B076106

 トートバッグの工程が決まったので、レシピ公開したいと思います。これまた撮影の難しい見づらい布を選んでしまってますが・・・。

 布は100cm以上の幅で50cm購入しておけば、あとは40cm幅12cm高さの底用の布を追加すれば、作成できます。

 一枚仕立てなので畳むとかさばらず小さくなり、エコバッグとしても使えると思います。

 完成サイズは持ち手含まず、高さ33cm、横入れ口側37cm、マチ10cmが大体のし上がりの大きさになります。大学ノートなどもすっぽり入りますので、通学やPTA活動にも便利かもしれません。

 持ち手も長いので肩にらくらくかけられます。

cb8bb3b4.jpg

 この布はT様ご提供のものです。黒地に見えますが、実際は少しこげ茶っぽい感じです。

 これを作る布は、あまり厚手だと針が進まないので、綿麻などの中厚手を限界として考えてください。

■必要な布
本体布 縦40×横40 2枚
口布 縦10×横40 2枚
持ち手 縦50×横10 2枚
底布 縦12×横40 1枚

■完成サイズ(持ち手含まず)
高さ33cm、横入れ口側37cm、マチ10cm

 製作にかかる時間は、裁断含め3時間ほどです。

■印刷製図 「20151104.pdf」をダウンロード

■表紙用 「toppag106.pdf」をダウンロード

第8回消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)
 1830 - 50 = 1780cm

人気ブログランキングへ いつも応援ポチありがとうございます!

f2426f2f.jpg

 サイズ通りに裁断します。口布や持ち手を別布にしても可愛いです。
 布目を揃えるために裁断したら、50cm買いした布がちょっと足りなくなる事がありますが、口布の高さは正確でなくてもいいので、まずは本体の部分をカットして、残り部分を口布にするという感じにしてください。

8141334c.jpg

 アイロンで折り目をつける作業をします。
 底布は上下の端を1cm折りこみます。
 持ち手は半分に折り目をつけ、両端をその折り目に合わせるように折りこんで、半分に畳みます(布端が見えないところになるように)。
 口布は下側を1cm折りこみます。

1ba81043.jpg

 持ち手を縫います。私は両端を縫っていますが、片側だけでも大丈夫です。

c362c0ea.jpg

 口布部分に飾りやタグをつけたい場合は、今の段階でつけておきます。

9bc53c31.jpg

 本体布を2枚、外表に重ね合わせ、1cmの縫い代で縫い合わせます。縫い代は割りますが、布が薄手の場合は片側に倒し、押さえのステッチを入れてください。

28587db1.jpg

 縫い代を隠すように、底布の中心と、本体布の縫い目を合わせるようにして乗せて、マチ針で仮止めし、底布の両端を縫い、本体に縫い付けてください。

915612f2.jpg

 本体布をひっくり返し、裏面側に、中央から左右それぞれ7cmのところに印をつけ、持ち手を仮止めします。

ffadf8a1.jpg

 その上に重ねるように、口布を乗せます。
 1cmの縫い代で縫い合わせます。縫い代は一度割っておきます。

d71ef05a.jpg

 口布をめくって、ぺろーんと表側に持ってきます。しっかりと押さえます。

f39c42b8.jpg

 口布を縫いとめます。その際、レースやパイピングテープ、別布やリボンをはさむと、1枚布でも変化が出て可愛いと思います。

ba94a727.jpg

 出来上がりのイメージで、外側を表にし、両端を5mm幅で縫います。

4022ec1c.jpg

 ひっくり返し、布端から1cmのところを縫います。部分的に布が厚くなっているところがあるので、注意しながら縫います。

a21da5f0.jpg

 10cmのマチを縫い、表に返して完成です。マチを縫うとき、袋縫いした脇の縫い代部分が分厚いので注意してください。