d252-135-01

 今日はリスちゃん柄で。秋めいた布に手が伸びますね。提供はみぃママさん。実際こういう柄の紙袋がありそうでいいですね。
 このギフトバッグ、買ったけど中々使い切れない季節柄の布の消費にもいいかも。クリスマスとかハロウィンの柄のような季節限定柄は、機会を逃すとずっと使えないので、がーーっと全部ギフトバッグにしちゃってストックすると、いざという時にすぐに使えていいかも。
 それを考えるとやっぱ、サイズ展開しておきたいですね。

 季節柄で作っておくと、インテリアの雑貨アイテムの収納袋にもいいですね。玄関とかにちょっとだけ飾るモチーフとか、こまごましたものの整理って結構大変だけど、季節別に袋を作って、それに入れておけば、袋の柄で中身がどの季節の小物が入ってるかわかるという。
 そろそろ夏物を収納しなきゃだし、今年最後のマリン柄アイテムを作って、飾ってある貝殻なんかをまとめて仕舞おうかなー。

d252-135-02

 上下のある柄を使うとフラップ部分が逆さになっちゃうのが残念ですが、広い面積の向きがあってるとそれほど違和感ないのかな?

d252-135-03

 ちょっとアイロン失敗で歪んじゃいました。

d252-135-04

 内布はこんな感じで。
■この作品についての解説■239-135-ot46

■必要な布サイズ■
Mサイズ用
外布幅52cm高さ34cm
内布幅52cm高さ34cm

■型紙■
Mサイズ型紙:20160908.pdf
Sサイズ型紙:20160909.pdf <作例>
SSサイズ型紙:20160909ss.pdf <作例>
720ml酒瓶サイズ型紙:20160915.pdf <作例>
-----------------
CDサイズ:20161011.pdf <作例>
DVDサイズ:20161010.pdf <作例>
折り紙ケース:20170122.pdf <作例>アレンジ
27*27の布で作る1:20161126.pdf <作例>
27*27の布で作る2:20161127.pdf <作例>

■制作時間■
1時間

■完成サイズ■
Mサイズ 高さ19cm 幅16cm マチ8cm
Sサイズ 高さ14cm 幅12cm マチ6cm
SSサイズ 高さ10cm 幅8cm マチ4cm
720ml酒瓶 サイズ高さ30cm 幅9cm マチ9cm
27*27の布で作る1 高さ16cm幅9cmマチ2.5cm 
27*27の布で作る2 高さ12.5cm幅7.5cmマチ4cm
■製図■
オリジナルサイズの製図方法

------------

第12回布消費マラソン中(布幅110cm/20mスタート)

667 - 20 = 645

--------------

人気ブログランキングへ
 ランキングUPが毎日更新の励みになってますヽ(´▽`)/
 応援ポチをいただけると嬉しいです

d252-01

 大雑把にカットしておき、芯を貼ってから裁断します。印位置にノッチ(小さい切り込み)を入れておくのを忘れないで下さい。このレシピではすごい大事です。

d252-02

 表布を飾り、紐をつけます。紐は20cmぐらい。

d252-03

 印位置を参考に、縦の折り目を付けます。全体に線は入らなくても良くて、下側だけはくっきりするようにしてください。

d252-04

 B布を中表に合わせ、片側の辺にあわせて縫い付けます。

d252-05

 布を寄せて、もう片側の辺にも縫い付けます。ここで一度しっかり縫い代を割ってください。

d252-06

 縦の辺にある印位置に、楔形の切り込みを入れておきます。

d252-07

 印位置と折り目にしたがって、ジャバラになるように折りたたみます。

d252-08

 下側をまっすぐ縫います。これで外布完成。

d252-09

 内布も同じように2枚をはぎあわせ。片側には返し口を10cmほどあけておいてください。内布も縦辺にある印位置に楔形の切り込みを忘れずに。

d252-10

 内布は印位置を参考に、写真のようにぺったんこに畳みます。

d252-11

 8cmのマチになるように縫います。この工程は外布と同じように畳んで縫ってもいいですが、推奨はこちらの方法です。縫い代はカットしてもそのままでもOKです。

d252-12

 外布を表に返し、内布の袋の中に入れます。

d252-13

 ぐるっと入れ口を一周縫います。

d252-14

 縫い代に切り込みを入れます。フラップの根元の直角部分は鋭い楔形の切り込みを。曲線部分は2cmおきに切り込みをいれ、最後に5mm残してカット。

d252-15

 返し口から表に返し、返し口を縫い閉じたら、アイロンで完成の形に整えます。

d252-16

 ぐるっと一周押さえのステッチ。

d252-17

 一度内側が表になるようにひっくり返し、ジャバラの中央になる位置をしっかり折って、上から4cmのところまで5mmほどの位置を縫います。

 表に戻して、もう一度アイロンで整えたら、ボタンを付けて完成です。
 ボタン位置はまずフラップに付け。実際にフラップを閉じてみて、もう一箇所の位置を決めてください。