e8d2868d.jpg
 工程撮影用に作成しました。 撮影のことばかり考えていて、柄の模様の向きを意識して注意するの忘れてましたorz
 上側の布、左右逆ですー; レースの向きが、その名残・・・w 最後の完成撮影まで気づかなかったんですよねー。うっかりー。

9c6bf969.jpg

 裏側。 アイロンかけるのにぺたーってさせてますけど、マチにあわせてカクカクになるようにアイロンをかけても可愛いはず。

7a9fb440.jpg

 内側は補色にしてみました。

第7回消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)
 554 - 1 = 553cm

人気ブログランキングへ いつも応援ポチありがとうございます!

 裁断後、本体外布側に接着芯を貼っておきます。普通厚かやや厚手が良いかと。使っている布が帆布とかならば不要になります。

659db25e.jpg

 タブを作ります。ぺけぺけ半分線にあわせて折り込んで、両端をステッチ、更に半分に折る。これはリボンや綿テープで代用OKです。

4e937bd9.jpg

 外布を自由に飾ります。レースをつけたりタグを付けたり。タグは縫い代が1cm必要という事を忘れずに、位置に注意。

953be6f8.jpg
 ファスナーを付けていきます。ポーチと違って、端っこは折る必要はありません。ベターっと中表になる事と、向きにだけ気をつけて、しつけをします。

a9394b6a.jpg

 内布を重ねますー。内布側、外布側のどっちを上にしてもいいですが、芯を貼った布の方が伸びづらいので、外布を上にして縫った方が縫いやすいかと思います。ミシンの押さえはファスナー用を使いましょう。

13337c25.jpg
 爪アイロンでしっかりと押さえて、ステッチ。2ad570f5.jpg
 もう方側も同じ手順で。あー・・・ここで柄向き間違っていることに気づいてればなあw

4466a2f7.jpg
 ファスナーのはしっこが広がらないように軽く仮留めをして、それからタブ布を重ねて、布端から5mmぐらいの位置を仮縫いしておきます。

4490242c.jpg
 下部用の布を中表になるように重ねます。
721a4b25.jpg
 内布をちょっと避けまして、外布部分だけ、図の位置を6~7cm縫います。返し縫いは必要ありません。内布を避けずにそのまま縫い付けちゃっても大丈夫です(返し口になる部位なので、返し口を閉じる時に糸が見えないように閉じることになるかな?ぐらい)。

0eb76782.jpg
 ひっくり返して、内布の底部布を重ねます。

15631fba.jpg

 内布もすべて重ねて、ひっくり返して外布を上にし、図のようにまだ縫ってない部分を縫います。先に縫った箇所に3mmほど重ねて、返し縫いをして縫い止めます。

046ab32c.jpg
 ひっくり返して内布を見ると、内布側には返し口用の隙間があきます。

570c8929.jpg
 残った側は、外布も内布も全て重ねて(合計4枚重なってます)、端っこをズダーっと縫いきってしまいます。

7afc41d5.jpg
 マチを作ります。作ります、っていっても、写真のように中央にあわせて折って、布端から1cmのところを縫いとめます。布が厚手の場合はコレが出来ませんので、マチなしのペタンコペンケースとして仕上げられることをお勧めします。
 結構分厚くなるので、ゆっくり縫います。両側、同じように縫います。

9eb3265b.jpg
 縫い代の両角を斜めにカットし、最後に直線部分を3mm~5mm残して縫い代をカットします。

 返し口から表に返します。返し口が狭いと、ひっくり返しにくくなりますが、引っ張るよりも押し出すイメージで返すと、返しやすいです。

 表になったら返し口を縫いとめて完成です。