3c69823f.jpg

 最近出たらしい、新刊料理本を買いましたv グラチネ―アツアツのグラタンを召し上がれ という、表紙からしておいしそうな物が・・・。本の内容紹介を行うにあたり、写真掲載は無断転載になってしまうので、サイズを小さく、文字が読めないように加工、写真にもあえて光を当てて劣化させております。大変見辛いですが、雰囲気のみお楽しみいただき、ちゃんとした写真は実際の本でご確認ください。

 基本的に私、グラタン好き。なんでもかんでもホワイトソースにチーズ乗せればグラタンという扱いで、色んな物をグラタンにして食べてるのですが、やっぱもう少しバリエーションが欲しいと思っていたのです。寒い季節にふぅふぅしながら食べる料理は、ぜひ増やしたいレパートリー。

 この本、一見グラタン専門本に見えるのですが、タイトルになっている”グラチネ”。これはフランス語で、表面に焦げ色を付ける事を言うんだそうです。表面に焼き色をつける→グラチネする、と言い換える事も可能。

02

 よくあるマカロニグラタン、シーフードのグラタンというような物も掲載されていますが、グラチネする料理は他にも色々あるわけで、簡単なのにオーブントースターやオーブンさえ持っていれば、香ばしさも楽しめる高級風料理の出来上がり!という物も数多く。
 トマトやじゃがいもに、オイルやチーズをトッピングして焼くだけとか、手軽ではありますが、野菜を丸ごと使う物もあって、見た目も普段と違ってていい感じ!パーティメニューの1つとして活躍するようなものばかり。
 もちろん手抜き料理じゃなく、それぞれの材料に合ったチーズや、味付けが行われており、普段単調になってしまう自分のレパートリーが、広がるように思えます。

03  もちろんデザートも!チェリークラフティは初夏のアメリカンチェリーがいっぱい売られてる時期に作りたい逸品ですね。見た目も可愛いしv もちろん表面に焦げ目を付けるデザートとして有名なクリームブリュレも掲載されているし、何故かスフレまで載ってる。

 きのこのつぼ焼きは、キノコ入りシチューにパン生地を被せて焼いたロシア料理。ラザニアなんかも家で作れると嬉しいですよねー。

 グラタンといえばもう、ホワイトソースしか知らない私でしたが、トマトソースはもちろんのこと、サバイヨン、フランなどの聞きなれないソースのレシピもあり。
 またグラタンには欠かせないパン粉のアレンジとして、6種類のミックスパン粉のレシピが紹介されています。

04

 私がこの本の購入に至ったきっかけは、和のレシピがすごくおいしそうで。写真は購入を決意させた焼きおむすび風グラチネ。田楽味噌をソースにしているんですよー、絶対おいしいよねこれ。
 他にも和風ドリア、豆腐のラザニア(れんこんで作るホワイトソース!)というレシピも。日本の伝統的グラチネ料理である、ナスの田楽も載っているという。

 発行日が11/20になってるんですけど、普通に本屋さんに平積みされていました。
 オーブンは持ってるけど使ってなくて、宝の持ち腐れで勿体無いなあ、なんて思ってる方はぜひ。
 基本の材料は2名用の分量で記載されていますし、変わったチーズを使うレシピもあるので、料理全般は大人向けかと思います。結婚記念日だとか、クリスマスの恋人たちなんかなら、特別な夜のためのメニューとして、良さそうですね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら