ギフトバッグを、自分好みのサイズに作りたい人向けに、製図の手順を説明しておきたいと思います。


*注意
 入れる予定のものピッタリサイズを目指すと、布の厚みなどもあって、目的物は絶対に入りません。一回り大きいサイズを想定して、サイズを決めてください。
 小さいサイズのときは1cm足すだけという感じでもいいですが、大きい場合は、手の厚み分ぐらいは追加しておかないと、肝心のギフトが出し入れしにくくなります。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ  ←アイコン画像クリックが出来ない場合はこちら


135_seizu01

 まずは完成品の幅を何cmにするか、高さを何cmにするかを決めてください。方眼用紙を使うと便利です。

 次はマチの大きさ。気をつけるのは最初に決めたサイズの幅より、マチを大きくしないこと。今回のサンプルは本体の幅が8cmなので、マチは最大で8cmまでといった感じです。
 今回はマチを本体の半分幅の4cmにしたいと思います。

135_seizu02

 最初に描いた四角形の両端に、マチの幅(今回は4cm)の四角を配置します(水色部分が今回の追加箇所)。

135_seizu03

 そして底側に、マチの半分の高さ(マチ4cmなら半分の2cm)を足します(水色部分が今回の追加箇所)。

135_seizu04

 中央の四角の幅で1cmの四角を追加します(水色部分が今回の追加箇所)。これはジャバラで折ったりしていると布の厚みが出るので、その分を想定しています。厚手の布を使うぞ!というときはもう少し増やした方がいいです。

135_seizu05

 フラップ部分は半円をドカっと配置するだけ。

135_seizu06

 これに1cmの縫い代を足せば、外布A完成。

135_seizu07

 もう一枚の方は、一番最初の四角に、底にマチ幅の半分の四角を足すだけ。

135_seizu08

 同じように1cmの縫い代をつければ完成。この方法で、好きなサイズをどんどん作っていただければと思います。
 今回作成したこのサンプル型紙は、SSサイズとしてレシピ記事にアップしておきます。
 ちっちゃいサイズを作る時は、縫い代を1cm以下に減らした方が縫いやすくて良いかも。

■この作品についての解説■

使用レシピ:ギフトバッグ