d1f279f5.jpg

 試験後にアップできるようにしたかったのですが、リクエストが多いと早くしないといけないと気になって、勉強や他の事に手がつかず、後回しにするのは逆効果に思えてきたので、先にアップしてスッキリしたいと思います;

5b5b76f9.jpg

 キャラメルポーチの名前の由来は、キャラメル包みのような感じになるからですよね。

4066e79a.jpg

 

 名づけた人に心からの敬意を表したいです。これ以外の名前、もう絶対に思いつかない。

■型紙■

「20150221.pdf」をダウンロード

■製図■

029872ca.jpg

第9回消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)

780 - 10 = 770

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら

1a394966.jpg

 それぞれ型紙に従って裁断。24cmファスナーと、ファスナーのタブとして2cm幅のリボン6cmを2本、持ち手としてアクリルテープを23cm2本をご用意ください。
 作成した感じ、外布の方にキルト芯を貼るのが綺麗に仕上がったので、そちらを推奨したいと思います。キルト芯の型紙は印刷データには含んでおりませんので、もう1セット印刷し、点線部分でカットした型紙を、キルト芯用の型紙としてご利用ください。

988ba951.jpg

 ファスナー側用の外布に、ファスナーを中表になるように重ね、しつけをします。この際、ファスナーの端を布に合わせるのではなく、ファスナーの中心を布の中心にあわせるというように、中心を基準にしてください。そうする事で、もう片方を縫うときにずれるというのが防げます。はしっこの三角折は必要なく、そのままベターっと縫い付けてください。

d87cbcdc.jpg

 ファスナー側用の内布を中表に、ファスナーをサンドイッチするようにして縫います。端から端まで!

0e16190f.jpg

 縫い終わったら、縫い代をしっかり割って、表に返し、押さえのステッチを入れておきます。

533d518c.jpg

 反対側も同じように、しつけをして。

9349a602.jpg

 まったく同じ手順です。これでファスナー付けは終わりました。

f2a84528.jpg

 ファスナーの端に、半分に折ったリボンをタブとして仮止めします。

520e92ca.jpg

 外布本体を作ります。まずはサイドの布にレースやタグを飾ります。飾り終えたら、底用の布とそれぞれ縫い合わせ、この形に。
 持ち手の仮止めもしておきます。位置は中央から4cmのところに合わせて。

eb3996c9.jpg

 ファスナー側の布と合わせていきます。外布と外布を中表にあわせ、縫い合わせます。

59903ab7.jpg

 内布はこんな感じにめくって、一緒に縫い付けないように気をつけてください。

a3e25c67.jpg

 
 もう片方も縫うとこんな感じに。同じような手順で、内布も縫い合わせます。その際、どちらかの辺に6cmほどの返し口を縫い残してください

34f2dd02.jpg
 

 内布を縫い付けるとこんな感じに。縫い終わったらそれぞれの布の底中心になる部分に印をつけてください。両側。

af0926ca.jpg

 両サイドを押し込んでジャバラ折りに。中心点の印の位置に合うように・・・。

dfeeea47.jpg

 内布も同じように折り込んでください。

308cf6ba.jpg

 その状態をキープしながら縫います。クリップなどを多用すると便利です。
 反対側も同じようにします。

 返し口から表に返し、縫い閉じて、形を整えれば完成です。