作りw すぐに完成するし。

94e14dee.jpg
 作り方は至って簡単。厚紙(100円ショップに売ってる工作用の方眼入りが便利)を、12cmでカットしたのを2枚。そのうち1枚は内側10cm角(要するに周囲1cmを残して)カット。この2枚が基本の型紙になります。
bf96f7b7.jpg
12cm角ので、裏面用の布とキルト芯をカットします。キルト芯が厚手の場合は、くりぬいた10cm角をあてて、10cm角の芯にしたほうが、ごろつかずにキレイになります。

4c5ee89a.jpg

 ハギレを適当に繋ぎまくって、12cm角以上の大きさになるようにします。これは偶然、1辺が12cmになってますが、気持ち大きめになるように。
 それにくりぬき型紙を当てて、完成のイメージ位置を決めます。レースなんかを当てる予定なら、レースも添えて。大きく剥ぎ合わせていれば、斜めに当ててもオサレ。

 ベストな位置でカットし、あとはキルト芯をくっつけて、裏用の布と中表に縫い合わせます。返し口は4cmほどで、剥ぎ合わせた箇所のない場所を選ぶと閉じやすいです。このコースターならYUWAのイチゴ柄の布の辺。

------------------

05 06 07

85979907.jpg

 ハギレが大きくて、それほど剥ぎ合わせが必要ない場合は、まずは周囲をキレイに整えて、1辺を12cmになるようにカット。更に別布も12cmになるようにカット。
 剥ぎ合わせたあと、更に12cmからはみ出す部分をカット。
 更にレースなど、好きにデコって表地の出来上がり。
 あとはキルト芯と裏用の布と組み合わせて完成です。

-------------------

485e773c.jpg
 こんな感じで、変なサイズのハギレも立派なコースターに仕立てていけますv

 キルト芯や裏用の布は、ハギレができるたびにカットして貯めておくと、小さいハギレで遊びたくなった時に即、コースターが作れて便利ですね!

 カフェマットや鍋敷きなんかも、サイズが違うだけで作り方は同じでいけます。鍋敷きはキルト芯を厚手にするか、2枚重ねた方がいいかも。

 ニットのハギレも、接着芯を貼ってから縫えば、伸びたりしないので楽々ですv

第三回布消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)
  1982 - 1 = 1981 cm

人気ブログランキングへ 新年はおニューのコースターで!

**レシピの規約**
 どなたでも自由にご利用になれますv
 特に使用報告は必要ありません。質問がありましたらコメントにどうぞv
 このレシピで作った物の販売OKです
 作り方を「自分のレシピ」としての公開だけはご遠慮ください
 ブログなどに掲載される時、ぜひリンクしてください^^
   *レシピの記事に直接リンクOKです