1129b0db.jpg

 亀の池を掃除してたら近所の人に「お久しぶりですねえ」とつかまってしまい、おしゃべり1時間の刑に処せられていて更新が遅れました!

 いただきものの可愛いエチノの布を使って、小さい手提げバッグを作りました。今回は型紙をあらかじめ作らず、布の分量やとりたい柄から逆算するような形で作成。

 前回の55*50で作るセットを試作しようとして気づいたのですが、型紙を用意し、目的の物を作ろうとして、絶妙な布あわせの布を選んでも、型紙を当ててみたら目的の物が作れる量がない!という事が多々。
 どれも微妙に使っていたりして、妙に足りないんですよねーw

 こういう事って多くないですか?もう、「コレを作る!」と決めて布を買ってきていない限り、あるある!って感じだと思うのですが。

 それだったら布の量を見て、作る物を決め、デザインを考えた方がいいんじゃないかな!と思い至った次第です。

9e09d3f4.jpg

 レシピとはちょっと違うのですが、こういう考え方で作っていくというのがわかれば、誰でもぱぱっと冷蔵庫の残り物で夕食メニューが!見たいな事が、布でも出来るのではないかと思ってみたりも。

cadcf06a.jpg

 ちゃんとポケットもついてる。

 続きに、この完成形に至るまでの、何を考えて作ったかの行程を軽く。

第7回消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)
 1839 - 50 = 1789cm

人気ブログランキングへ いつも応援ポチありがとうございます!
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら

40a7157f.jpg

 こういう布を頂いておりました。幅32cm、高さ50cmです。柄がとっても可愛い。この柄を生かすというのが一番重要になるかと思います。
 とりあえず大柄なので、大物を1点作りたいところ。まずは手提げトートを作る事に。
 使いたいのは鹿柄のところとフクロウが入っている部分。

01a5c000.jpg
 まずは布の端っこ側のフクロウを、縫い代をつけるイメージでカット。17cmの高さになりました。

9dcd82b8.jpg
 その17cmにあわせて、鹿の部分もカット。今回はこちらを利用することに。残りはまた別途利用!

d552fa36.jpg
 確定した上部用のサイズが32*17なので、ボトム部分になる部分の大きさも幅32cmで考えます。高さは(上部サイズ-4)+(上部サイズ-4)+マチにしたい大きさって所でしょうか。今回は選んだ布の残量のこともあって33cmです。

 持ち手はだいたい一律で、幅6cm、高さ30cmぐらいで作れば、大抵のトートバッグに対応できるかと。今回は選んだ布の残量的に、余すことなく使えるように30cmより長めにしました。

 内布は、外布の高さの総量からはぎ合わせの縫い代分を抜いた高さになります。今回の場合だと(17+17+33)-4=63。布幅32、高さ63でカットすればOK。余った布で適当にポケットもつけました。ちなみに布の高さが50cm買いでは足りなかったので、布目を横にするという暴挙で裁断しております。本当は内布で使った布は横ストライプではなく縦ストライプの柄w

cb9d395b.jpg
 外布をカットした物を型紙代わりに、接着芯もカットw

17603eb1.jpg
 あとは小さな手提げバッグと同じ工程で仕上げて完成!