D06712101
 2016年の春の訪れを祝う(ミニじゃなくなった)トート。

 本日は猫柄。ただの猫柄じゃない。

 ”金持ちの猫”柄だ!

 イメージはブランデーグラスをまわしてる「ボス」と呼ばれる男の膝の上にいたりする、あの猫です。失敗した部下にそのグラスの中身をかけて叱責。猫はあくびしてたりする。

 個性的な柄なので使いにくそうに見えるかもですが、サイケデリックなイラストなので、こういうピンク(≪ ホットピンク ≫オックス)をあわせたりするとかなり引き立つ感じ。

D06712102
 ピンクなのに大人向けのデザインに。
 型紙にポケットも押し込みましたが、わ裁ちしまくる事になってちょっと大変な型紙です。それでもA4が6枚なので、結構プリントでコストのかかるレシピですね。

 ポケットや本体、脇布にどういう布を使うかで結構、印象が変わってくるかも。
 柄が個性的なときは、今回の構成が無難にまとまると思いますが、エレガントでシックな柄だったりすると、脇の方に柄を持ってきたほうがオシャレに見えるかも。

D06712103
 それでいて内側は優しいピンクの水玉(≪Pink dot ≫コットン)なんかにしちゃって。

D06712104
 一番広いところに置いてですが、A4フォルダが無事に入ります。大学ノートが入るサイズからすると、かなりの成長を見せました。 大学ノートがチラっとしか見えない・・・。

 高さだけじゃなく、持ち手も若干延長しています。

D06712105
 底も同じピンクを使っております。

D06712106
 天気が悪くて上手く撮影できてませんが、オシャレな感じに仕上がったのではないかと。

■この作品についての解説■214-121-ba047

■必要な布サイズ■
外布A(サイド+ポケット)幅59cm高さ27cm
外布B(正面)幅48cm高さ27cm
外布C(持ち手+底)幅50cm高さ34cm
内布幅70cm高さ41cm

■型紙■
20180115.pdf

■制作時間■
2時間

■完成サイズ■
幅33cm高さ25cmマチ12cm

■製図■
小数点があり、製図向きではないため作成しておりません




--------------

第11回布消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)

465  - 50  =  415

--------------

人気ブログランキングへ
 ランキングUPが毎日更新の励みになってますヽ(´▽`)/
 お帰りの際にはぜひ、ポチっとお願いします

1.裁断 

 撮影していませんでした!

2.パーツ作り 
内袋から解説します。


cb239880.jpg

 まずポケットを中表に折り、写真のような位置を縫い、角を軽くカットして表に返します。返し口はそのままでOK。

c3b8d7d6.jpg

 上から7cmの位置に中央を揃えてポケットを縫いつけます。

91048759.jpg

 内布本体布を2枚、中表に重ね、両端を縫い付けます。このとき最後(下)1cmは縫い残します。返し口も1箇所あけておいてください。

3e00e2d3.jpg

 底の印位置5~8mmで切り込みを入れます。底布を中表に重ね、直線部分だけクリップしておきます。

3bd7f029.jpg

 とんがった角の部分に縫い合わせた本体の端っこをあわせ、片側の縫いしろを避けて、縫い始めます。

b04d554b.jpg

 反対側の縫い合わせ部分まで、続けて縫います。縫い始め同様、最後の反対側の縫い代は避けて縫います。
 切り込みが深すぎて不安な場合は、切り込み部分も返し縫をしておきます。


7992a3fc.jpg

 次に反対側の面の方も縫い進めます。今度は縫い代を避けてもいいし、踏んでもいいので気にせず縫ってしまってください。

0c439269.jpg

 角がこんな感じに仕上がったらOKです。最後に三角形に見えている底布部分を、切り込み出てきた三角形にあわせてカットして内袋完成です。

-------------------

 外袋いきます。

8a96d588.jpg

 持ち手を折って作り、ポケット入れ口も折ってステッチしておきます。

3ca25538.jpg

 本体正面布にタグを飾ったり、先に作ったポケットを簡単に仮止めします(左右と底をちょこっと。ペラペラしなければOK)

c7c8953a.jpg

 正面布に脇布を縫い合わせていきます。このとき最後まで縫いきらず、下側は1cm縫い残します。
 縫い代はしっかり割ります。

e562ae56.jpg

 底布を軽くクリップで仮止めします。この4箇所。

b8b59921.jpg

 縫い合わせ部分からスタートします。内袋の時と同様、反対側の縫い代を避けて縫いスタート。

1fe92aa0.jpg

 縫い合わせ位置から縫い合わせ位置までの距離を縫います。この三角形部分のみって感じでしょうか。反対側も同じ手順で縫います。

40e3e31f.jpg

 両側の三角部分が縫い終わったら、最後に残った直線部分をそれぞれ縫い付けます。縫い終わったら底布の三角切り込みを入れておきます。

ec9e2fe5.jpg
 持ち手を仮止めします。表に返し、内袋に中表になるように重ねて入れます。

3.組み立て 

3d4e7fb1.jpg

 入れ口を一周縫って、縫い代を割り、返し口から表に返したら、返し口を縫い閉じます。
 最後に入れ口部分を押さえのステッチをして、完成となります。



 お疲れ様でした!

 新作作り&レシピ整理頑張って!の 
応援ポチをいただけると嬉しいです(∩´∀`)∩
 人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら