e8ba83e4.jpg

 先日ダイソーで購入したマイクロファイバーのクロスを使って、携帯の画面を拭くクリーナーマスコットを作りました。お腹の部分がマイクロファイバー生地です。縫っていて思いましたが、この布ってめちゃくちゃ針通りが悪いですね。

2a4e4750.jpg

 目をボタンやビーズで作りたい場合は、お腹の布は普通のに布にして、背面側をマイクロファイバーのクロスにするといいかもです。

■型紙■
「20150319.pdf」をダウンロード

*形状が曲線のため複雑で、手描きでの製図は難しく、作成できないと思われるため製図は掲載していません

--------------

第9回布消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)

662 - 1 = 661

---------------

人気ブログランキングへ
 ランキングUPが毎日更新の励みになってますヽ(´▽`)/ ポチっとお願いします

人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら

43e040f8.jpg
 
 ぬいぐるみなど、形状が複雑な物の裁断は、薄く鉛筆で線を引いています。今回型紙には、縫い線を引くための型紙も付属させていますのでご利用ください。何個も量産したい場合は厚紙のご利用をお勧めします。

b28b18d2.jpg

 裁断したら、4cmの紐を半分に折って頭中央に。7cmの紐の先を結んだ物を下中央に仮止めします。

bac457fe.jpg

 猫の頭と胴のパーツを繋ぎます。写真のように中表に布を合わせ、赤い線の部分を縫います。

8654b5e2.jpg

 ひっくり返して、猫の鼻になる部分の縫い代に切り込みを入れます。

fab2eb8f.jpg

 胴側の辺に、残りの頭の辺をあわせて縫います。

fd70423f.jpg

 こうなります。縫い代は頭側に倒します。写真では間違えて下に倒しちゃってますが、実際には上ですので注意を!

8248c337.jpg

 顔を作ります。この辺りはお好みで。

9d1c78cf.jpg

 背面の布と中表にあわせて一周縫います。写真の赤い線の範囲(2cmぐらい)返し口としてあけておいてください。

edf6f7b4.jpg

 ミミの先の縫い代をカットしたり、くびれる部分は楔形の切り込みを入れたり、曲線は切り込みを入れたりします。

a15d1d97.jpg

 綿を詰めます。綿の量は2つかみほど・・・。
 まずは少量を丸めて耳に詰め込み、続いて1つかみ分ぐらいを頭に詰め込みます。
 残りを胴に詰め込んで返し口を縫い閉じます。

 マイクロファイバーは針が通りづらく、返し口はしかも曲線なので縫い閉じにくいですが頑張ってください!