c6744031.jpg

 お待たせしておりました、旅行用のアクセポーチのレシピ公開です。

079d0c77.jpg

 自宅でのアクセの収納ではなく、旅先でお風呂に入るときなんかに外したアクセを、まとめて入れておくためのポーチです。

1633d510.jpg

 ネックレス2本、指輪、こまごました物、ヘアピンなどを収納できます。

 型紙の寸法のはこちらの方で公開しております。

 よりによって表裏のわかりにくい布で作っちゃって、とっても説明写真が見づらいです。
 余裕があったら撮影しなおすかもorz

 第六回消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)
 1307- 1 =1306cm 

人気ブログランキングへ 応援のポチをいただけると嬉しいですv
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら

■材料
 布 10cmファスナー  リネン紐10cmと30cm
 1cmボタン2個 くるみボタン1個 大きめボタン1個
 キルティング布(もしくはキルト芯)  レースやタグなどの飾り
 押さえ用レース10cm

■裁断

265f395c.jpg

 型紙は布の表に当ててカットする事を想定した形状になっています。
 パーツ型紙中、ミニポケットは2枚、他は各1枚を裁断します。
 本体用は外用、内側用各1枚。

■作り方
 まず、それぞれのパーツにアイロンで折り目を付けます。

197b6e11.jpg

 ファスナーポケットは1cmずつ、直線の部分二箇所を折り込みます。実際の仕上がりをイメージして折れば間違えないかな・・・。ファスナーがつく側を付き合わせるようにして確認し、ABパーツを折ってくださいね。
 この写真では、奥がファスナーポケットの大きいほうのパーツになっております。

e5025e98.jpg

 ミニポケットは入れ口側を3つ折、直線側は1cmで折り込みます。

bd74b33a.jpg

 押さえ紐は中表にあわせ、1cmの縫い代で縫い合わせたのち、縫い代を割ります。

82cf3e3c.jpg

 表に返してぺったんこにしておきます。厚み問題を回避するため、縫い代は裏側の中央になるようにします。

9e2bfa36.jpg

 指輪用の紐30cmは、こんな感じにくくっておきます。

fa458817.jpg

 ファスナーポケット、ミニポケットの1cm折った部分に、ギザギザミシンかロックミシンをかけておきます。

38824122.jpg

 ファスナーを縫い付けます。 1cm折って、ファスナーに重ねて、上から縫い付けます。普通押さえで縫えます。押さえの位置を統一すると楽チン。私は押さえを、ファスナーのレールの部分に沿わせるようにして縫ってます。

4864286b.jpg

 ABパーツを縫いつけ完了。

339d5b08.jpg
 ミニポケット2枚の、入れ口部分をステッチ。

5f6dee38.jpg

 型紙の上にファスナーポケットとミニポケットを置いて、位置を確認します。マチ針で仮留め。

eb9e0eaf.jpg

 仮止めした状態で、ロックミシンをかけて端処理をした部分を見えないように1cm折り込み、マチ針で仮止め。

2356c00a.jpg

 ファスナーポケットにミニポケットを縫い付けます。

f325eeb4.jpg

 レースを仮留め。だいたいファスナーの位置辺り。正確でなくても大丈夫です。

190b3286.jpg

 ファスナーポケットをキルティング布の上に置き、端を折りこんで縫い付けます。この時、ミニポケットはよけておきます。

42626633.jpg

 縫い付けました。 この後、ミニポケットを元の位置にパタンと倒して戻し、キルティング布にあわせて、仮止めします。レースも仮止め、ファスナーポケットもパタパタしないように仮縫いしておきます。

d7c81d31.jpg

 押さえ紐を、ファスナーポケットのパーツに1cm重なるように置きます。位置としては、本体を半分に折った中央位置に端を合わせる感じになります。2mmほど中央から外側位置にずらすと、布の厚みに対応できるので、ぴったりあわせるよりは、2mmほど外側がお勧め。

347178ab.jpg

 押さえ紐は青いラインを縫います。縫っていない反対側は、軽く仮止めして置いてください。
 ついでにレース紐の、ポケットから4cmの位置に、ネックレスからまり防止用の仕切りステッチを入れておきます。

3c86d7f5.jpg

 上側のミニポケットも、ロックミシンをかけた直線部分を折りこんで、縫い付けます。

1fb03926.jpg

 指輪用紐の仮止めをします。位置は押さえ紐とポケットの間なら何処でもいい感じ。その位置にあわせ、ボタンをつけます。ネックレス用のボタン位置は写真のとおり。ボタンじゃなく、フックのようなものをつけたり、紐を輪にしてつけておいても便利です。

95266f18.jpg

 本体表を好きに飾ります。 ボタン紐10cmも半分に折って仮止め。

434d064e.jpg

 本体表と、内側のキルティング布を中表に合わせ、返し口を残して外周を縫います。

7a22015b.jpg
 返し口の位置はだいたいここ!

 曲線部分の縫い代を少しカットしてから表に返し、返し口をコの字閉じ。

 ボタンをつけて、完成です。お疲れ様でした。