D006130_2
 色鉛筆ケースのレシピも作成しました。以前作ったのと変更点があって、フラップを1cm延長したりしています。

D00613002
 柄に上下がないときは、底をわ断ちした方がいいと思います。これは型紙通りに裁断しちゃってますが。

D00613003
 今回もう1つの変更点として、入れ口側を曲線ではなくカクカクにしています。曲線が縫いづらかったので・・・。でも曲線がいい!という人もいるかもなので、型紙には曲線のラインをメインにし、このカクカクラインを追加で書き足してる感じです。お好みでチョイス!

D00613004
 内側に元気な黄色を持ってきました。この色本当に使い勝手がいいです。

 12色の色鉛筆がケースごと入るサイズです。

■この作品についての解説■

型紙:「20160106.pdf」をダウンロード
 *製図は後日追加

 ↓大きめハギレセットをメインに、同じくデコレクションズさん取り扱いのオックス生地をあわせて使ってみています。

 

--------------

第11回布消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)

1300  - 1  =  1299

---------------

人気ブログランキングへ
 ランキングUPが毎日更新の励みになってますヽ(´▽`)/
 お帰りの際にはぜひ、ポチっとお願いします

7825667e.jpg

 裁断します。芯はお好みで、あってもなくてもいいですが、薄手か普通厚推奨。厚手は後で辛いです(経験談)。今回これは普通厚を利用しました。フラップ押さえ紐はアイロンで折り目を。
 布柄に上下がないようなら、底をわ裁ちするのが推奨。方法としては背面用型紙の下の縫い代部分を折って、”わ”にした布をそのサイズで裁断し、後で切り込みありの型紙をあてて、片側だけ切り込みカットという方法も。
 切り込み自体省略してもOKです。

 切り込み部分は縫い代ラインや、角だけでもペンで縫い代の印を付けておくと便利です(撮影し忘れた)。

f57223ce.jpg

 フラップを中表に重ねて縫い、曲線部分は楔形の切り込みを。縫い代をさらに5mmカットしておきます。
 フラップ押さえ紐もステッチを入れます。

8d940a23.jpg

 正面布にはフラップ押さえ紐、タグなどを。押さえ紐が浮きますが、この浮きが必要なので、気にせず布端を合わせて仮止めしてください。
 背面布には中央にフラップを。

eb4ca2ef.jpg

 底を縫い合わせ、縫い代を割って、縫い代の押さえステッチ。これは省略してもOK。

9d586cce.jpg

 内布、外布両方とも、底と左右端を縫います。内布側は返し口を残しておいてください。
 縫いあがったら縫い代は割る。

b00490ce.jpg

 表用は表に返し、Dカンをつけたテープを仮止め(省略可)。

2e8d7519.jpg

 内袋に外袋を入れ込みます。ちょっと入れにくいので定規とかで押し込んでください。

35855de7.jpg

 ちょっとわかりにくいのですが、一気に1周は縫いません。正面の切り込みに入る部分の縫い代位置から縫い始めて、縫い代位置で縫い止る感じ。写真は外側ですが、内側を縫います。このとき縫い代線の指示があると縫いどまり位置がわかりやすいので、先に書いておいてという事でした。曲線の場合も同じ。

56a73e84.jpg

 次は切り込み部分を縫います。
 わかりにくいけど、縫い代線の全部を引かなくても、角になる部分だけわかればOKみたいな指示があると、とても縫いやすいです。曲線なら曲線全部書くといいかも。

dd143900.jpg
 縫い終わったら、角部分に楔形の切り込み。中央の縫い代をちょっぴりだけカット(曲線の場合は、曲線部分全体を5mm縫い代カット)。

 縫い代を割ったら表に返し、返し口を縫い閉じて形を整えて完成です。
 内布が入れにくいですが、これも定規やキャップをしたペンなどで押し込んだり、色鉛筆ケース自体を突っ込んで押し込んでください。