d6a4644c.jpg

 デコレクションズさんの布をまた使ってしまいました。今回ちょっと秋色で作ってしまいましたが、先日手持ちの布のラミネート版を入手したので、それを使ってみたくて。

b59d4371.jpg

 底はこんな感じの円形で、縫いにくそうですが結構縫いやすいです。300mlペットボトルの曲線縫いの前に、これで練習するといいかも。

018e7d8f.jpg

 こちらダイソーで売られている360mlのお弁当箱を基本にしました。お箸が長くて、それが入るように作ったため、実際は400mlぐらいのお弁当箱でも入るのではないかと。
 型紙を印刷して、キルト芯用の型紙にお弁当箱を乗せてみたら、完成サイズで入るかどうかチェックできるかと思います。

4875603c.jpg

 巾着部分は普通の布帛なのですが、この本体の底と側面は、同じ柄の布のラミネート版を使いました!こういう使い方が出来るのっていいですよね。
 確かリバティとかも、こういう商品展開をしていたので、布帛とラミネートで同柄を買っておくと面白いかも。
 ラミネートだからといって、押さえを変えたり特別なことをせず、普通の布と同じ用に縫いましたが、まったく違和感なく縫えました。

d0670d6f.jpg

 今回のこのお弁当袋は、横から見たら平らになるように、巾着部分の布が余らないように作っていますが、ご覧の通り、若干入れ口が開いてしまいます。これは縦と横の、口布の長さが同じになってるせいで起こります。本当なら両脇側の方が理論上は長くないといけないんですよね。でもそうすると口布が曲線という超難易度。
 だからと言って横幅に合わせて長くすると、縦の布が余り始めるという。

 でもこれを作った後、キツキツギリギリなのも良くないと判断し、公開する型紙では本体と口布の高さを若干延長しました。なので、この完成品の写真より、口布の長さは多少多目になりますので、写真を参考にする際はご注意下さいm(__)m

■製図■21dbae82.jpg

bad4c56f.jpg

 本体布は27cm幅、高さ7.5cm、口布は27cm幅、高さ9.5cmで、上辺は”わ”裁断になります。
 底は14cm幅、高さ20cmです。円部分は直径14cmの半円で。

■型紙■

「20140522.pdf」をダウンロード

第8回消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)

 1620 - 10 = 1610cm

人気ブログランキングへ いつも応援ポチありがとうございます!

 さて クッキー開けてみようかな! 三└(┐卍^o^)卍

5d4a247d.jpg

 裁断します。芯を貼ったりとかもここで!写真でばれるかもしれませんが、この撮影をするとき、口布の裁断をミスってしまって1cm足りてませんw この後、裁断しなおしました。

655d7027.jpg

 本体表を飾ります。

bcd51d9a.jpg

 口布を作っていきます。
 まずは2枚を中表にあわせ、中心の方を開けるように、脇縫いをそれぞれの上下を縫いどまりまで。これは写真を見ていただいたほうがわかりやすいかと。赤い線の部分を縫います。

8158389c.jpg

 そしてそれを表に返し、半分に折りこみます。

8c2cfcd3.jpg

 そして縫うのですが、ちょっと写真ではわかりにくいかも?普段巾着を作られている方ならイメージできると思いますが、脇の開き部分の押さえステッチをし、そのまま紐通しの方を作っていく感じです。

ee681136.jpg

 完成するとこうなります。これは以前、巾着タイプのものを作った時に、口布が1枚仕立てなのが残念とコメントがあったので、それを踏まえて布端の始末が必要ないようにしました。自分的にナイスアイデア!と思ったのですが、もしかしたらけっこうありふれてる作り方かも?

24f8cfe2.jpg

 本体の外布、内布それぞれを中表にあわせ、両端を縫います。

5aa84b97.jpg

 印を参考にしつつ、底布にクリップで仮留め。しつけとかは特にいらないです。縫い始めは直線部分から。あと内布側を縫う際は、一箇所直線部分を返し口として開けておいてください。注意点としては、この段階で布の上下をうっかり間違える事があるので、底が本体の柄の下側になってるか、一度チェックを!

699427e8.jpg

 そして縫うのですが、一気に全部に切り込みを入れるのではなく、仮留めのクリップとクリップの間を、縫いたい辺に到達したら5mmほどの切り込みを1cm置きに入れる感じで。引っ張らず、真上から抑えてつぶす感じにすると、曲線に布端が沿ってくれます。

2c09b1c5.jpg

 外布、内布の両方を同じように作ります。縫い終わったら縫い代の処理なのですが、楔のような三角切り込みを入れてもいいし、縫い代を3~5mmまで減らすようにカットしてもOKです。ただしほつれやすい布は、三角切り込みを推奨!ラミネート布も三角切り込みを入れて、底側の方に縫い代を倒した方が出来上がりは綺麗です。今作は不精して、縫い代を短くカットしましたが;

af2f596b.jpg

 外布を表に返し、外布本体に、口布を仮留めします。口布の方が長いので、少し違和感があると思いますが、ぐるーっと1周、5mmぐらいの位置を荒く縫います。

4d222333.jpg

 それを内布で作った袋の中にスポっと入れ、入れ口側をぐるっと1cmの縫い代で縫い付けます。口布がかさばって邪魔ですが、布端が合うようにぐいぐい押し込みます。

9ccf40ef.jpg

 表に返し、押さえのステッチを。これは省略してもOKです。

 後は64~66cmの紐を2本用意し、通して完成です。

 高さを増やすアレンジはとても簡単なので(本体の高さを増やすだけ)、お使いのお弁当箱に合わせてアレンジしていただけたらと思います。
 2段物で、食べ終わったら1段に出来るような物に対応するなら、口布の方を長くしても良いかも。