7d6bde15.jpg

 最近ずっと時間の記録をしていて、掃除にかかる時間が結構な割合を占めているのが最近の悩みでした。なまじ白い建具なので、汚れが目立つんですよね・・・。

0a3c9972.jpg

 で、掃除を思いついた時にぱぱっと出来るよう、あちこちに布巾を置いてあったのですが、それはそれでみすぼらしくて;

91610c09.jpg

 内側がタオルという、お掃除うさこを作ってみました。

5e165615.jpg
 こういうところに置いておきます。チラ見えてもあまり気にならない?いや・・・逆に不気味に目立つか・・・?www

55f5aaf2.jpg

 気になる埃箇所が見つかったら、ぱっとひっくり返して手を入れ、ブラインド掃除もほらこの通り!

12026b42.jpg

 耳が紐なのは、こういう風に引っ掛けておけるように(ちょっとかわいそう?)。

108c01cc.jpg

 気になったらぱぱっと埃を拭いて、ひっくり返してウサギを表にしておけば、汚れたタオル部分も見えなくなりますし。乾拭き用で、そんなに頻繁に洗う事はないかな、と?週に1回ぐらいまとめて洗濯機にでも突っ込めばいいだろう、そんな感じです。

第六回消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)
 724 - 4 =720m 

人気ブログランキングへ いつも応援ポチありがとうございます!
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら

■タオルをカットします

c704a94f.jpg

 こういう挨拶でいただく、薄いタオルは乾きやすくてお勧め。耳にあたる両端を切り落としてから、4等分にカットします。このうちの1枚を使います。
 タオルをカットすると小さい糸くずが出るので、切った後はロックミシンなどで端を始末しておいたほうが、糸くずストレスは軽減されるかなあと。そのままでも平気ですが。

■タオルを縫います

40e419be.jpg

 タオルをこんな風に折りまして、返し口をあけて縫います。返し口側はタオルの布端になるので、ほつれる心配がなくてお勧め。ちょっと写真では返し口が上の方になってますが、下のほうです、すみませんw
 その後、マチが4cm作るように縫っておきます。

■表を作ります
 はぎ合わせのないべたーっとした1枚もので作る場合は、幅17.5cm高さ22cmの布を2枚用意します。
 サンプルのようにパッチにする場合は、幅17.5cm、高さ18cmの布を2枚、7cm角のハギレを6枚用意してください。

0ccc11c5.jpg
 パッチをします。ここのみ、縫い代は6mmから7mmで剥ぎ合わせてください。

58161cf7.jpg
 大きい布との剥ぎ合わせは、1cmの縫い代で。

7fc06ac5.jpg
 顔をつけます。刺繍をしてみましたが、ボタンで作ってもいいし、布にかけるペンで書いちゃってもいいし、スタンプで作っても良いのではないかと。
 レースを飾ったり、タグをつけたり、お好きに飾ってください。

67a2f97b.jpg
 耳は34cmの紐かリボンを、こんな感じで折って作ります。

d5fa6f03.jpg

この状態で本体の中央に重ね、仮止めします。

fe4bb15e.jpg
 2枚を中表にして合わせ、下側のみあけて、3辺を1cmの縫い代でぐるっと縫います。
 その後、上側に4cmのマチを作ります。

3ce84b3e.jpg
 タオルの袋と中表になるように重ね合わせ、ぐるっと縫い終えたら、返し口から表にして、返し口を縫い閉じ、入れ口の押さえステッチをしたら完成となります。

 ウサギにしない場合はマチなしで、平らに作るといいと思います。動物にする場合は真四角だと変だったのでマチをつけたという感じなので。