a8551b6e.jpg
 短時間でサクサク作れる巾着で、忙しい時期は乗り切る所存。こちらの巾着、A4の紙への製図だけで型紙が作れるシリーズの第一弾として、メモ書きしてたものをやっと形にw
 はさみタグ代わりのリボンが上過ぎてバランスが悪いですが。アイロンかけずに作ったのがバレバレな折りシワは見逃してください。急いで縫ったら歪んだので、これは自分用に・・・。柄の出方もあんまりかわいくないし。

 バザーで大量に同じ物を作らなきゃならない時とか、大人数で同じ物を作る時、型紙作りが楽だといいですよね。そういう時に楽々なレシピかと思いますので、作り方はありきたりですが、自分用のメモを兼ねて、作り方を掲載しておきますv

第三回布消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)
  532 - 1 = 531 cm

今週ノルマ●●●●★(金曜~木曜)

人気ブログランキングへ 天気悪いので写真暗いです;(´Д`;)
**レシピの規約**
 どなたでも自由にご利用になれますv
 特に使用報告は必要ありません。質問がありましたらコメントにどうぞv
 このレシピで作った物の販売OKです
 作り方を「自分のレシピ」としての公開だけはご遠慮ください
 ブログなどに掲載される時、ぜひリンクしてください^^
   *レシピの記事に直接リンクOKです

↓この巾着の作り方

a933d056.jpg
 まずはメインの型紙の作り方。A4の紙を1枚ご用意いただき、半分にカットします。半分にカットしたうちの一枚を、5cm~8cmのお好みの位置でカットしてください。
 型紙の完成です。大きい巾着を作りたい時はA3のつもりでA4の紙2枚を使い、同じようにカットしてください。小さくしたい時はB5の紙を使うとか。長方形の紙だったらなんでも良いともいえます。
*大きく作る場合は、紐通し部分の幅が広い方がいいので、多少アレンジが必要になります。それは改めて別の機会に。

c6fd2167.jpg
 型紙に合わせて布をカットします。基本の布目は縦方向ですが、こういう小物はあまり強度を問わないし、洗濯回数もそれほど多くないはずなので、柄優先でOKかと。
 裁断枚数や、わ の位置は上写真の紙メモを参照してください;

fea9e433.jpg
 外側用の布を作ります。まずは上部布と下部布を中表に合わせて、1cmの縫い代で縫い合わせてください。写真のような1枚の布状態になります。縫い代は基本的に、色の濃い布の方に倒しますが、厚い布の場合やレースを挟み込んで縫った場合は、割っても大丈夫です。

ba65ea41.jpg
 表側にレースやタグなんかを好きなようにデコります。左右端に1cmの縫い代が来る事を考慮して、タグなどは2cmほどは離して付けたほうがよろしいかと。はさみタグを付けるときは、完成のデザインがわかるように、半分に折って位置を決めましょう(今回し忘れてました)
 ボタン飾りのような立体物は縫いにくくなる事があるので、ここではつけず、完成してから付けたほうが良さそうです。

ca6b5e29.jpg
 左右端を1cmの縫い代で、端から端まで縫います。返し縫いは絶対に必要です。
 剥ぎ合わせの部分がズレるとかっこ悪いので、まずは剥ぎ合わせの位置にマチ針を止めて、ずれないようにして縫うと吉。縫い代を割って、表に返し、角もキレイに出しておきましょう。

471308b6.jpg
 内袋も中表に折り、左右端を縫いますが、入れ口側は2cmの開きを作ります。2cmのところにノッチなどで印をつけ、しっかり返し縫いをして止めておきます。
 うっかり端から端まで縫ってしまうと、ほどく事になるので注意!
 若干ですが外袋より内側気味を縫って、サイズが小さくなるようにするとだぶつきませんが、1mm2mmの話なので、気持ち程度で。

69cc6517.jpg
 縫い代を割った後、入れ口を1cm幅で折ります。一度2cmのところで折り、更に半分を折ると、キレイにそろいます。
 できればこの折りは、アイロンできっちりつけた方がいいです。一番最初に裁断したときに、折りを入れておいてもいいぐらい。

92893b49.jpg
 外袋の中に、内袋を中表にしたまま入れます。
 折った部分が重なるようになりますので、しっかりそろえてください。
 左右の縫い合わせの部分同士を合わせるとズレにくくなります。
 マチ針で止めるか、しつけをします。きっちりと入れ口の折りをつけていれば、止めなくても大丈夫なぐらい、馴染みますが、左右の縫い合わせの位置部分では、マチ針で止めていたほうが良いかと。

c1e3c81f.jpg
 そのままぐるりと折った布下端を縫い、紐通しを使って紐を通せば完成です。
 返し口のはしご縫いなど、手縫い箇所がないのでとても楽に作れます。