84c908d2.jpg

 はじめて1からの自作で作ったぬいぐるみの型紙ですが、掲載のリクエスト(?)がありましたので公開したいと思います。何せはじめてのぬいぐるみ型紙なので、プロから見たら「あららー」って事があるかも知れないですが、大目に見てくださると。一応、私が作って普通にそれっぽく出来ているので、きっと誰が作ってもそれっぽくなるはずw
 ぬいぐるみ型紙自作自体が初という事もあって、あまり洗練されておらず、製作の難易度は高めです。

873a2c0c.jpg

 ハガキサイズに印刷するデータになっています。ぬいぐるみは型を鉛筆などで書き写すので、ハガキの厚みの紙に印刷すると、定規代わりになって写しやすくもなると思います。
 A4サイズなどに拡大印刷しても、いい感じに出来上がりますので、ぜひ大きさも変えて楽しんでいただきたいレシピです。
 標準サイズは3~5mmの縫い代、A4に拡大印刷では7mm~1cmの縫い代にするなどの変更をお願いします。

 裁断だけ終わらせておけば、ちょこっと30分ぐらい何もする事がないーという時に、手縫いででも、1パーツずつ作ったりも出来るので、隙間時間が多い人にはぬいぐるみ作りっていいかもしれません。総製作時間はだいたい2~3時間です。

■この型紙を利用した作品の記事■
・拡大サイズ
・リバティうさこA
・リバティうさこB
・リバティうさこC

第三回布消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)
  199 - 1 = 198 cm

今週ノルマ●●●○(金曜~木曜)


人気ブログランキングへ 応援のおかげでランキング40台キープ中v レシピ作りのモチベーションになっています。いつもありがとうございますv

**レシピの規約**
 どなたでも自由にご利用になれますv
 特に使用報告は必要ありません。質問がありましたらコメントにどうぞv
 このレシピで作った物の販売OKです
 型紙と作り方を「自分のレシピ」としての公開だけはご遠慮ください
 ブログなどに掲載される時、ぜひリンクしてください
 しなくてもOKですがご連絡いただけたら見にいきますw
   *レシピの記事に直接リンクOKです

型紙:ハガキサイズ2枚分です「20100523.pdf」をダウンロード

材料:布(注:ダブルガーゼや、目の粗い布はほつれて縫いにくいです)
      3~5mmボタンもしくは3~5mmビーズなど4個
    頑丈な糸 目用のビーズ2粒 綿

道具:先の曲がったピンセットがあると便利

------裁断---------------------------

c41f50ef.jpg
 型紙を布にあて、型紙の指示の必要枚数を布に書き写し、カットします。

------パーツ作り・耳-------------------
 言葉での説明が難しいので、写真に直接書き込んでいます。
78497a98.jpg

------パーツ作り・手-------------------
72c49d86.jpg
------パーツ作り・足-------------------
70ced58d.jpg
------パーツ作り・頭-------------------
 頭の部分、説明が難しいのですが・・・。

39bc1294

1.頭のてっぺん布の切り込み部分を縫い合わせる(タックになる)
2.頭の左右用の布を中表に重ね、顎から鼻先に向かって縫う
3.縫い代を割る
4.頭のてっぺん布と、左右用の布の鼻先部分を中表に合わせ、頂点部分(鼻の部分)を軽く縫い合わせておきます。

e26bceae

 鼻の部分が縫い止まっている状態で、今度は後頭部の首の部分にあたる所を、中表に重なるようにして、左右布の片側ずつ、頭のてっぺん布と縫い合わせていきます。首から鼻先に向けて、左右布の曲線に頭のてっぺん布を添わせる感じです。別マチのトートバッグの、マチにあたる部分が頭のてっぺん布だと考えると、わかりやすいかと思います。

------パーツ作り・胴体-----------------

968b764c.jpg

c51bd253.jpg

補足説明と、簡易版胴体の型紙を追加しました(2011/02/10)
------組み立て------------------------
 これで必要な基本パーツが出来上がりました。組み立てながら仕上げていきます。

14f4dbdc.jpg
 頭・胴・腕・足に綿を詰めます。
 綿の量はお好みで。ただし腕と足など左右対称の部分は、同分量になるようにしてください。a5ce3406.jpg
 綿を詰めたら、腕は返し口をはしご縫いでふさぎ、他のパーツは布端から3mm程度のところから糸を渡し、写真のようにやや蓋のようにします。しなくても作れるのですが、これをしておくと後の作業が楽になります。
-----------

17a2c09a.jpg
 耳を頭に付けます。
-----------
0b796ed4.jpg
 途中工程の撮影を忘れていたというミス。足裏にアップリケするような感じになります。
------------
 頭を縫いとめます。準備段階のときに綿を押さえるために3mmぐらいの位置で糸を渡していると、それを目印にし、その糸を隠すように縦まつりで縫いとめていきます。
 頭の前後の中央位置を、胴体の中央位置にあわせるのが重要です。不安な場合は、前後左右の中央位置を、しつけ糸で仮止めしてから縫いとめてください。

5cf1b836.jpg
------------
 尻尾は頭がついてからの方が位置を決めやすいです。

7ae86a28.jpg

------------

a8524c5f.jpg

 長い針を使ってください。位置はお好みなんですが、足は座らせた時おお尻が浮かない位置に。座らせた状態になるように足を当てて、位置を決めるのが良いです。
 腕は頭に腕の上部が重ならないギリギリの位置になるようにします。

62e5713a.jpg

 こんな位置。胴体をぎゅーっと押しつぶしながら付けます。つけ終わったら胴体がぺったんこなので、お腹側からぐいぐい押して形を戻してあげてください。

-------------

32a6aed4.jpg

 首や耳の付け根など、目立ちにくい部分から針を刺して、目の位置に糸を出し、ビーズを通します。反対側に続けて出してビーズを止めます。腕同様2~3回往復し、若干引っ張り気味にします。
 糸の終わりも首か耳の付け根などに出して止めてください。

 目の位置はあらかじめ、マチ針なんかを試しに刺してみて、位置を決めて印をつけてからすると失敗が少ないかと思います。

 目は刺繍にしてもカワイイです。鼻や口などはお好みで刺してください。

 首にリボンなどを巻いて出来上がりです。お疲れ様でした!