今日の更新は、カウプレの発表だけになってしまうので、11/6に帰省の際に訪れた、八十八箇所めぐりの続きの記録を記載しておきたいと思います。

 前回11番、金剛山藤井寺(こんごうざんふじいでら)を訪れたのが2011年の春で、ずいぶん帰省していなかったんだなあという感じですが。

 今回は徳島で一番の難所といわれる、12番焼山寺(しょうさんじ)を訪れました。
 距離も遠いのですが、山の上の方にグイグイ登っていかねばならないので、歩き遍路の方にはかなり大変な場所です。

14bd167c.jpg

 車で行く場合も、舗装されているとはいえ細い道路、ガードレールなし、下はこんな急勾配のほぼ絶壁という、ちょっと運転に慣れてないと、スリル満点ですね。
 「水曜どうでしょう」がお好きな方なら、四国遍路のシリーズで「落ちたら死ぬ」と、テロップが出ていた場所だといえば、おわかりいただけるのではないかと。

aa41afb4.jpg

 駐車場もありますが、ここから少し、歩かねばなりません。道は綺麗に整備されていますが、車椅子の人はちょっと辛いかも?

aa82e1c5.jpg

 駐車場から、お寺の方へ足を向けると、いきなりこちらが、ドンっと鎮座しております。

4150f39e.jpg

 お寺までの道のりには、奉納されたたくさんの像が統一性なく並んでおります。隙間があれば、置いてあるって感じなんですけど;

a941f0f9.jpg

 飽きないぐらい並んでおりますが、雨上がりの秋のこの季節、ガンタロウちゃんが道に大量に。ガンタロウって何かわかりますかね; 地元ではそう呼ぶのですが、正式な名称はわからないのです。 見た目がグロイので写真は撮ってないのですが、ぶっとい七色に輝く巨大ミミズと言えば、見当を付けていただけるでしょうか。あれが、足の踏み場もないぐらいに、地面をウネウネウネウネウネ。迂闊に上を向いて歩こう物なら、踏んじゃう的な

 途中で写真を撮るのは諦めて、地面ばかり見てました・・・w

a6aef0e9.jpg

 でも、余所見をしまくりたい場所です。欄干部分に、所々気ままに動物の像もチラホラ置かれていて、これが何か可愛くて、見つけられるとちょっと嬉しい。

0d0e8974.jpg

 この動物たちも脈絡がない気がします。何かテーマが決まっているのでしょうか?カタツムリとかカエルとかウサギもあったのですが。
 境内には牛もあったな・・・大型犬ぐらいのサイズのやつが。

ccacf11c.jpg

 杉並木がとても綺麗なところです。杉がどれも立派。

6f5dd63f.jpg

 お寺の建物はしっとりしていて良い感じ。
 それにしても、何故あちこちに菊の御紋なのかしらと。
 気になったのでちょっと調べてみたところ、鎌倉時代に後醍醐天皇の勅願所になったからのようですね。

77e419a1.jpg

 気になるといえば、この童子の像も・・・。

c999f4e0.jpg

 寛いでるのもいるし・・・。

1ca36936.jpg

 仲の良さそうな二人もいるし・・・。

f5b9bc6c.jpg

 その2人を遠くから、こんな表情で見つめてるやつもいる。
 これら、物陰とか分りづらいところにいますので、気をつけて見ないと見逃すかも。

3e68b490.jpg

 でもやはりここで堪能したいのは、杉かも。なんだか見ていると、気持ちがスッキリするような、綺麗な杉なんですよねー。

5d0fcc7c.jpg

 空気もとっても綺麗だし、なかなか良いところでした。

621f7d4b.jpg

 続けて第13番札所 大栗山 花蔵院 大日寺(おおぐりざん けぞういん だいにちじ)。
 ここはねー・・・うーん・・・。韓国から来た人には嬉しい場所かもですね。住職さんが韓国からお嫁に来られた方で、旦那さんが亡くなった後、そのまま継いで住職になられたとの事で。
 韓国人に乗っ取られた的な印象もあるせいか、最近の嫌韓ムードも相まって嫌がらせをされる事もあるとかないとか。韓国と日本の友好のために、住職さんは尽力して、色々と催しをお寺でしているみたいなのですが。

e878fe91.jpg

 その催しの看板を、柱に直接つけちゃってるのが、なんだか惜しい。こういうのを嫌う人もいますからねー。

c9c7e469.jpg

 この日は綺麗な満月だったので、車の中からパチリ。

 焼山寺に行くのにすごく時間がかかったので、今回はこの2箇所のみでした。このペースで88箇所すべて、一生のうちで終わるだろうか・・・?w 母が元気なうちに、全部まわってみたい気もしてるのですが。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら