61f85edb.jpg
 コットンタイムの最新号を仕入れて来ました。今号は付録が布ではないので、ビニール梱包されておらず、中が見られる状態で販売されていました。
 02_2

 今号は秋に向けてのイメージで作成しているアイテム多数で、ガーリーな路線ですね。表紙もあるリボンのバッグ等、リボンをあしらう事をテーマにしている特集。

03_2  そしてフリフリをテーマにしている特集の豪華乙女二本立て。実用的さより、かわいらしさというデザインの方に重きが置かれている感じですが、秋はオシャレのできる季節ですから、こういう手持ちのバッグを作って揃えておくのは素敵かも。

04_2   暑いこの時期に見るには、「うっ」とダメージを受けてしまいそうな毛糸のアイテムも。指編みで作るマフラー。編み方が細かく丁寧に写真で説明されているので、はじめてでも編めそうです。途中で手を離せないと思うのですが、かなり短時間で仕上がりそうです。毛糸の選び方が重要かも?

08  毛糸のものとしては、編みぐるみもv すごく丁寧に作り方が載っているので、これなら私にも編める・・・か・・・?

05  コットンタイムの連載で私が一番気に入ってる遠藤さんのパッチワークのコーナー。今回のパターンはダイヤ。作る小物はブックカバー。配色可愛いvvv これも秋っぽいですね。

11 今回は付録が久々の冊子で、そちらもパッチワークの基礎。布の選び方や組み合わせのコツなんかも書かれています。

06

07 クッションはドレも可愛いv デザインや作り方もアイデアが光るって感じですね。子供部屋に置くのにどれも良さそうです。

09

 震災の傷もまだ癒えぬ今、そしてまた地震が増えてきたところで不安ですが、今回は防災グッズの手作り品も特集になっています。こういう避難用のリュックをはじめ、寝てる時に裸足で逃げる事になった場合を想定してのルームシューズや立体マスク、両手が自由になるポケット一杯のエプロン等。作っておきたいものばかりです。

10  リックラックによるソーイングの基礎講座はタックとダーツ。このグラニー自体が可愛くていいかもv 歪んだりズレがちなタックやダーツの縫い方や、記号の見方など、今更人に聞けない基礎がしっかり。このコーナーはとっても役立ちますね。
 以前付録の冊子でもリックラックデザインの小物が連載されていましたが、それらがまとまったムックが出るみたいです。当時は型紙は200%拡大が必要でしたが、まとめ本の方は実物大の型紙かも?

------------------

 総評としては今号は、作品のデザインが人を選ぶかな、と。今号は中が見られる状態で置かれていると思うので、中をめくって自分のテイストに合うかどうか判断して購入した方がいいと思います。

 今号は小さいハギレの活用形のレシピが多かったです。ウォールポケットも可愛いし、オーナメントも可愛い。飾るだけのものなので実用度は低いですが、最後まで可愛く使い切るアイデアとしては秀逸かと。
 そういうのもあって今回は、実用度より見た目にこだわる物が多かったという印象です。

-------------------

人気ブログランキングへ