01_3

 A4サイズのファイルが入る、縦長トートを作成しました。

4ff64e22.jpg

 PTAの集まりの際など、書類とペンケースと大学ノートだけ持っていく・・・なんて時に使えるのではないかと思います。すごく限られた用途ですがww

 右の写真は、底までA4のクリアファイルを入れた状態です。マチがありますので、厚みのある本(A5、B5サイズなら)もOKです。
 接着芯は使用せず、普段は小さく畳んで収納。

 サイズは旧バージョン型紙で横幅21cm、縦(持ち手含まず)31.5cm、マチ6cm、持ち手高さ15cmとなっております。一応、薄着なら肩にかける事も可能。

b8c5b130.jpg
 内側にはポケットが1つあります。迷子になって欲しくない小物はこういうトコへv

■旧型紙>「20100627.pdf」をダウンロード A4 3枚にプリント
■新型紙>「20121222.pdf」をダウンロード  A4 2枚にプリント

 A4の紙に印刷、かつ”わ”のない型紙にするため、A4が入ると謳いながら、超ギリギリサイズでした。新型紙の修正版では、”わ”裁ちが必要になりましたが、ちょっとだけ大きくなって、少しゆとりが出たはずです。ポケットも若干大きくなりました。

 簡単なものですが、A4のクリアファイルが入る程度のバッグを~とか、限られた用途でオファーが来た時、型紙を起こすところからしなくてもいいので、自分用にこんな型紙も、チマチマ作りためていこうかと思っています。

 作成手順の工程レシピを追記しました(2012/12/22)

第四回布消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)
  1796 - 30 = 1766 cm

今週ノルマ●●●○(金曜~木曜)

人気ブログランキングへ いつも応援アリガトウございますv

■裁断・アイロン■

8debd856.jpg

 旧型紙の説明書きにミスがありました。本体型紙は”各1枚”ではなく、”各2枚”です。混乱をお詫び申し上げます。

6f8df95d.jpg

 ポケットは上部を1.5cmで三つ折にし、左右と下は1cm折ります。

6c4fb442.jpg

 持ち手は半分に折り、一度開いて、折り目を目印にもう半分の位置で折込ます。最後に完成の形状で上からまたアイロンをかけて押さえます。

■縫製■

20fece13.jpg

 持ち手の両端をステッチし、ポケットの入れ口を縫い止めます。

bb297014.jpg

 ポケットや本体にタグやレースを飾り付けます。内側用のポケットに、ボールペンをさせるループが欲しい場合は、6cmのリボンなんかを縫い付けておくと、3色ボールペンのような太いペンでなければ大抵ささります。3色ボールペンにも対応させるなら7cmのリボンが良いと思います。

0446065e.jpg

 内側布にポケット、外側布に持ち手を縫い付けます。持ち手は5mmの縫い代で。

d02b15e1.jpg

 内側布と、外側布を中表に重ね合わせ、入れ口側を縫い合わせます。縫いあわせたら、縫い代は割ります。私はバッグの背の側に、ポケットのある内布を合わせるようにしています。

517de4e5.jpg

 できた2枚のパーツを中表にあわせます(内布は内布、外布は外布に重なるように)。
 まずは両脇をぬい合わせます。
 それぞれの底をぬい合わせます。内布側には返し口をあけておきます。縫い代は割ります。

83ab829d.jpg

 マチをぬいます。ぬい残しになってる部分を、写真のようカパっと開き、割られた縫い目の部分をずれないように合わせ、1cmの縫い代でぬい合わせます。4箇所すべてぬいます。

08f2e8ff.jpg

 表に返し、返し口を縫い閉じます。コの字閉じという手縫いでぬうと、綺麗に仕上がりますが、細かい隙間からゴミが入り込むことがあります。底に縫い代があるときは、1mmぐらいのステッチで、ミシンで縫ってしまうこともお勧めです。

 内布の袋を、外布の袋の中に入れて形を整え、入れ口を1周コバステッチすれば完成です。