昨日は朝から降る雨の中、えっちらおっちら外構の打ち合わせに行って来ました。10時からだったので、いつも会社に行くのと同じ時間に出なければならないという。

 足場が残ったまんまというのがわかっていたので、テンションも低いまま・・・w 寒いしもう!

 外構屋さんと丁度、同じ時間の到着になったので、さすがにこの雨では外での打ち合わせが出来ないため、家の中に入ってやりました。

 今日は電気屋さんが、最後の電気設備の設置に2名で入ってくれてました。ついに家の中のダウンライトも点灯!LEDのダウンライトって思っていたより暗いかも?落ち着きの空間ではありますが、勉強や縫い物作業には、電気スタンドが必須の予感がしました。自分の部屋は予算の都合もあって普通の蛍光灯にしたのですが、怪我の功名的な正解だったかもしれません。

5b87eac6.jpg

 やっとバルコニーが出来てましたー。雨にそぼ濡れるその姿。自分で選んでおいて何ですが、このガラス掃除、今から憂鬱になりますね。どうやって掃除すればいいんだろう・・・。
 このバルコニーは自室の部分ですが、将来の子供部屋と言いつつ、物干し竿が付けられるようになってます。理由はもちろん、布を干すため・・・。物干しは寝室の和室側にもついてます。そして和室には、室内にも干せるように、天井にフックが付けられるようにもなってたりします。
 お風呂場にも干せるので、どんだけ布を一気買いしても大丈夫・・・くっくっく。

c94e71e5.jpg
 畳もお目見え!イグサじゃないので、ふわっと香る畳の匂いはありませんが、とっても綺麗です。モダンですなあ。普通の畳より、部屋が広く見えるのも不思議。
 
 足りていなかったコンセント部分も追加されましたし、お洒落なシルバーのコンセントカバーへの交換も進んでいました。
 そして玄関にはインターフォンも設置され、電気工事の残り作業もあとわずかといった感じでした。
 まだエアコンの室外機が家の中にあったりしますが、月曜には竣工検査が入るようです。足場も、あとはもう天気さえ良ければ、あとはバラすだけらしいので、天気の回復を待ちたいと思います。

 今日は営業さんも様子を見に来て、再度引き渡し日の確認もしました。3/3午後2:00からというのは、全く揺ぎ無いそうです。終わりよければすべて良し!という事にいたしましょうか。

 ちなみに外構に手間取っていた理由ですが、どうも初期上棟組で、タイルのズレのクレームが多くついたからのようです。数ミリ単位のズレでもクレームが入ったようで、結果的にかなり神経質にタイルを貼る事になり、それでやたらと時間がかかったようです。うちはそこまでは神経質ではないので、5mmぐらいズレてても平気だったり、気づかなかったりしそうですが。1cmズレてたらさすがに、ハリセンで突っ込む準備をします。

 この寒空に、ペタペタタイルを完璧に貼るなんて、私だったら不可能なので、数ミリ単位なら全然OKですけどね。それで家が傾く訳じゃないのでw
 糸をピンと張って、1枚1枚丁寧に貼ったらしいですよ。本当にご苦労様としか言いようがない。
 あと、うちがタイル貼りの初作業だったので、やたらと手間取ったとかなんとか言ってましたが、手で貼る作業自体、なかなか着手してなかったような(最初のタイルが貼られていた部分は、工場で貼られて届けられている)・・・。タイルの生産が間に合わなかったという言い訳の方が、まだ納得できるのにw

 こんな我が家ですが、白黒のカラーリング見本として大活躍中のようで、先日見に来たお客さんは、白と黒の組み合わせに決められたそうです。
 千葉は成田展示場の影響か、オレンジタイルを使われている家が多いらしく、白黒がレアなんだとか・・・。

----------
 外構の方ですが、雨の中ではありましたが、もうレイアウト決めちゃいました。外構屋さんがポツリと、「もう今日辺りから作業に入れる算段だったんですけどね」的な事をおっしゃってて;
 今日決めても作業に入れるのは最速でも5日からになりますが、スケジュールが圧しているようなので、もうさっさと決めちゃおうかと。年度末ですしね。 
 天気が悪い日の色合いで、塀の色とか決めちゃったけど、大丈夫かなあ。

ed5662ba.jpg

 外構代のうち、ガーデン工事だけで30万ほどかかっちゃうのですが、そのうち15万は亀の生活エリアを整えるために必要なお金だったりします。亀が脱走しないような工夫と頓知の庭を造成。
 ここまで立派な住処を作ってやってるのだから、思いっきり長生きしていただかないと困りますね。

 亀が甲羅干しするための岩が欲しいので何かありませんか?と聞いたら、在庫に普通の岩なら何個かあるとの事で、サービスで2個ほど設置してくれるそうです。あと段差のキツイ部分に、階段代わりのコンクリートのブロックも1個、サービスしてくれる様子。フェンスの下に開けられる隙間も、亀が抜け出さないように、亀の厚みより低くなるよう設置してくれたり、気がつけば外構屋さんの方が、亀の事を良く考えてくれてたりも。

 もう外構屋さんには頭が上がりませんー;

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら