9e5f4a48.jpg
 やっと巾着のレシピを作りました。布あわせのガイドバリエを作るのはちょっと難しかったので、今回は型紙と作り方のみで。

111f8d42.jpg
 以前も書きましたが、シーチングなどの薄手の生地向けです。

000ccf97.jpg

 完成サイズは高さ16cm 幅13cm マチなしです。

 AということはBもあるのか!?という感じですが、現在は作ろうかな?という構想段階です。 

第六回消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)
 833 - 1 =832m 

人気ブログランキングへ そろそろ秋の気配?残暑厳しいけど・・・
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら

型紙:A4用紙2枚プリントします 「20120916.pdf」をダウンロード

04bccb91.jpg

bb9c01ce.jpg

 外布に綿麻以上の厚みの布を使う場合は、外布用の型紙の入れ口側の1cm折込用縫い代はカットしてください(2012/12追記)
 切りっぱなしにするバージョンの外布型紙はこちら上下切り替えの型紙を新規追加しています。
「20121211.pdf」をダウンロード

■材料
 布 タグやレース 紐40cmを2本

■裁断

cf657275.jpg

 布あわせは内布も考慮します。布あわせのコツとしては、何かテーマを1つ決めておけば、失敗は少ないかなあとおもいます。今回のコレはピンクがメインです。

■パーツ作り

71ef841c.jpg
 はぎ合わせたり、レースをつけたりタグをつけたり。縫い代は割る感じですが、薄手すぎて透ける場合は、濃い色の側に倒します。
 タグは気持ち中央より下寄りのほうが、絞った時の影響を受けなくて良いのではないかと。

■縫製

8c15739e.jpg
 仕上がった外布2枚を中表にあわせ、入れ口側を除く部分をぐるっと縫います。

ab37803f.jpg
 曲線部分の縫い代を少しカットして、縫い代を割り、表に返しておきます。

2dd64635.jpg
 内布のほうも縫います。返し口は必要ありません。注意点としては、端から端ではなく、縫いどまりの印の位置から印の位置まで、という感じです。

 曲線部分の縫い代を少しカットして、しっかり縫い代を割ります。縫い代は端の縫っていない部分も割り線に合わせて折ります。

422a211a.jpg
 外布の入れ口を1cm内側に折りこみます。爪アイロンでもかまいませんが、出来ればアイロンできっちりかっちり。

4b8618ab.jpg
 内布側も折ります。まずは縫いどまりのラインでしっかり折り目をつけ、1cm巻き込むように折る感じ。脇縫いの縫い代はしっかり割って。

4b130b7b.jpg
 外布の袋の中に、内布の袋を入れます。縫いどまりのラインで折った線が、外布の端に合うようにあわせます。両脇もずれないように注意。

516ff3ac.jpg
 お勧めはクリップを使うこと。マチ針でも大丈夫ですが、小さい物なので少し針だと、手に刺さる可能性が。

fca77fde.jpg
 入れ口が小さい物は内側から縫ったほうが縫いやすかったりしますが、だぶつきが出来て、別の意味で難しくなったりもしますので、どちらから縫うかはお好みで。この時クリップだと、ひっくり返してもにくいのでお勧めです。

a8e618b9.jpg
 端っこをぐるりと押さえステッチをします。
 あとは紐を通したら完成です。